FC2ブログ

日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

我がブログ開設以来、久々に『アニメ』カテゴリの記事。

正直、自分でも驚いております(笑)。



私は自他共に認める生来の特撮者です。

無論、幼少時から今まで現在進行形で、
特に仮面ライダーには憧れが強いです。

『特撮』に『卒業』の文字はないです。
そう言う大人は例外なく『中退』です。

その上で「アニメには疎くて無知なおバカだけれど、アニメに偏見は全くない」です。
昔からずっとそんなスタンスですので、アニメを視るのに抵抗は全くないのですよね。

では、何故全くと言って良いほどアニメを視てない、通ってきてないかと言いますと、
単純に「映像作品なら特撮」というプライオリティーだけの話で、偏見はありません。

ですから、自薦他薦問わず(って、九割以上後者ですが)、きっかけさえあったなら、
接して味わうことに抵抗なく、視たらきっと楽しめるだろうなと自分でも思ってます。

つまり、時間とお金の使い方が人一倍下手なだけなんですよね。

加えて、興味はあっても、視るまでに異様に腰が重いのですね。

正直、自分が極端に漫画に傾倒しているのも、安価で楽しめる娯楽というのが大きく、
以前ならアニメのDVDなどもBOXで買い集める余裕はあったのでしょうけれども、
今の生活状況では、それもなかなか厳しく……。って、我ながら情けない話ですねー。

勿論、漫画や特撮と同じく、支援したい作品があれば作品を買いたいと思っています。



アニメに関しては物凄く浦島太郎状態の自分が感じる現状を以下に。

■物凄く映像が綺麗

■同時期に放送される作品の数が多い(特撮の比じゃない)


といったところでしょうか。

モノクロアニメも視ていたので、特に前者は隔世の感がありますね。

劇場版『マクロスF』を映画館で観た時、心の底からやられました。

「今のアニメってこんなにも綺麗で、とんでもない迫力なのか」と。
「これが本当にアニメなのか……」と圧倒されるくらい衝撃でした。

ええ、それほどアニメにブランクが、距離があった訳です(苦笑)。
上記の通り、昔のアニメで体験としてストップしていた奴ですので。

ここで、ふと思いました。これって物凄く幸せなことじゃないかと。
だって、一から楽しめる作品が世の中に山程あるということですし。




と言う訳で、ひょんなきっかけで、ツイッターでアニメの話になり、
オススメの作品ということで、紹介して頂きました。そして契約を。

「話は『仮面ライダー龍騎』で『ウルトラマンネクサス』」らしく、
正に私のド琴線直撃じゃないか! それなら、思い切って視ようと。

と言う訳で、実行に移してみました(いつもなら腰が上がらない)。

古くからの知人が店員として働いているレンタルビデオ店に出向き、
会員証を作って、『魔法少女まどか☆マギカ』と契約してみました。

上記の知人も好きらしく、これは間違いないとプッシュしてました。

ずっと気になっていた作品でしたので、これも良い機会だろうなと。
そのくせ今まで重い腰が上がらなかったのが私らしいと思いますが。

第1巻を視聴してみました。

全話感想を書けるか、書くのかわかりませんし、
今更かよ、と言われることだと承知してますが、
新鮮な衝撃と感動があったことは書きたいなと。

そう思って、この記事を書き始めたところです。

本っっ当に今のアニメって凄い! 驚きました!

繰り返しになりますが、なんて綺麗な映像かと!

技術的にも、労力的にも、とんでもないレベル!



特撮シーンの隆盛、技術面での革新については実感していましたし、
冬の時代や、お笑い番組のネタとして笑われてきた悔しい時代から、
ずっと視てきましたけれど、アニメは浦島太郎状態なので尚更です。

最近で視た作品は(アニメファンの方には「最近じゃない」かな)、

『マクロスF』
『アクエリオンEVOL』
『戦姫絶唱シンフォギア』


これくらいでしょうか。全っっ然、最近じゃないよねぇ(苦笑)。

設定などで、何か一つでも引っ掛かったら視たくなるのですよね。
特撮者的にピンと来る要素であれば、視る可能性は高くなるかと。
特撮が基準になっているところが自分らしいと思ってしまいます。

ちなみに「知っている声優さん」も特撮で学習&基準です(笑)。

4月からは『極黒のブリュンヒルデ』のアニメ版も始まりますし、
ヤンジャン作品のアニメ化って、他にも続々と決まっていますし、
肩慣らしと助走に(と言うと失礼ですが)ビデオ屋さん通いって、
ちょうど良かったかなと思ってます。単純に店内が楽しいですし。

これは上手く言えないのですけれど、新たな楽しみって感じです。
漫画や特撮とはまた違った味わい、時間の過ごし方で新鮮ですね。

漫画や小説を読むような能動的な姿勢ではなくても楽しめる点や、
同じ映像作品でも、特撮の時の噛り付き感がないのも新鮮(笑)。

物凄く乱暴で的外れだと承知してますが、敢えて換言するならば、
「漫画と特撮の中間」みたいな接し方、味わい方なのかなあって。

第1巻の視聴を終えて、ちょっと落ち着いた時、ふと感じました。

寝転んで布団にくるまりながら堪能できるのは何気に大きいなと。
休日に、おやつでもつまみながらまったり観賞も良いでしょうね。

まさか自分がこの歳になって美少女アニメを視ることになるとは、
私自身がビックリでしたが、これもまた、楽しい時間の過ごし方。

アニメも奥深く幅広いですね。これから色々チェックしようかな。

アニメ好きの方でオススメ作品があれば、教えて頂きたいですね。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/1998-855c6372
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top