日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本誌で新連載の告知があった時点で惹き込まれました。
これは絶対ツボに来るであろうと、期待していました。

その通りでした。これはもう、私はプッシュ確定です。
玉木ヴァネッサ千尋先生のデビューと共に、心機一転!



それでは、今回の感想へ。

以下は今回の内容に触れた感想です。
本誌を未読の方は、ご注意ください。



2011年新人賞グランプリ作家連載デビュー!!

衝撃のクライムサスペンス!!


 横 浜 線
YOKOHAMA LINE Doppelgänger
ド ッ ペ ル ゲ ン ガ ー

玉木ヴァネッサ千尋
Tamaki Vanessa Chihiro


本作が玉木ヴァネッサ千尋先生のデビュー作ということで、
ヤンジャンにフレッシュな風を吹かせてくれると期待です。

絵柄については非常に好みで、人間臭さもあって好きです。

昨今のアニメや漫画の人工甘味料や添加物どっぷり的な絵、
そんな絵柄の美少女などよりも、ずっと人間らしくて好み。
先生の絵柄の方に惹かれますね。この絵柄は実に好みです。



連載開始前のあらすじを読んだ時点では、
私は全く違う展開を思い浮かべてました。

「電車に乗っている時に自分と同じ顔をした人を見てしまう」展開かと。
そう思ってましたが、なるほどタイムスリップで自分と出逢う展開とは。

これは『仮面ライダーアギト』の印象が強いからだと思いますけれどね。

そう言えば、主人公の名前が『剣崎マコト』というのがまたニヤリです。
思わず仮面ライダーブレイドを連想してしまいましたね。良い名前です。

主人公が駆け出しの彫刻家で、苦労を重ねた末に、やっと認知されたら、
横浜線彫刻家連続殺人事件の容疑者として逮捕されるという壮絶な展開。



そして、死刑執行。

首を吊られてから15分が経過……。



そこで絶命したかと思いきや、気付けば10年後の世界に……!

タイムスリップして真犯人を探すという展開が実に熱いですね。

たった一人だけ信頼できる相手、『自分』と出逢う展開も良し!

これで期待するなという方が無理な話です。期待大の作品です。



今回の描写で気になったことを以下に。

マコトは「死んでから生き返った」のか、
「死なずに、タイムスリップ」したのか、
この違いは重要ではないかと思いますし、
序盤で気になっていることの一つですね。

マコトの認識がどうであれ、「意識と記憶を保って10年前にタイムスリップ」したのは、
紛れもない『事実』で、これだけは揺らがないところ、本作の根幹だと見て良いでしょう。

まさか、それさえも改竄された記憶だったとか、そんな展開がないとも言い切れませんが。

意識と記憶を保ったまま自分と出逢うって、ある意味で『仮面ライダーW』も連想します。



マコトが連続殺人犯に仕立て上げられたことと、
そして、彼を犯罪者に陥れた真犯人については、
単純に考えれば、マコトの成功を妬んだ人物か、
仕事で関わりのあった人物なのでしょうけれど、
そんな一筋縄では行かない気もしますからねー。

謎だらけにしてぶっ飛んだ設定が実に好みです。
ヤンジャンの楽しみが更に増えて、堪りません。

今後も、感想はなるべく書いていきたいですね。
本作は、語らずにはいられない魅力があります。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/1934-0ab01e7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。