FC2ブログ

日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

待ちに待ったふなつかずき先生の本誌復帰! 新連載が堪りません!
第一怪は大満足でした。これで今後に期待できないはずがないです!

感想が遅れてしまっているのが歯痒いところです。早速本題に……。



ふなつかずき先生の新連載!!

『華麗なる食卓』のふなつかずき先生が描かれるアキバ発バトルラブコメ!!!

かつてない媚薬的妖怪アドベンチャーが始まる!!


以下は今回の内容に触れた感想となります。
未読の方は、これより先はご注意ください。

本誌を購読して、あなたもぱにゃにゃ~ん!

よっしゃぁ~いくぞぉ~!!

ぱにゃにゃ~ん♪



新連載第一怪では、主人公の八喜くんと轆花ちゃんとの出逢いが、
そして、彼女が妖怪轆轤首であることが判明してしまった回です。

色々な意味で刺激が強すぎる衝撃を受けた八喜くんの今後は……?

と言う訳で、前回から楽しみで楽しみで仕方がなかったところで、
今回では、轆花ちゃんが妖怪だとわかった上での接し方でしたね。

そして、八喜くんの妹である虹緒ちゃんについても、真実が……!

これらの展開で、前回のボケとツッコミのポップ感だけではなく、
シリアスな表情も見えてきたところで、実に味わい深かったです。

ラブコメ、シリアスと来て、登場人物も増え、事件も起こり……。

僅か連載二回で本作の右から左への絶対値、座標軸が確立されて、
しかも、もっと今後が期待できる展開ですから、もう堪りません。
流石はふなつかずき先生だなあと唸らされています。脱帽ですね。

それでは、今回の展開について触れてみましょう。



まずは、1ページ目。

1コマ目から掴みが完璧すぎます。八喜くんの鼻血も当然(笑)。

恍惚の表情で八喜くんを求める轆花ちゃん。ページを捲ると……?

最高です。

お約束のアレが扉ページにバッチリ決まっております。良いわ~。

この2ページの柱文とアオリ文も、担当様が良い仕事されてます!

テレフォンショッキングかと。森田一義アワーかと。

こういうの大歓迎です。




前回の感想で触れたように、八喜くんの家族構成が気になっていました。
母屋ということは、家族も近くなんだろうなあと思っていましたけれど、
早速、そちらについても描かれましたね。おじいちゃんが可愛いですね。

「どっかの神社の御神木からつくった」と言われている木刀があるなら、
おじいちゃんや西水流の血統、その霊感などがますます気になりますね。



あ、ここでひとつ。

こちらは前回の感想で触れてなかったことです。

敢えてツッコミ入れなかったんですが、轆花ちゃんが驚気を食べる場面、
あれって、そのまんまアレですよね。まず、舌を這わせるしねえ(笑)。

今回のヒキでも、とんでもないことになってるし。とんでもない作品だ!
こんな漫画が『週刊ヤングジャンプ』に載るなんて、けしからんことだ!



正直、最高だと思います。

これぞ、ふなつ先生ですよねー。



他には、ふなつ先生が描かれる人物って(本作には妖怪もいますが)、
老若男女問わず、魅力があって、人間臭くて、味もあると言いますか、
それは言わずもがなですけれど、仕草や表情も、とても良いですよね。
特に本作はツッコミや驚きの時のデフォルメ感など、気に入ってます。

そして、ふなつ先生が描かれる人物の衣服も、実に味わいがあります。
Tシャツの模様やロゴ一つ取って見てもそうですし、何気に重要かと。

特に女の子キャラの衣服も可愛らしく、すっきりと見やすい絵なのに、
実は細かいところでめちゃくちゃ手が込んでいて、凝ってるなあ~と。
これは本作のもるちゃん、『華麗なる食卓』の碧琉ちゃんに顕著かと。



さて、お話の続きへ……。

ツタンカーメンTシャツと木刀で挑む八喜くんに対して、
完全無防備で眠っている轆花ちゃん。目が覚めると……?

やっぱり、お約束展開。前回に続いて、ツボな展開です。

読者には、目が覚める前からオイシイ展開とも言えます。

そんな轆花ちゃんは『俺得』Tシャツで、これまたツボ。
前回冒頭の八喜くんのあのTシャツも思い返してニヤリ。

文言、文章系Tシャツには今後も期待したいです(笑)。



前回から打って変わって警戒心剥き出しの八喜くんです。
違う意味で違うモノが剥き出しにされて舐められる展開。

八喜くんのピリピリ感に対して、轆花ちゃんが良いです。
轆花ちゃんのふんわかマイペースで、温度差もニヤリと。

八喜くんが女性経験少なく奥手な純情モジモジマインド、
対する轆花ちゃんも純情ながら、天然ぶっ飛びちゃんで、
このデコボコで噛み合ってない感じ、実に味があります。

これは今後の登場人物、妖怪にも期待したいところです。



木刀が胸に当たってしまって、二人が絶叫する場面など、
お約束を外さないなあとニヤリ。ふなつ先生、流石です。

この木刀の凡字も地味に気になるポイントだったりして。
『スケバン刑事Ⅲ 少女忍法帖伝奇』を連想してニヤリ。
知らないという若い子たちは、お父さんに聞いてみよう。

そして今回も「オイシイ」ツッコミポイントがあります。

「触りたいならちゃんと言ってくれればいいのに!」

とぶんむくれ~なご立腹轆花ちゃんですが、これがツボ!

