FC2ブログ

日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

『天空侵犯』第13話 あんまり好きなタイプじゃないけど  

常に途切れない緊張感と、謎だらけの展開が本作の大きな魅力です。
毎週の更新が楽しみで、あれこれと考えながら読むのが醍醐味です。

以下は、今回の内容に触れた感想となります。未読の方はご注意を。


毎回ヒキが巧いです。前回のヒキもお見事です。

前回のラストでゆりちゃんが遭遇したのは……!

というところから、当然ながら冒頭で判明です。

ここで登場したのは、新たなる『仮面』ではなく、ただの学生!?
ゆりちゃんと同じようにこの『世界』に「連れて来られた」人は、
以前から気になっていて言及してきました。正にニヤリな新展開。

序盤の女の子も、水下と先輩も、あっさり退場してしまったので、
尚更気になっていたところでした。また少し新事実がわかるかも。

見るからに中学生といった容姿で、まだ幼さが残る少年でしたね。
高校生じゃないだろうなと思っていたら、作中ですぐに判明です。

ようやく、ゆりちゃん以外の被害者(生存者)という重要な展開。
まともに話せる相手がやっと出てきたというのは大きいでしょう。

しかも、一人ではなく三人もいますからね。要注目の展開ですね。

と言う訳で、冒頭で登場してきた彼から、また新たな展開に突入。

冒頭の彼が西浦くん。
眼鏡の彼が野村くん。
長身の彼が中崎くん。

水下のような大人ではなく、子供であることも着目したい点です。
相手が男性で三人とは言え、水下よりは相手がしやすいですしね。
世代が同じ登場人物は、序盤の彼女以来ですから、重要なのかも。



ここで明らかになった事実が実に興味深いですね。

この中学生3人は
私より「1日早く」
この世界に来たらしい

私よりこの世界に
詳しいみたい
だけど…?


ゆりちゃんが「いきなり」連れて来られた時点で、
既に彼らはこの『世界』に存在していた訳ですね。

そして、ここで気になるのが「1日」という時間差。

何故、ゆりちゃんと同じタイミングではなかったか。

彼らが認識している「1日」とは本当に正しいのか

加えて、この「世界」の「1日」という時の流れは、
元の世界のそれと全く同じなのか、違っているのか。

気になることが更に次々と思い浮かんだところです。



彼らもまた、ヘリコプターのビルを目指して移動していたとのこと。
頭が良さそうで冷静な西浦くんの発言を全部鵜呑みにはしませんが、
今の所、この言葉に嘘はないと見て良いのではないかと思いました。

彼の次の台詞が更に重要ですね。

「食事休憩」をしていたということは、
この世界に食料があるということです。

かくして、ゆりちゃんも一緒に「ビルの内部」へ……。

確かに、今まではビルからビルに渡り歩く展開であり、
内部の描写は少なかったですからね。実にニクイ展開。

そこには菓子パンやおにぎりなど、コンビニエンスストアさながらの食料が。
蛇口を捻れば水もちゃんと出るし、テーブルも椅子もあるという状況ですね。

彼ら三人が平然と生き延びていることからも、毒は含まれてないようですね。
そもそも、毒殺という罠で殺すつもりなら、『仮面』は必要ないでしょうし。

それにしても野村くんは実に冷静だなあ。ここでサブタイトルに繋がる訳ね。

中学生にしては肝が据わっているし、状況の分析や判断も見事なものですね。
正直、ちょっと怪しいと感じたりも。西浦くんの方が自分に近い感じかなと。

この「世界」の『管理者』スパイがいないとも言い切れないのですからね。

次の場面でも気にかかるところがありました。

西浦くんが屋上で見張り番ということですが、彼一人に行かせたところです。
「野村は変わらずえらそうだし」という台詞も、重要なところじゃないかと。

見るからに野村くんがリーダー格だろうし、三人の人間関係も要注目ですね。



屋上で西浦くんが見つけたのは、白いダンボール箱

この時の台詞もひっかかります。ヘリコプターから落としたのかな?
「また」ということは、以前にも同じような箱を見ている訳ですね。

その箱の中身は……『仮面』!?

これはまた凄い展開になりそうですね。

彼の驚きからしても、今までの箱と中身が違っているのは間違いなく、
箱から『仮面』を眼にした展開は、初めての体験だと考えられますね。

今までに、連れて来られた人間と『仮面』の関係性に着目して、
どちらもゲームのプレイヤーではないかと予想を書きましたが、
両者の役割を分けて考えるのではなく、同根だとしたなら……?

つまり、『狩る側』と『狩られる側』だけではなく、
ここで、『狩る側』に『狩られる側』もなれるなら、
関係性も展開も、更に劇的に変わると言えますから。

『鬼ごっこ』のリアル版みたいだとも書きましたが、
『椅子取りゲーム』的な要素もあったら、更に白熱。

同じ被害者が加害者に
味方が敵になる展開も、
今後あるかもと予想も。

気になっていた『仮面』の素顔も、ただの人間だとわかりましたし(少なくとも外見は)、
この箱の中に、『仮面』だけではなく『武器』なども一式揃って入っているのでしょうね。

……という発想は飛躍しすぎなのでしょうか。

ますます見逃せない展開になり、期待大です。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/1954-140fbe03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top