FC2ブログ

日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

このままでは、まさかの周回遅れ三週目。あちゃー。

タイムスリップはできませんので、夜更かしで更新。

それでは今回の感想を。

以下は今回の内容に触れた感想です。
未読の方は、以下にご注意ください。



2011年新人賞グランプリ作家連載デビュー!!

衝撃のクライムサスペンス!!


 横 浜 線
YOKOHAMA LINE Doppelgänger
ド ッ ペ ル ゲ ン ガ ー

玉木ヴァネッサ千尋
Tamaki Vanessa Chihiro





毎回の扉ページも楽しみの一つです。

ただ、連続殺人事件の被害者は、それぞれ別の日に被害に遭っていますから、
流石に今回はいつものパターンじゃないよなあと。やっぱり、そうでしたね。

と思ったら、段木刑事ですか。しかも神奈川県警察本部をバックに(笑)。

段木さんは存在そのものがインパクトと怖さの塊みたいな人だからなあー。

ちばけんなーッ

おどりゃアア


と並んで、暫く夢に出そうです(笑)。



前回の予想は一応的中で、ここで大きな事態にはなりませんでした。

でも、これってそうなるか、ならないかの話でしかないですからね。

問題はそうなるにせよ、ならないにせよ、それぞれの『理由』です。
毎週感想を書いて考えたりするなら、そこをちゃんと触れないとね。

我ながら浅いよなあと感じますね。

本作に限らずですが、感想としても紹介としても弱いのですよねー。

同じ読者様でご意見がある方がいらっしゃったら、お気軽にどうぞ。



段木さん、流石のドス……じゃなくて洞察力ですね。

神奈川県警察本部
刑事課捜査第一課

段木厳三郎


正に「名は体を表す」って、まんまのお名前ですね。
「げんざぶろう」なのか「ごんざぶろうか」なのか、
いずれにしても彼にピッタリでツボなところ(笑)。

冗談はこの辺にして、真面目な話をしますと、地味に重要な展開でしたね。

マコトが段木さんの名刺を手に入れたという事実は、過去になかったこと。

そして、タイムスリップしてきた剣崎がそれを知る展開も、今後の着目点。



一方、鬼怒川の方にも思わぬ『接触』がありました。

殺される側のベタベタなパターンですね、これ。

鬼怒川、下がれ、戻れ! と思いつつ読んだり。

そして「志村ー! 後ろ、後ろ!」な展開です。

ここで夏木さんからの着信ってのがまた皮肉で、
実に巧い作劇ですね。防ぎようがないもん……。

遂に鬼怒川が襲われる瞬間……!



明らかに首を絞める為にコードを持ち構えている構図ですし、
今までのヒキのように「なんちゃって」な展開ではないはず。

ただ、ここであっさりと鷺沼が顔を出すという展開も早いし、
コードを避けるか、首に絡んでも絞められる前に逃れるかと。

バケツを持つ余裕はなさそうなので、懐中電灯で殴る展開か。

と思ったら、懐中電灯も小型で、指先で持てるタイプですね。

他に思いつくのは、順当なところで剣崎とマコトの助っ人か、
夏木さんが近くまで来ていて発見するかって、ところですか。

このまま続きを読んで感想を書こうかなと。
もう木曜で、ヤンジャン発売日だし(笑)。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2043-46de704a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top