日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『天空侵犯』第10話 白い死神  

あれ? サブタイトル無しになったかと思いきや、
今回は1ページ目にちゃんと表記されていますね。

無しで統一されると思っていたので、意外でした。

コミックスではその辺りも統一してほしいですね。
折角、今回でまた表記されたので、今後も期待を。

以下は今回の内容に言及した感想です。ご注意を。

ああ、そう言えば、やたらと本作で検索する人が、
一日に何回も来て、同様の方も沢山いるのですが、
何故に一日何度も同じ行為を繰り返すのかなあと。

公式サイトで常に配信中で毎週更新されてますし、
常に無料で読めるのに、何がしたいのだろうかと。

ともあれ、記事を分割する前の注意書きは基本で、
うちは徹底しています。私は警告しましたからね。





柱文がツボでした。

冒頭で触れたサブタイトルの表記然り、
こういった部分までちゃんとあるのは、
雑誌っぽい感じがして私は好きですね。

「急げ! ラナウェイ!!」がナイス。



ゆりちゃんが水下の拳銃をゲットというのは、
前回で触れた通りの展開。当然の流れですね。
読者の誰もがそう思っていたことでしょうし。

そして、ゆりちゃんの推理、洞察力もお見事。

か弱い女子高生なら気が動転しそうな状況で、
よくぞここまで冷静に思考できているなあと。

「ヤツら」のやり方も、見事に推理してます。

「飽く迄も他殺ではなく、自殺させる」こと。

これで合点が行きますし、正解なのでしょう。

この危機的且つ絶望的にしか思えない状況で、
まるでジョジョのように格好良い決意の場面!

これは燃えましたね。実に良い表情で、熱い!
逃げ惑うだけではなく、これからは反撃かな。

それならば、正しく『戦う女子高生』ですね。



スナイパーに
撃ち殺され
ないように
して…

「吊り橋」を
見つけ出し
距離をとる
方法…



方法は…

ある!!


またしても見事な閃き!

主人公らしくなってきましたね。
恥ずかしながら、思いつかずに、
これといった名案が書けません。

次回更新まで考えておきますね。

まさか、敵の弾切れまで(無駄撃ちもさせて)攻撃を避け続けるなんて、
そんなリスキーな方法ではないと思います。一体どうするのかしら……。

『盾』になる物を見つけるというのも、展開として弱い気がしますしね。

こうして毎週あれこれ考えを巡らせながら愉しめるのも本作の魅力です。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/1900-8323ecd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。