日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『KIG⊃R∩MI ‐キグルミ‐』第5話 二人[Rabbit&Hero]  

ずっと気にしてながらも、何だかんだと更新が遅れてしまって、
まさか、コミックス発売のタイミングで今回の更新になるとは。

と言う訳で、ここで最終話の感想を。

無論、『思春期のアイアンメイデン』と共にコミックスは購入。
コミックスの単独記事は、遅くならないうちに書きたいですね。

それでは、感想を。

以下は今回の内容に触れた感想です。本誌未読の方はご注意を。



『ミラクルジャンプ』で大絶賛連載中!

かつてない異形愛玩サスペンスファンタジー!


よ う こ そ 、 異 形 愛 玩 の 世 界 へ

遂にクライマックス!

最終話は『ヤングジャンプシード』に掲載!



読切の頃から気に入っていた作品であり、
『ミラクルジャンプ』で連載決定した時、
心底感激したので、正直淋しいのも本音。

本誌の購読を続けたのも本作の為でした。

本誌がリニューアルする為に一時休刊で、
その関係でコミックス一冊に纏める形に。

この第5話で、連載は終了となりました。

渡辺先生の公式ブログと公式ツイートを、
それだけを信じて待っていた日々でした。

『ヤングジャンプシード』掲載が決まり、
無論、すぐに予約。そして最終話を読了。



結論から申し上げます。

良い最終話でした。納得できる決着です。

前回で『召喚者』が判明する謎解きなら、
今回は怒涛のクライマックスバトルです。

今回が、本当の意味での『解決編』です。

アクションの描写が凄まじい迫力であり、
それだけでも読めて良かったと思います。

勿論、それだけに留まらず、『二人』についても、しっかりと描かれました。

事件が全部解決できた訳ではないし、脅威は残って、影を落としたままです。

それでも、最後のページの二人の笑顔に、淡くても確実な希望が見えました。

この二人なら、きっと解決してくれるだろうと思います。



肝心要の翠ちゃんについて、描ききれなかったのが気になるのも本音ですが、
最終話の構成、描写としては、できる範囲での最高の形だったと思ってます。

真言くんの人間味溢れる格好良さは、しっかりと描かれているので納得です。

またコミックスの単独記事で、具体的に掘り下げて触れていくつもりですが、
連載を追ってきた読者としては、この最後のシーンはとても気に入ってます。

渡辺静先生、黒形圭先生に、感謝を。

渡辺静先生は現在も別の作品を連載中です。

『ヤングガンガン』で『思春期のアイアンメイデン』を、
『別冊少年マガジン』で『リアルアカウント』を連載中。

だから、さよならは言いません。

そこは嬉しかったところですね。

黒形先生の今後も期待してます。

お二人のコンビでこの連載を読めたことは、本当に良かったと思っています。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/1937-17e4b9d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。