日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巴亮介『ミュージアム』Vol.22/カノジョの背中  

今回は色々な意味で衝撃的でした。

衝撃的なのはいつものことですが、
今回は、いつもと違うことも……。

以下は今回の内容に触れた感想となります。
未読の方は、ご覧になりませんように……。



『週刊ヤングマガジン』で大絶賛連載中!

連続殺人犯〝6月の蛙男〟の〝私刑〟は終わらない。もう誰にも止められない!

殺人犯を追う刑事・沢村久志。悪魔に破壊された彼の心が、悪魔の色に染まる!


話題騒然、恐怖濃縮ッ!!
YMCK『ミュージアム』第1&2巻
超絶絶望大解禁中ッ!!




The serial killer is laughing in the rain.
 [museum]
ミュージアム

 PRESENTED BY
巴 亮介
 RYOSUKE TOMOE


Vol.22/カノジョの背中



二週前が巻頭カラーで、またすぐに巻頭カラーとは凄いですね。

まるで『東京喰種-トーキョーグール-』のような推されっぷりです。



凶悪な事件の連続と、猟奇的な要素の数々、スリリングな展開であり、
それで騒がれるのは勿論わかるのですが、それだけじゃないだろうと、
私は思っています。今回の構成からも、それは明らかではないかなと。

沢村の人間性。妻子との亀裂や、その前後の時間。
そして、沢村が刑事を志すまでの時間もまた然り。

インパクトが強烈な場面だけではなく、回想など、
そういった面も高く評価されて然るべきだろうと。

回想については、こちらでも実に巧かったですね。

巴亮介『ミュージアム』Vol.17/追憶



冒頭から長く、じっくりと、丁寧に回想が描かれたのが良いです。

即ち、それは沢村の始まりであり、遥さんとの始まりでもあるし、
ひいては本作そのものの根幹にも繋がるところで、大切ですから。

この回想が描かれて、その後に沢村が真実に気付いたという構成。

これがまた素晴らしかったのです。思わず胸が熱くなりましたね。

怒りと悲しみから激情に駆られ、復讐の鬼となった沢村でしたが、
正にギリギリで気付きました。これぞ、今回の最大のハイライト。

癇癪を起こし、怒り狂う霧島早苗から狂気を改めて感じましたね。
そして、同時に彼の幼児性、偏執的なまでの執着心も浮き彫りに。



返す返すも、沢村が撃ってしまう前に気付いて本当に良かったと、
つくづく痛感しております。手遅れにならなくて、良かった……。

しかしながら、それでも遥さんは沢村に撃ってくれと懇願します。
擬装に気付かれたこの期に及んで、それでもそう訴えかけるのは、
沢村と将太くんに無事でいてほしいからに他ならず、苦しい展開。

依然として緊張感は持続したままで、これも本作の巧い構成です。

当然、沢村がここで遥さんを撃つはずもなく、感付いているはず。
すぐ近くで本物の〝6月の蛙男〟が二人のことを監視していると。

遂に沢村が逆転できそうな流れで、追い詰める展開に期待大です。

残っている弾数は、たった一つ。これも巧い展開だと思いました。

関端班と合流できるのがいつか、それもまた重要なところですね。



今回も、現在と過去の構成、極限の緊張感からのカタルシスなど、
劇的且つ濃密な展開で、素晴らしい回でしたね。唸らされました。

ところが……!?

最終ページのアオリ文に、驚きました。

冒頭で触れた通り、巻頭カラーに次ぐ巻頭カラーで、
全国の書店員さんからも絶賛の声が絶えない活況で、
この状況で、「ラスト2話」だなんて、衝撃でした。

霧島邸での一件で一区切りかとは思っていましたし、
次から、また深まる展開になるのだろうと思いきや、
担当様から公式発表がありましたので、確定ですね。

ルビが振ってあった辺り、額面通りではない方向も、
正直、期待していた自分がいたのですけれどね……。

私にとっては『革命戦士犬童貞男』以来のヒットで、
それ以来のヤンマガ熱の再燃だったほどの作品です。

でも、無闇に引き伸ばして冗長にするだけではなく、
引き締まったままで完結させるのも美しいですしね。

それこそが巴亮介先生の『作品の完成』なのだなと。

感想を書き始めた最初の頃、筒井哲也先生にも言及して、
筒井先生の作風が好きな読者の方なら、はまるはずだと、
紹介記事で書いたことがあり、それを思い返しましたね。

筒井哲也先生も『マンホール』と『予告犯』は全3巻で、
中編としての構成や魅せ方が卓越されている印象ですし、
今回の件で、それを思い返したところではありましたね。



と言う訳で、泣いても笑っても、あと2話になりました。
最後の最後まで愛読しますし、勿論、それで終わらずに、
今後、他にも色々と記事を書いていけたらと思ってます。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/1875-ef161ddf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。