この後の虹緒ちゃんも含めた三人の場面にも通じますね。
ツッコミ入れずにはいられない台詞です。とにかくツボ。

と言う訳で、ここで轆花ちゃんは虹緒ちゃんを見つけて、
微笑んで手を振って部屋を出ました。ここが重要ですね。

そんな彼女の行動に、虹緒ちゃんが感じたこととは……。



一方、街中でビラ配りしているもるちゃんを見つけた八喜くん。

外国人観光客に絡まれて困っているところを助けたのがナイス。

そのきっかけで、遂にもるちゃんに名前を覚えてもらいました。

やつきはレベルがあがった! 「にんち」された!

これって、何気に男にとって重要なポイントだと思うのですよ。

いえ、アイドル者としてどうこうとかそういう話じゃなくて。

轆花ちゃんからは「ジャンク屋さん」と呼ばれている訳ですし、
彼女が妖怪だと知って、今までとは同じ気持ちでいられないし、
そんな中、この展開ですし。ヤッキーの喜びようがもう(笑)。

ここでは『認知』だけで終わらず、違う意味で後を引く展開に。

八喜くんの生来の『霊感』ゆえに気付いてしまった『ニオイ』

もるちゃんに危険が迫っているのを感じてしまう八喜くん……。

前回の話題で出た「友達の部屋に出る霊のこと」の続きが……!

その幽霊は出なくなったらしいとのことで、彼が質問しました。

それはいつからなのかと。

ねねちゃんと泊まりに行った日だから、「一昨日」



出逢いたい女の子に出逢えて嬉しいはずなのに、
ここで彼にしかわからないニオイに気付く展開。

実にニクイですね。ただのラブコメじゃないと。

ここから、バトルの予感がひしひしとしますね。



彼が感付いたのが先か、ここで新たな登場人物!

なんつー格好かと。

RPGさながらの格好で、超絶美人のお姉さん!

メイドカフェ「ぴなふぉあ」と同じビルにある、
占いのお店の方のようで、コスプレ占い師登場!

彼女も間違いなく『霊感』を持っていますねー。

占い師という職業も、非常に気になるところで、
彼女の出番と、今後の接点が今から楽しみです。

人間なのか、実は妖怪なのか、そちらも含めて。

『妖怪少女』で『モンスガ』であり、『モンスターガール』ですから、
広義の意味での妖怪で良いと私は思っていますし、何でも大歓迎です。

それこそ日本に限らず、西洋妖怪がどんどん出てきても良いですしね。

『モンスガ』ですから♪



もるちゃんに憑いて来てしまったニオイを懸念する八喜くん。

朝から家で大事件、その後も外でこの展開で心配が増えたし、
彼にとっては堪える一日だったでしょうね。と思いきや……!

またしても大事件。

一日のうちにこんだけ続いたら、彼もドッと「疲れる」よね。

と言う訳で、裸を見てしまう(というか見せられた)展開で、
ラブコメのお約束が良いですね。お互いの絶叫もお約束だね。

虹緒ちゃんを部屋に残して、場所を変えて外で話す二人……。

いつものデコボコちぐはぐトークも楽しくて良いですけれど、
それだけではなく、ここで遂に真実が明らかになりましたね。

前回の感想で、八喜くんとの年齢差が気になると書きました。

なるほど、それも納得です。そういうことだったのかと……。

お風呂上がりの彼女も、確かに「肌が濡れていない」ですね。




虹緒ちゃんは幽霊……。



前回で気になった八喜くんと虹緒ちゃんとの会話や行動など、
改めて再読してみて、なるほどなあ……と合点が行きました。

あれも先生のシグナルだった訳ですね。実に巧い作劇ですね。

虹緒ちゃんに対するそれぞれの考えから、二人は擦れ違って、
ここで、お互いに蟠りが残る別れになってしまいました……。

シリアスな事実が明らかになった後で、シリアスな展開です。

僅か二話目にしてこの展開とは。実に奥深く味わい深いです。



この場面で気になったのは、問いに対する轆花ちゃんの返事。

呼ばれたからです!

ジャンク屋さん
に…!


八喜くんからすれば「呼んでもないのに付き纏う」でしょう。
この返事は意外だったはずで、事実、彼は驚いた表情でした。

これは彼の『霊感』ゆえで、無意識のうちに共鳴したからか。

青春や恋が理屈じゃないように、これは良いなあと感じます。
スピリチュアルな出逢いって実にロマンチックじゃないかと。

加えて、相手の正体は明かせないという秘密もスパイスだし、
障害が多いほど男は燃えるものなのです。つくづく巧いなと。

妖怪少女でラブコメというのは、楽しさだけではないなあと。

僅か二話目でこの濃密さですから、今後にますます期待です。

ふなつ先生は、とことん拘って練り込んでおられるだろうと。

とことんおバカに(誉め言葉です)突き抜けまくるのも良し、
とことん真面目に熱く切なく恋に生きるのも気持ちが良いし、
人間と異形の境界線を越えた繋がりって、正に私好みですし。

ふなつ先生ならではの味付け、掘り下げ方に期待しています。



さて、今回のヒキがまたとんでもないことになってますけれど(笑)、
妖怪か悪霊に精神を支配されてしまっているようですね。ピーンチ!

そしてヒーローは遅れてやって来る!

ヤッキー、出番だよ!


ここで轆花ちゃんが協力、もしくは助っ人として加勢して、
敵を撃破して、少しわかりあえるようになる展開かなあと。

と言う訳で、周回遅れの今回の感想はこの辺で。

こちらを書き上げたら封印中の最新号を読むぞ!

周回遅れの常習犯なので、次は改善したいです。

それでは、また次回(その本誌が手元にあって、うずうず)。

次回もレッツぱにゃにゃ~ん♪
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/1994-08cb7c58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top