FC2ブログ

日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

『魔法少女まどか☆マギカ』第3話 もう何も恐くない  

アニメに無知な人間が、無知なりに書く試みです。

加えて、敢えて公式の情報なども取り入れないで、
関連書籍なども読まずに、視聴した率直な感想を。

それゆえに、間違いや勘違いもあると思いますが、
ご容赦ください。お気付きの点はご指摘ください。

既に最終話までご覧になって結末を知る方々なら、
知らない者ゆえの感想、ポカを楽しんで頂ければ。



最後まで感想を書き上げてから一挙公開の予定が、
他の感想記事との兼ね合いや、DVDの返却など、
このペースだと、アウトなのが現状です(苦笑)。

と言う訳で、書き上げたら公開する方向に変更を。

最悪、一度返却して、またレンタルしようかなと。



それでは、感想を。

以下は今回の内容に触れた感想となっております。
契約して魔法少女になってない方は以下に要注意。





絶句しました。

暫く何も手に付かず、深夜の自室で呆然としてしまいました……。



マミさんが「先輩」として体を張って、身を以って、
魔法少女が死と隣り合わせであると伝えた展開から、
まどかちゃんの告白によって、二人はわかりあえた。

そう思えた矢先だったのに。

あの場面から、少し嫌な予感はしていましたけれど、
まさか、こんなにも残酷な結末を迎えるなんて……。

自分としても、マミさんの魅力をより感じた段階で、
この先の二人との共闘が楽しみだったところでした。

さやかちゃんのお見舞い、まどかちゃんの憧れなど、
今回でわかってきたこともあって楽しめたのですが、
何よりもマミさんのあの一件で、思考が空白に……。

落ち着いたつもりで、再び視聴しても、衝撃が……。



一日置いた今、続きを書きます。

キュゥべえが契約は「早ければ早いほどいいんだけど」と言ったのも引っ掛かります。
単に魔女の侵攻を恐れているのもあるでしょうが、それだけではないような気も……。

「僕の立場で急かす訳にはいかないしね。助言するのもルール違反だし」もまた然り。

そもそも、キュゥべえに戦う力がないであろうと思いますし、それはさておくとして、
キュゥべえの存在そのものが気になりますし、誰かに命じられた使いなのでしょうか。

主人公が第1話で変身しないのが意外だったと(特撮ばっかり視ているので)、
そう書きましたが、魔法少女になって戦うことよりも、それまでの『決断』が、
それこそが本作において重大な作劇だと気付かされました。切ない展開ですね。

ほむらちゃんやマミさんの役所、今までの戦いも、これでより納得できました。

伝え遺して逝った者と、受け継いだ者という関係性も、唸らされたところです。

決して侮っていたつもりはないのですが、早くも唸らされる展開で脱帽でした。
自分としては非常に引き込まれる設定と作劇で、もう眼が離せない展開ですね。

まさか、ここまでハードな内容だなんて……。今後も、最後まで心して視ます。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2008-92452955
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top