日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『東京喰種‐トーキョーグール‐』#113[氾羽]  

感想が周回遅れで、今日はヤンジャン最新号の発売日になりました。
表紙&巻頭は大島優子ちゃん! ……って、この話は3回目ですね。

勿論、本作の方も嬉しいニュースがあります(白々しい前置きね)。

祝 ・ ア ニ メ 化 決 定 !

と言う訳で、大島優子ちゃんの感想へ……じゃなくて、
本作の感想へ。書き終えたら、寝ずに最新号待機です。

以下は、今回の内容に触れた感想となっていますので、
未読の方は、ご注意を。本誌の『購読』を推奨します。

大島優子ちゃんの感想も書けよ、って方がいらしたら、
ご一報くだされば書きますが(あ、断言しちゃった)。

一回の記事で何回大島優子ちゃん言うのよ私。

閑話休題。



剥き出しの瞳が、
剥き出しの怒りが、
溢れて滾った想いが、
氾がって敵を突き刺す。

トーキョーグール
東 京 喰 種


#113[氾羽]





まずは、ひとつ。

■過去編に関するお断りとお詫び

過去編ということで、いつか私のボロが出そうだと思っていたので、
ここでひとつ。非常に情けない話なのですが、告白しておきますね。

実は『東京喰種【JACK】』を最後まで読みきれてないのですよね。

はい、ドン引きした人、ムカデとペンチ持って集合。

妹が結婚して家を出てしまったから、という理由が更に情けないですね。ええ。
妹のスマートフォンを借りずに自分で買えよって話ですね。ええ、ご尤もです。

もうちょっとというところで結婚して家を出たので(もういいよ)。
2台も所持していて、1台は置いていくという話だったのに(もういいよ)。


地面に頭を擦り付けて先生と担当様にお詫びをして、拷問を受けたい所存であります。
ムカデだけは勘弁してほしいですが、ペンチなら何とか……(こっちの方が痛いか)。

小説版の感想と共に、そちらも着手しようとは考えております。
如何せん車検で出費があったのが痛いですね。年中金欠ですし。

やっぱり、Kindle Fire HDを買うしかないかと思ったりもしてます。

配信音源と電子書籍はどうも抵抗があるのですけれど、
もうそんなことも言っていられないのかなと思ったり。

と言う訳で、感想の中で指摘や考察が甘い点、浅い点など、
上記の理由から、今後も出てくるかと思います。ご容赦を。

そちらについての話題は、うちにしない(餌を与えない)、
という動物園の入場客のような気持ちでいてくださればと。


閑話休題。

■氾羽

いつもながらサブタイトルが秀逸で、
石田先生の言葉遊美のセンスが最高。
話数と絡めた数字遊美も素敵ですね。

今回は読んで字の如くで、適確です。

ページを捲れば、一目瞭然でしたね。

この言葉のセンス、『刺剃』に近いものを感じたりもしました。
一般的に使われませんし、先生の造語と言って良いでしょうね。

この見開き! この構図! 思わず唸らされました。
同時に、ニヤリとしたり。意図的なシグナルかなと。

アヤトくんがカネキくんに放った時と酷似した構図。

今までにも、四方さんの過去とアヤトくんが通じる点を挙げてきて、
そこで四方さんにもお姉さん(とお兄さん)がいたことも明らかに。

それに続いて、この展開ですし。ここで『羽赫』の発現ですからね!



正直、意外でしたね。

こちらについては完全に私のポカでしたね。

四方さんの『赫子』については以前からあれこれ触れてきましたが、
『羽赫』とは意外(当時は外見からの思い込みが大きかったです)。

少し前の回想でウタさんと戦っていた場面からも、言及しましたが、
あの場面で『尾赫』(か『鱗赫』)のように見えたのですけれどね。

となると、留保しておいた『ハイブリッド』の可能性もあるのかな?



■その命、神に返しなさい。闇に抱かれて眠れ。

四方さんのお姉さんの仇が、即ち復讐の相手が有馬さんだったとは。

ただでさえ白熱必死の戦いですが、正に因縁の対決という事態です。

気になっていた有馬さんの左手の「ハコ」も展開! 判明しました。
こちらは予想通りの『羽赫』でした。ただし一対一の戦いでしたが。

それにしても、この二つのクインケのネーミングがツボすぎました!

