FC2ブログ

日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

アニメに無知な人間が、無知なりに書く試みです。

加えて、敢えて公式の情報なども取り入れないで、
関連書籍なども読まずに、視聴した率直な感想を。

それゆえに、間違いや勘違いもあると思いますが、
ご容赦ください。お気付きの点はご指摘ください。

既に最終話までご覧になって結末を知る方々なら、
知らない者ゆえの感想、ポカを楽しんで頂ければ。



最後まで感想を書き上げてから一挙公開の予定が、
他の感想記事との兼ね合いや、DVDの返却など、
このペースだと、アウトなのが現状です(苦笑)。

と言う訳で、書き上げたら公開する方向に変更を。

最悪、一度返却して、またレンタルしようかなと。

と言う訳で、二回目の返却が目前ですが(苦笑)。



以下は今回の内容に触れた感想となっております。
契約して魔法少女になってない方は以下に要注意。




前回に続き、さやかちゃんについて掘り下げられた回ですね。

それも彼女自身の発言、行動がしっかりと描かれていました。

今回のサブタイトルも、彼女の言葉でしたね。印象深いです。



時間的には前後しますが、アバンタイトルも印象的でしたね。

キュゥべえのデザインは秀逸だと思っていて、
マスコット的な魅力もあって、王道であって、
それでいて、それだけで終わらないデザイン。

鼬や兎や猫の魅力を巧く活かした感じですが、
ギリギリのところで不気味さを残してあって、
それが味なところだなと初見から感じてます。

あ、兎を連想するのは、耳は勿論ですけれど、
あの赤い瞳もそうです。含意がありそう……。

その耳の部分の意味がわかりました。

さやかちゃんと『契約』した時の場面で……。



新たなる魔法使いも登場しました。

杏子ちゃんも今までにいなかったタイプです。
常におやつがセットなのも「おいしい」です。

たい焼きを持ったり齧ったりしてますけれど、
『杏子(きょうこ)』で『杏子(あんこ)』
そういうことかと。これもまた言葉遊美かな。

当然の如く西尾錦が瞬時に浮かんでニヤリと。

ロングヘアーだけれど、男の子っぽい感じや、
力への執着も非常に気になっている点ですね。

前回のヒキからも気になっていた彼女の言葉、
そして、遂にさやかちゃんとの戦いまで……。



なるほど、平成『仮面ライダー』シリーズを例えに挙げられる方が多いのも頷けます。
魔法少女が組む『共闘』ではなく、まず『衝突』というのも、着目すべきところかと。

勿論、みんながみんな『縄張り争い』しようとしている訳ではないのでしょうけれど、
グリーフシードとソウルジェムの関係性も含めて、深刻な理由も考えられるだろうと。

『契約』という言葉が最初からずっとひっかかっていましたが、
キュゥべえは飽く迄も魔法少女との契約と補佐に留まっており、
二人の仲を取り持つキューピットにはならないのも重要ですね。

どちらかを贔屓する訳でもなく、連携させて戦力を強化もせず、
この辺りも『仮面ライダー(ロンリーヒーロー)』に通じます。
魔女を倒すという目的が明確なのに『戦隊』にしない理由……。



こうなってくると、杏子ちゃんとの共闘がますます楽しみです。

さやかちゃんは『癒しの祈り』と契約したとのことで、
当然ながら他の三人についても知りたいところですね。

杏子ちゃんの武器は槍でしたか。それでいて分割可能。

『BLEACH』の鬼灯丸を連想したり。



まどかちゃんに対するキュゥべえも重要な場面が続きましたね。
契約を強要も懇願もしないものの、明らかに誘導的な発言です。

そして、今回もほむらちゃんが戦いの前後にそれぞれ登場です。

四人がどのように関わり合うことになるのか、気になってます。



杏子ちゃんが口にした弱肉強食と食物連鎖は確かに真でしょう。
私的には、この場面からも『東京喰種』を連想したところです。

『仮面ライダー555』のそれぞれのオルフェノクの考え方や、
『仮面ライダーカブト』も髣髴させる重要な要素だと感じます。



それにしても主人公「だけ」がまだ変身しないって斬新だなあ。
特撮ばかり視てきたので、凄く斬新に感じるところです(笑)。
特撮で言うと、『仮面ライダー響鬼』がある意味で通じるかな。

まどかちゃんが、「いつ決断するか」も本作の重要な点ですね。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2026-def2630e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top