FC2ブログ

日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

アニメに無知な人間が、無知なりに書く試みです。

加えて、敢えて公式の情報なども取り入れないで、
関連書籍なども読まずに、視聴した率直な感想を。

それゆえに、間違いや勘違いもあると思いますが、
ご容赦ください。お気付きの点はご指摘ください。

既に最終話までご覧になって結末を知る方々なら、
知らない者ゆえの感想、ポカを楽しんで頂ければ。



最後まで感想を書き上げてから一挙公開の予定が、
他の感想記事との兼ね合いや、DVDの返却など、
このペースだと、アウトなのが現状です(苦笑)。

と言う訳で、書き上げたら公開する方向に変更を。

最悪、一度返却して、またレンタルしようかなと。

期限を気にしてから書き出す辺りがのろまですし、
貧乏性だよなあーと我ながら思いますね(苦笑)。


それでは、夜更かししてこのまま次の感想も。

以下は今回の内容に触れた感想となっております。
契約して魔法少女になってない方は以下に要注意。




さやかちゃんに始まり、さやかちゃんに終わる回であったとも言えますね。

サブタイトルも彼女の台詞で、なるほどなあと。



アバンタイトルの後の鹿目家の朝食の場面がもう……。

家族の眼の前で泣いてしまうまどかちゃんがもう……。



生きていられること、食事ができること、当たり前の日常。

それさえも、願いの為には犠牲にしなければならない現実。


マミさんを失ってしまったことからも、改めて痛感します。



屋上の場面でも、もうマミさんはいません。

まどかちゃんとさやかちゃんの二人きりに。

今までの屋上の場面もそうでしたが、この場所が選ばれることは、
作劇においても含意があるのかなと。それも視ていて感じました。

空が理想、自由の象徴であり、学校や規則が鳥篭であり、枷かと。



それにしても堪えます……。

第3話から第4話は、圧倒されるか、泣くかばかりしていました。

マミさんの部屋の場面も、冷め切った紅茶が何とも哀しいですね。



そこに、ほむらちゃんとの出逢いが……。

「あなたは自分を責めすぎているの。鹿目まどか」

「あなたを非難できる者なんて、誰もいない」

「いたら、私が許さない」

この言葉にハッとさせられました。

まるで世界が反転したかのような感覚でした。

まどかちゃんをキュゥべえと接触させないようにしたのも、
今までに、魔法少女にならないように忠告してきたことも、
この言葉で強く思い返されたところで、惹き込まれました。

正直、彼女の内面はまだまだ見えないところがありますが、
それが魅力でもあるので、彼女に惹かれた場面と言えます。

「私は覚えてる。マミさんのこと。忘れない。絶対に」

この言葉も胸に刺さりました。ただ、その後の返事が……。

ほむらちゃんのことも忘れない、と言ったら、彼女は……。

「あなたは優しすぎる」
「忘れないで。その優しさが、もっと大きな哀しみを呼び寄せることもあるのよ」


「もっと大きな哀しみ」とは……。

忘れないことが哀しみを呼び寄せるとは……。

『忘却』とは、人間の防衛本能の一つでもありますが、
まさか、そこまで踏み込むような真実があるのか……。



マミさんの一件から、一体どのように展開するのか、
まどかちゃんが魔法少女になる決断に繋がるのかと、
気にしていたところに、意外な展開という印象……。

ひとみちゃんの首元には……! なるほど、魔女か。

クラスメイトも魔女の被害者なのは重要な展開です。

それにしても、魔女の侵攻が既にここまでとは……。


追い詰められたまどかちゃんの前に……!

ここで、ほむらちゃんではなく、さやかちゃん登場!

彼女も遂に『決断』しました。

マミさんに告白した通りの願いの為に、魔法少女に。

専用武器が剣というのは王道で、気に入っています。

主人公以外の女の子が先に魔法少女になっていたり、
友達が先に魔法少女になるという展開は新鮮ですね。



最後の場面も意味深ですね。

ここで新たなる魔法少女が!

キュゥべえとの会話からしても魔法少女に違いなく、
魔法少女同士で土地(管轄)や縄張りがあったとは。

そして、それを無視して「ぶっ潰す」なんて好戦的。

今までに出なかったタイプの女の子で、要注目です。

上記の新鮮に感じたことに加え、もう一点あります。

特撮ヒーローでお約束の『共闘』がないのですよね。
序盤のマミさんと二人の同行がそれとも言えますが、
魔法少女として協力して戦わない事実も要注目です。

それは今までの台詞や、今回の最後の場面もそうで、
グリーフシードのことも深く関わることでしょうね。

魔法少女については、まだまだ闇に隠された真実が?

そう思えてなりません。次回も楽しみで期待大です。
関連記事
コメント

やべぇ。何を言ってもネタバレになってしまうので
コメントに困るのだけども、知り合いがまるでゼロ知識
のまどか☆マギカを追うのを見るのがここまで面白いとはw

>家族周りの描写
言われて気がついたことなんだが、さやかに関しては
何故か家族周りがほとんど描かれてないな、と。

意図してるのかなぁ、この辺。そして、まどかの最大の強みは
家族や友人たちに一番愛されているということであります(謎

>共闘
ちょうど出てきた新キャラの杏子に注目してみると吉。

ついでに彼女の『家族周り』もまたひとつの見所かも。
まぁ、続けて見ると良いよ、うん!

或 犬良 #IY7bLZJE | URL
2014/03/26 10:51 | edit

Re: タイトルなし

>或 犬良さん

契約しちゃったよん(笑)。

と言う訳で、こちらにまでコメントサンクスです!

すごーく、ものすごーく、ネタばれに対して配慮してくださって、
気を遣ってくださっているのは常々痛いほど感じておりました。

化学物質ゼロで天然素材のみの栄養食品やトリートメント的な犬良さんの優しさは、
痛いほど伝わっております(笑)。

気を遣わせちゃってるなあ、これは早く全話視聴して並びたいなあ、
と思いながらも、感想がこのザマです(苦笑)。

おのれ、ディケイド!
中途半端なアニメ感想ブログになってしまった!

>杏子ちゃん
以前の感想にも書いたのですが、またしても来たかと。
これはもう間違いないなと>名前の法則。

と言う訳で、もうそろそろ次の感想も書き上げたいなと。
DVDで、2話ずつくらいのペースで書いていこうかなーと。
返却期限が迫っていますし。しかも一度返して二回目の(馬鹿か。笑)。
遅くなろうとも、全話書く予定ではいます。
その前にヤンジャン周回遅れですが。ああん、もう(苦笑)。

>家族周り
そうそう、まどかちゃんのお母さんも何気に出番が結構ありますよね。
少女と大人の対比という意味合いもあるのでしょうが、
まさかママが魔女ってことはないでしょうしね(ねーよ。笑)。

如月 #ksMIDlhw | URL
2014/04/03 10:14 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2009-2dd837f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top