FC2ブログ

日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

『東京喰種‐トーキョーグール‐』#120[透過]  

いやはや、すっかり周回遅れでいけませんねえ。
大島優子ちゃんが表紙だった号が最近のようで、
時の流れに浦島太郎状態な今日この頃ですねー。

いえ、作業が遅いだけなんですけれどね(笑)。

と言う訳で、篠田麻里子様が表紙の本誌の横に、
前号の山本彩ちゃんが表紙の本誌を並べてます。

しかしまあ、この表紙はインパクト強いですね。

ヤンジャンはグラビアも抜きん出ている印象で、
店頭でも目立つのは、読者として嬉しいですね。

さて、前置きはこの辺りで、本編の感想を……。

このまま呑んだ勢いで書いていると、どこぞの回し者扱いされそうだし(笑)。

しかしまあ、今回の扉ページと、その次の号の巻頭は素晴らしい(まだ言う)。

冗談抜きで、本当に顔を交換してくれないかって思いますもん(いや本当に)。

私もフルメイク時はそれなりに自信がありますが、すっぴんは自信ないですし。

10年遅く生まれていたならチーム8のオーディショ(以下略。もうやめろ)。



何の話してるんだ私は。

べ、別に酔ってないんだからねッ!



閑話休題。



冒頭の一文書いた奴、バカだろ。

誰だよ。→お前だよ。



さて、感想を巻き返すぜよ!

以下は今回の内容に触れた感想です。
本誌を未読の方は、ご注意ください。



革命的読み味!!
『東京喰種【JACK】』
デジタルコミックス限定で大絶賛発売中!!


小説版【日々】も早6刷目!!!

コミックス最新11巻は
4/18(金)発売!!




TVアニメ今夏放送決定!!!



この勢いはもう誰にも止められない!!

稀代の芸術家・石田スイ先生にしか描けない狂界線!!

この作品が、漫画界を喰らい尽くす!!




トーキョーグール
東京喰種


#120[透過]


と言う訳で、大変失礼致しました。

AKB48ファンも本作読んでいいんだからねッ!

いやークラクラしてきた。
こんなんで、今夜中に二話分巻き返せるんかいな。



■扉ページ

冒頭で触れた通り、この扉ページは本当に堪りません。
想い入れの強い一枚となりました。構図も表情も最高。

毎回、サブタイトルも大きな楽しみの一つですけれど、
またしても石田先生ならではの言葉遊美のセンス炸裂!

『東京喰種‐トーキョーグール‐』#046[灯火]

こちらに続き、またしても「やられた!」と脱帽です。

あの時の[灯火]も、今回の[透過]も、
正に彼女の心の内面を見事に表現した言。

心の内面、そして揺れ動く心情が見事に描かれた回で、
展開としては『静』ですが、激情の『動』でもあって、
いつもながら石田先生の作劇に唸らされるばかりです。

心の内面に続き、人間に対して数では圧倒的に不利で、
虐げられる少数派の彼女ら、彼らの今後の展開などで、
「生命の価値」で[等価]というサブタイトルも期待。



■哀悼兼ね危険なココロ

ちょっと苦しいな(笑)。

今回は、ほぼ一話丸々二人だけの作劇でした。
ラストを除いて、徹底して二人だけでしたね。

こうして一話丸々使って丁寧に描いてくださるのが堪らないです。


やっぱり強がっちゃうよね。

ここで素直になれないのがトーカちゃんだよね。

両者の言い分も、心情も、わかる読者としては、
味わい深く、それだけに切ない展開でした……。

「再会したのに、擦れ違った」訳ですからね。

しかも、一方は心に手を差し伸べているのに。

言葉だけではなく、拳でぶつかったのもトーカちゃんらしいなと。



かつての黒髪だった彼のカットインも良い構成でしたね。

そこに、彼女のあの一言が、より深く刺さりました……。



トーカちゃんに「帰って来るな」と言われたカネキくん。

こうなると、芳村マスターの一件と併せて、展開は明白。

「帰って来る」展開かと。と言う訳で、その通りでした。

次の感想もすぐに巻き返しますので。続けて更新だなと。



■Ghoul's talk

BGM&Inspired by...

CHIHIRO
『Love,Again』
『永遠』feat.Tarantura from スポンテニア
『片想い』feat.GIORGIO 13
『Bye-Bad-Bye』
『どんなに離れても』feat.SEAMO
『Liar』

D≒SIRE
『-絆- ...knot -Style of Tokyo 1995-』
『Cloudy -For The All of Somebody's Cloudy Heart-』
『Leave Me... -Please Don't Leave Me Tonight-』
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2035-56792cd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top