日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
連載も順調に二桁台に突入で、嬉しい限りです。
毎週の連載を愛読しながら、コミックスも期待!

三桁台までとことん愛読していきたい作品です。

さて、それでは感想へ。

以下は今回の内容に触れた感想となっています。
未読の方はご覧になりませんように。ご注意を。
毎日無料配信の『マンガボックス』でご一読を。



キミは小宇宙を感じたことがあるか。

キミは真の北斗神拳を知っているか。

キミは昔話を読んだことがあるのか。

キミは本当の昔話を読んだことがあるのか。

誰もが知っている昔話から、未知の世界へ。
まだ誰も知らない昔話が、ここに描かれる。


漫画界の革命児、遂に降臨。

笑いのオーバーヘッドキック。
漫画のハットトリックが炸裂。


浦田カズヒロ先生の漫画が世界を笑顔にする。



回を重ねていくとマンネリに陥りそうなものなのに、
新鮮さと破壊力が毎回凄まじいのが素晴らしいです。

今回の怒涛のパワー感と無理矢理感(誉め言葉)が、
テンポ感に活きていて、気に入っているところです。

展開が目まぐるしく、強引なゴーイングマイウェイ。

それも今までと同等か、それ以上に感じて、大笑い。

昔話から、つけまとか、警察官とか普通は出て来ない訳で、
そういった発想の時点で、浦田先生の勝ち(価値)ですね。

時事ネタとは違うかもしれませんが、
きゃりーちゃんの歌も連想しました。

尤も、時事ネタがなかろうと、何ら問題ないのが浦田作品!
それは今までの作品でも証明済み。今も変わらない面白さ!
先生も、掲載分よりも執筆がの方が遥かに先行されていて、
時事ネタを入れ辛いと仰ってましたが、全く問題なしです。

時代の方が浦田カズヒロ先生に着いて行く番ですから。

それにしても、まさかの『つけま』で、「ほちい」だもんなー。

のっけから容赦なくぶっ飛び感全開で気持ち良いです。

『金の斧』の湖も大概でしたが(誉め言葉)、今回も!

木がえらいことになってますね。冒頭から面白すぎる!

というか、この時点で……。

サルがとんでもない奴ですね。

この直後にとんでもない衝撃、そして悲劇が襲い……。

カニ
即死

死因が「つけま」って、それがまた凄い。




死ぬの早すぎるだろ。

実に浦田先生らしくて最高(笑)。

カニ子の彼氏のカニ男(※「カニおとこ」ではなく「カニお」と読む)は、
ムダにイケメンなのがやっぱりツボだし、しかも、つけま付け始めるしね。

カニは仲間のウス・栗・ハチ・馬糞と共にサル宅に……。

みんなつけまかよ。

お約束中のお約束、外さない王道の展開がツボです。これはこれで良し!
つけまに拘り続ける展開が良いです。落としどころにされたアレもツボ。


つけまの粘着力を気にする「しょうもない」点(誉め言葉です)も良し。

そこから一転して、一瞬にしてホラー漫画かってくらいの斜め後ろ展開!

この期に及んでまだつけまに拘るのが良いね。

『つけま戦士』って何だよ。誰だよ。そのまんまだよ。

ウスが見るからに強そうだし(笑)。

オチのカニ男もツボすぎる。復讐の大前提が崩壊しているじゃん(笑)。



毎度お馴染みの最後のオチが実に秀逸ですね。やられました。
ツッコミ役の童夢くんがツッコミ入れたことが、彼自身にも。

おじいちゃんからツッコミ(というかやんわりな指摘)とは。

シンプルイズベストな落とし具合で、これもじわじわきます。
このオチも、とても気に入っているところで、お見事ですね!

毎回、お約束の遵守を貫きながら作中の話は必ず崩壊させて、
尚且つ今までの読者ほどひっかかる新ネタまで盛り込まれて、
連載である利点を最大限活かされているのも素晴らしいです!

毎週、こうして浦田カズヒロ先生からのパスとシュートなど、
更にはデッドボールが飛んでくるのを受け止めるような喜び
そして笑い! これこそ、浦田先生ならではの魅力でしょう!

そんな日々で、本作は最早生活の一部であり、生きる活力源。
次回も、コミックスも、楽しみで仕方がないですね。期待大!
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/1924-52c60faf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。