FC2ブログ

日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

いよいよ始まった『スーパー戦隊』シリーズ最新作!

こちらのシリーズについては感想が書けていなかったのが現状で、
例外として非公認の方を以前にちょっと書いてきたくらいでした。

漫画の感想がメインになると、どうもそちらで手一杯なのですが、
そもそも、感想って短文であっさりしたものでも良い訳であって、
自分が感じたこと、書きたいことを吐き出せば良いのですからね。

そう考えると気が楽なもので、まったり書いていこうと思います。

無論、シリーズは全作品視てきていますし、今後も愛し続けます。

それでは感想を。

以下は、今回の内容に触れた感想となりますので、
番組をご覧になっていない方は、ご注意ください。

アバンタイトルよーし。

主題歌よーし。

サブタイトルよーし。

えー、間もなく感想を書き始めますので、
白線の内側まで下がってお待ちください。







「イマジネーション」

それは不可能を可能にし、世界に光を灯す無限の力である。


冒頭のこのナレーションから、思わずときめきました。

そして、その後で更に続くナレーションから事態が……。

イマジネーションを失った世界に、子供たちの泣き声。

なるほど、ライトが乗り合わせていた訳ですね。

そこに光り輝く烈車が!

実に良い始まりですね。

ただ、聊か唐突だなと感じたのですけれど、勿論それも意味があってのことで、
本編を視れば、なるほど納得です。これまた凄い切り口で描いてきましたねー。

冒頭から事件、烈車の派手なアクションで惹き付ける王道の展開が良かったし、
戦いから始まって、全体のテンポ感もとても良かったです。良い始まりでした。
変身、全員の武器を合体、更にロボと第1話から余すことなくお披露目でした。

トッキュウジャーのマスクとライヴスーツのデザインはとても気に入ってます。
なるほど、やってくれたなあとニヤニヤしてしまう出来栄え。見事なデザイン。

本作は『色』ではなく、『〇号』というのがまたニヤリとしたところでしたね。
乗り換えチェンジのこともあってそうしたのでしょうが、わかりやくて良いし。

彼らもさることながら、敵側のデザインがまたゴスの風味もあって良いですね。
幹部クラスで良いのじゃないかというくらいシャドー怪人も格好良いですもの。
一発で篠原保さんのデザインだとわかります。気が早いですが、画集が楽しみ。



トッキュウジャーの五人も実に愛らしくて、この一年間大いに愉しめそうです。
役者さんの成長を感じながら一年間応援できるのは特撮作品ならではの味わい。

それぞれのネーミング、キャラクターも良いですね。特にピンクがツボですね。
追い詰められた時に、焦りながら思い込んで、自己暗示でパワーファイターに。

今年は、ブルーの名乗りがおもしろポーズでしたか。あのお辞儀がツボ(笑)。
ゴーカイグリーンでおもしろポーズだった竹内さんは、今年もグリーンですが、
正統派のポーズでしたね。ゴセイレッドとの違いもじっくり味わいたいですね。

トカッチの平牧くんが90年代の米倉利紀さんっぽい感じなのも嬉しいですね。

カグラの森高愛ちゃんは、髪型も素敵で、思いっきりアイドル前回で愛らしく、
お名前からして、名字も下のお名前もアイドル者が過剰反応必至だなと(笑)。

ヒカリの横浜流星くんもまた然り。『横浜』も『流星』も良いお名前ですよね。
仮面ライダーメテオが瞬時に浮かんだ辺り、特撮アンテナはまだ健在だと認識。

ミオの梨里杏ちゃんは、『絶狼』の方でもお馴染みだし、特撮者には説明不要。
『天装戦隊ゴセイジャー』に出演されていましたね。嬉しいシリーズ帰還です。

ライトの志尊くんも、可愛らしいルックスで、イノセントな魅力に期待大です。
この辺りはゲキレンジャーのジャンにも通じるかなというのが第一印象でした。



トッキュウチェンジャーのギミックも、レンケツバズーカも、実に良かったし、
乗り換えチェンジの目まぐるしさもトッキュウオーの王道たる勇姿も好きです。
トッキュウオーの胸元が特にツボ。トラベリオンを思い返して、ときめきます。



さて、今回の最大のサプライズが、そのまま今回のヒキでしたね。

「『お前たちは死んでるも同然』って言ったんです」

チケットくんから衝撃の言葉が。

記憶を失っている五人こそが、そもそもの謎であり、
本作の根幹に繋がるであろうという作劇は巧いです。

レインボーラインとシャドーラインの関係性だとか、
各駅で停車して事件を解決して浄化する展開なども、
実に秀逸で、こちらもとても気に入っているところ。

それにしても車掌さーん、「チケットくんの口が滑ったんです」って。

謎だらけの中で、いきなりこのインパクト。実に私好みの作劇ですね。



オープニング映像も主題歌も、ポップ感全開で気持ちが良いですし、
本作は特にエンディングの創意工夫がまた素晴らしく、脱帽でした。
サブタイトルも『第1駅』ではなく、『始発駅』なのが素晴らしい!
最終回は『終着駅』か『終点』でしょうね。こういう拘りが、良し。

トッキュウ何号になるかはさておき、『あずさ』は出るでしょうね。
女性の追加戦士もシリーズで増えてきていますし、有り得るかなと。
あるいは、狩人のお二人が劇場版のゲストとか、そっちの方向かも。
どちらに転んでも、私の世代が泣いて喜ぶという重妄想です(笑)。

シリーズに所縁のある方なら、山本梓さんか渡辺梓さんを希望です。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/1949-f46f8248
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top