石田先生、明らかに狙っているのではないかと思ってしまったほど。

甲赫 IXA(イグザ)

羽赫 ナルカミ 


どちらも見事に特撮ヒーローと所縁のあるネーミングなんですよね。

前者は、読みこそ違えど、仮面ライダーイクサが瞬時に浮かびます。

仮面ライダーイクサの名前の由来も同じスペルの『IXA』であり、
『Intercept X Attacker(未知なる驚異=ファンガイアに対する迎撃戦士)』の意。

現在絶賛放送中の『仮面ライダー鎧武』のテーマソング、
仮面ライダーGIRLS『E-X-A (Exciting × Attitude)』も、勿論同時に連想。

後者は、眼にした瞬間に『魔弾戦記リュウケンドー』を連想。

主人公であるヒーロー・魔弾剣士リュウケンドーに撃龍変身するのが、
鳴神剣ニ(なるかみ・けんじ)です。なんという素晴らしい引力かと。

まさか『週刊ヤングジャンプ』を読んでいて、
仮面ライダーとリュウケンドーの引力なんて、
そんなミラクルを味わえるなんて驚きでした。
これぞ、特撮者ならではの望外の喜びですね。



そのうち『ヒビキ』とか出てくるのではないかと思ったり。
『サガラ』と『クレシマ』が出てきたら鉄板ですね(笑)。

今まであまり先駆けて意識してこなかったことですけれど、
『赫子』の名前を考えたり予想したりするのも愉しいかも。



さて、触れたくて仕方がなかったことにも触れてすっきりしたので、
話を戻しますと、やっぱり有馬さんの「ハコ」が気になっています。
今までにも触れたように、下位の捜査官とは違って明らかに豪華で、
黒地に紋様が入っているのが格好良いです。上位レートでしょうか。

それと、『羽赫』のクインケも、バリエーションや魅せ方が豊富で、
単純な射撃タイプ、マシンガンタイプだけじゃないのだなと感心も。
今回の『ナルカミ』は、電極棒といった感じで、やられたなと脱帽。
プラズマ攻撃って感じで、大槻教授に視て頂きたいと思ったりして。

デザイン、魅せ方として一番メカニカルで奇抜な方向に走れるかも。
それが『羽赫』の面白味でもあるなあと、感じたところであります。



有馬さんの圧倒的な強さの前に、それでも奮闘してきた四方さんも、
平子さんの一撃で倒れてしまいました。これは大ダメージでしたね。

そんな『彼ら』の前に現れたのは……!

来ましたね、芳村マスター! マスクがミステリアスで良いですね。
このマスクも『鳥類』を想起させる辺りが実にニクイところでした。
それでいて、仮面舞踏会も連想できたりと、とても気に入ってます。

芳村マスターのおかげで、かろうじて難を逃れることができました。

そして、その後についてもウタさんから触れられました。納得です。

過去編はもう少し長く続くのかとも思っていましたが、大満足です。
ここで一気に全部を描ききらない構成が、また味わい深くもあるし、
これでまたあれこれと想像を膨らませられる要素は増えましたしね。



過去編も終わり、カネキくんとウタさんの場面に。

ウタさんのタトゥーの文字について、ようやく作中で描かれました。

以前にも話してきたように、うちは敢えて答えを書かずにいました。
そもそも謎解きの類ではないから、調べればわかることだからです。
文字自体は初登場でもなく、以前からずっと見えていましたからね。

こういうことは自分で調べてこそ愉しめるし、共感できるだろうと、
少なくとも私は考えるのですけれどね。案の定、検索だらけでした。

自分で調べる意味のそれではなく、答えだけ見ようとする検索って、
やっぱり多いのですね。思考を放棄した読者の多さが残念なところ。

ラテン語、ギリシャ文字などからは、
『仮面ライダーアギト』や『仮面ライダー555』も連想しますね。

『アギト』は『AGITO』ではなく、
厳密には『ΑGITΩ』ですしね(最初が『アルファ』で、最後が『オメガ』)。

この一文で惹かれるのは「いけない」の部分ですね。特に前段が良いなあって。
言葉の豊かさと、解釈の幅があるところが切なくもあり、素敵でもありますね。



ウタさんとの再会、彼の話から、また新たなる一歩に繋がりました。
いよいよ、四方さんの元に向かう展開で、期待が高まる一方ですね。

そして、ヒキが凄いです。凄い組み合わせ。美少女と変態イケメン。
ヒナミちゃんの表情が明らかに硬いのが何とも。気になるペアです。
最もなさそうな組み合わせですからね。しかも一対一だなんてもう。
万丈さんたちを差し置いて「秘密のカフェタイム」というのがまた。

この二人の共通点として、高槻泉氏の読者というのが大きいですね。
月山を信用してない万丈さんを差し置いて、二人きりですからねえ。

例のあのカフェに向かうのでしょうか。サイン会の時の話になるか、
あるいは、高槻氏とご対面とまで発展するのか、こちらも期待です。

月山の台詞だけ見ると、二人だけで、という感じもしますけれどね。

■BGM&Inspired by...

Angelo
『FAITH』

Gargoyle
『死に至る傷』
『enigma』
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/1913-360fd604
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。