日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『極黒のブリュンヒルデ』第88話 笑顔  

合併号で一週間お休みになり、待ちに待った本誌発売日。
今年も大好きな『週刊ヤングジャンプ』を欠かさず購読。

これを書いているのは出先から。発売日の朝9時台です。

ひとまず更新しますが、帰宅してから加筆する予定です。

※1/24に追記しました。


以下は今回の内容に触れた感想です。未読の方はご注意を……。



『週刊ヤングジャンプ』で大絶賛連載中!

既刊全巻重版出来! コミックス1~7巻絶賛発売中!!


2014年4月
TVアニメ化決定!!


『週刊ヤングジャンプ』本誌で特集コーナー開始!!
『極黒のブリュンヒルデ アニメ報告書』がスタート!!




極黒のブリュンヒルデ

第88話 笑顔






前回で「やっぱり、そうだよね」と書きました。
正にその通りでした。それしかないもんね……。

漢字二文字のサブタイトルが続いてきましたが、
ここで、このサブタイトルとは胸に沁みました。

そう、彼女は最後の最後まで約束を貫きました。
最後の最後まで、命が消える寸前まで笑顔……。

彼女は笑顔でした。涙を流しながら。



覚悟はしていたものの、やっぱり堪えますね。
どうしたって平常心ではいられない読後感が。

そして、今回の大きな展開がまた堪えました。

彼女の最期だけではなく、妹の言葉まで……。

最愛の妹にして、所長が総てを費やした存在。
その妹が、彼女の肉体を通して最後の言葉を。

これもまた胸に沁みる場面で、印象的でした。



つまり、今回は二つの『終わり』を見せられた訳ですね。
地球と天秤に掛けた決断。彼女と所長の妹の『終わり』。

彼女は最後まで約束を貫きました。
これこそが所長との違いでしょう。

仲間のことを想える彼女と、
仲間を必要としなかった男。

良太くんは仲間を亡くして、
所長は生きる目的を失って、
地球は変わらずにあります。
まるで何もなかったように。

なんと悲しく重い展開……。

今回のこの構成に唸らされました。



彼女が最後に残したメッセージ。
途切れながら紡がれた言葉から、
どうしようもない現実が戻って、
新たなる始まりを痛感しました。

笑顔で生きた少女。
総てに絶望した男。



悲しみと怒り、絶望に包まれる中、
寧子ちゃんが立ち上がりましたね。

彼女の笑顔に報いる為、絶対に負けられない戦いです。
こんなに悲しく、熱い展開になるなんて、号泣でした。

特撮者としては、ドラス、ビオランテ、ウカワームなど連想したりも。
この手の作劇には滅法弱いので、本作も例に漏れず、泣けました……。

妹の意識、言葉の顕現については、彼女と親和性が高かったからかと。

妹のあの場面があるのとないのとでは、印象もまるで違ってきますね。
自分としては、あって良かったと思ってます。上手く言えないですが。

この先がどうなろうと、私は彼女の笑顔を忘れず、信じていたいです。
そして、良太くんと寧子ちゃんが最後の希望。今後もそう信じて愛読。
関連記事
コメント

最後に小鳥ちゃんは笑って死んで行きました。

小鳥は世界で一番幸せでした。
村上さん、ありがとうございます。

小鳥ちゃんは笑って死んで行きました。
良太君は、最後とうとう決断できた。
最悪の終わりかただけはならずにすんだ。

鎮死剤から #- | URL
2014/01/26 19:08 | edit

Re: 最後に小鳥ちゃんは笑って死んで行きました。

>鎮死剤からさん

はじめまして。

「から」までがお名前なのですね。珍しいですね。

老婆心ながら、ひとつ。

自分のホームではないところに出向いて発言される場合、
独白のようにも見える書き方は注意された方が吉かと。

私は別に良いですけれど、不可解に感じる人もいると思いますので。

如月 #ksMIDlhw | URL
2014/01/28 02:19 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/1868-b05392e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。