FC2ブログ

日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

アニメに無知な人間が、無知なりに書く試みです。

加えて、敢えて公式の情報なども取り入れないで、
関連書籍なども読まずに、視聴した率直な感想を。

それゆえに、間違いや勘違いもあると思いますが、
ご容赦ください。お気付きの点はご指摘ください。

既に最終話までご覧になって結末を知る方々なら、
知らない者ゆえの感想、ポカを楽しんで頂ければ。



最後まで感想を書き上げてから一挙公開の予定が、
他の感想記事との兼ね合いや、DVDの返却など、
このペースだと、アウトなのが現状です(苦笑)。

と言う訳で、書き上げたら公開する方向に変更を。

最悪、一度返却して、またレンタルしようかなと。

と言う訳で、二回目の返却の後の三回目(苦笑)。



以下は今回の内容に触れた感想となっております。
契約して魔法少女になってない方は以下に要注意。




前回のヒキで登場したほむらちゃん。

もう気になる要素のオンパレードです。

彼女の専用武具は『盾』のようですね。

大きさから、ガントレット風でもあり、
私的に気に入っているデザインですね。

そして、杏子ちゃんが口にした「イレギュラー」
彼女だけが他の魔法少女とは違う存在であるなら、
それは一体何なのか、非常に気になるところです。

そして、ほむらちゃんが口にした彼女の名前……!

前回のエンディングにクレジットされてましたが、
以前の感想で触れたことが、ここでも続きました。

これはもう偶然ではなく、間違いないでしょうね。

かなめ まどか

あけみ ほむら

みき さやか

ともえ まみ

さくら きょうこ


全員の名字が『女性の下の名前』として読めます。

作劇にも重要な含意があるのか、言葉遊美なのか、
いずれにしても、言葉遊美好きとして好きな要素。



キュゥべえが相変わらず謎めいていますが、『穢れ』について話したこと、
そして、何よりもグリーフシードを「食べた」ことが気にかかっています。

キュゥべえもまた魔女と近い種族なのか、あるいは別の種族の使いなのか。



さやかちゃんと杏子ちゃんの衝突を懸念するまどかちゃん。

魔法少女になった者。

魔法少女にならざるを得なかった者。

魔法少女になっていない者。


『仮面ライダーアギト』の彼らを髣髴させる関係性が、
改めて強調され、作劇にも色濃く影を落としています。

まどかちゃんが魔法少女になっていないこと、まだ決断していないこと、
まだ動けないことが、ここまで作劇に響いてくるとは唸らされましたね。


そして、お母さんとの場面。

何気にお母さんの出番も多く、こちらもまた良いスパイスかと。
「大人と少女との対比」の意味合いも勿論あるでしょうからね。



そして、杏子ちゃんとさやかちゃんの対峙。

やっぱり王道の展開で来るよね、と思っていたら……!

王道じゃないとんでもない変化球が! 驚愕しました!



ソウルジェムを投げるまどかちゃん。



そこで明かされた驚愕の真実。



杏子ちゃんも知らなかった真実。



「ただの抜け殻」……?




今になってこんなことが……。

後出しジャンケンにも程がある……。




「安全な姿」「寧ろ便利」だなんて、とんでもない言葉の数々。

『契約』が「魂を抜き取ってソウルジェムに変える」とは……。



日常の狭間にある非日常の描写が実に秀逸だと思って視てきたのですけれども、
もう、そんな「当たり前の日常」には、「元の自分」には二度と戻れない……。



『契約』という言葉の重さを思い知らされた回でした……。

やっぱりキュゥべえには裏がありますね。

魔女と結界も含めて、大前提から疑念が。
関連記事
コメント

ある意味、母ちゃんの言っていた『なら間違えればいいさ』を
上手くやったパターンかな、良い解釈をするならばw

その結果、早い段階で真実に気がつけたというのも
ある意味、幸せだったのかもとか思ってしまう。

あとはネタバレになるのでイロイロと自重自重。

当時の夕暮れの感想とか、割とリアルタイムで僕の
見解が見れるので、見比べてみると面白いかもw

>言葉遊びとしてのネーミング
言われてみれば、なポイントだけども、後々、
劇場版叛逆を見ると、ほむらに関してはまた別の
意味が含まれていたとかなんとかファンの間で
話題になったりならなかったり。

女性名の繋がりは、アレだな。無理に意味を見出すと
白い邪悪な生き物が、魔法『少女』を求めている
ことの暗喩なのかなぁ。何故に『少女』じゃなきゃ
いけないのかも、後々説明されます。無論、こんなの
絶対おかしいよ!であり、あのケダモノからみたら
わけがわからないよ、どうして人間は(以下略)で
話はかみ合わないんですがw

>ほむらの盾
当時、オーズが放映されていた所為か、自然発生的に
あの盾は「ほむスピナー」という愛称で呼ばれてましたなw

正式名称もきっとあるんだろうけど、設定本とか
チェックしてないので僕には詳しいことは不明。

>イレギュラーの意味
これもキッチリ説明されるので、お楽しみに。
むしろ、まどマギの恐ろしいところは、こちらの
疑問を徹底的に理屈で説明して、その真実が視聴者と
登場人物たちを情け容赦無く追い詰めていくところ
だったりするw

10話まで見ると、ああ、これはそういう話だったのか!
と納得するハズ。そして、僕が言った言葉も納得できる
かとw >絵柄はひだまりスケッチなのに、何故か内容が~

或 犬良 #IY7bLZJE | URL
2014/04/05 19:30 | edit

Re: タイトルなし

>或 犬良さん

再びこちらにまで感謝です。
これがライダーの世界か、祭りの場所か(間違い)。

>当時の夕暮れの感想

ツイッターでもリプライ飛ばしましたけれど、
そちらと、ノノノノ感想にもまたお邪魔したいと思っています。
邪悪な笑みで(笑)。

自分の感想はDVDで、「アニメに無知な奴が今更追いかけてみる」シリーズですので
(シリーズなのか? 笑)、
先んじていらっしゃった犬良さんとの「違い」も大きな「味わい」でしょうしね。

その意味でも、楽しみ~♪ また拝読しますね。

>ほむスピナー

誰が上手いこと言えと(笑)。
あー、でも彼女が何か「ギガスキャン!」する感じはする(何がだ。笑)。

>イレギュラー、第10話&第11話

ありがとうございます。お気遣いも含め、感謝です。

了解です。『第10話&第11話』ってのは、以前から言ってくださってましたよね。

そこで私が「ほむらちゃんに感情移入するはず」ってのも。
仮面ライダーライアこと手塚犬良さんの占いは当たるらしいので、
それも楽しみです(笑)。

しかし、それまでに、既にマミさんやさやかちゃんの一件で、
とんでもない衝撃だったりも(笑)。

「絵柄はひだまりスケッチなのに~」の件も、
第10話まで行き着けば、更に痛感するのでしょうね。

いやはや、犬良さんは本当に良いきっかけを与えてくださり、
『契約』をしてくださったなあと痛感してます(笑)。

如月 #ksMIDlhw | URL
2014/04/07 02:02 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2027-d2dc14c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top