日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あちゃー!

『東京喰種‐トーキョーグール‐』の感想を書き上げて、
そこで安心したのか(それでも周回遅れですが)、
寝落ちしてしまっていたとは……。巻き返します。

以下は今回の内容に触れた感想です。ご注意ください。
未読の方は本誌を購読して、本作を支援してください。

高志と愛美ちゃんと、マドカマチコ先生に清き一票を!

無論、今後も私はアンケートと感想を継続しますよー。

出せ! 支援の葉書!!

広げろ! マドカマチコ先生の魅力!!

『週刊ヤングジャンプ』で大絶賛連載中!!

最新コミックス第5巻大絶賛発売中!!

コミックス既刊第1~4巻売れ行き絶好調!!




『WxY ダブリューエックスワイ』に
かかる火の粉は

私が払う!




それでは、今回の感想を。以下はご注意ください。



前回の感想を書いてから、あれこれと想いが巡り、今までを思い返し、
そして本誌を眼にして……当たりとハズレが半々かなといったところ。

愛美ちゃんの言葉って、本心としては、やっぱりそういうことだよね。

愛美ちゃん、立派に成長したよね。充分大人だよ。

連載開始から、ずっと愛読してきて、台詞の強さ、輝きという点でも、
屈指のエピソードであり、とにかく愛美ちゃんの言葉が印象深いです。

高志とふれあってきた時間は決して無駄じゃない。
愛美ちゃんも成長したのです。この場面で、感涙。

高志を支えてきたのが愛美ちゃんと鷲尾ちゃんで本当に良かったなと、
若月ちゃんや佐野くんや祐木くんも含めて痛感します。最高のWとY。

刻め! 絆のメッセージ!!



一方、今回の新連載も絶好調のザネリ。小松さんからいつもの報告が。
しかし、ザネリ自身に確実に変化が訪れていますね。これは重要です。
自分のキャラクターを楽しめない彼女、それどころか不満を抱く姿が。
これは決定的。だって、自分が「生み出した」訳じゃなかったものね。

高志に対する当て付けで、今まで総てが望みのままに動いたとしても、
まだ鷲尾ちゃんがいます。愛美ちゃんの言葉を胸に刻んだ彼女が……!

鷲尾ちゃん復活! さあ、鷲尾ちゃんの出番だ!!

鷲尾ちゃんの復活劇、そして怒涛の逆転劇!
私は信じています。鷲尾ちゃん、出番だよ!

急げ! 銀座のお店!!

この時点でニヤリでしたが、やっぱり決めてくれましたか!

鷲尾ちゃん大好き。最高。



いざ、姉ちゃんの元に!

銀座に寄って、和菓子を買って、ここまで来て、
ただ餞別と挨拶だけで終わるはずがないもんね。

お餞別 誠意の下に ある心

本編3ページ目の1コマ目の彼女の表情も印象的だったのですが、
ここから怒涛の鷲尾ちゃんのターンで、この表情がまた最高です。

これだよ! これ! この表情こそ鷲尾ちゃん! ときめきです。

ラスト2ページの表情なんてもう! 最高! やってくれたねー!

鼻っ柱の強い超絶美人、横田家オンステージ!!



前回の感想で書いたまさかの展開とは違いますが、前進に変わりなし。

そしてもう一つ思い浮かんでいたことが、正に結実! 燃えましたね。
第64の感想で触れたことです。「姉ちゃんの気持ちを動かす」こと。

鷲尾ちゃん復活に続き、高志も復活で、そこからできる新作なのかと、
そう思っていましたけれど、既刊コミックスをぶつける方向でしたか。

いずれにせよ、鷲尾ちゃんのこの決意とアクションは大きすぎる展開!

鷲尾ちゃんが『編集者』として、『パートナー』として、
ここまで強く立ち上がってくれることが堪らなく嬉しい!
連載開始から愛読してきて、感無量であります。大好き。

あとは高志だよな。結局、彼の内面に起因し、終始して、
最終的に彼に集約されるという構造が、私は好きですね。
それゆえの本作の登場人物の関係性である訳ですからね。
そして、だからこその本作のタイトルですから。感無量。

私は信じています。この作品とマドカマチコ先生を。

■BGM&Inspired by...

HΛL
『SPLIT UP』
『al di la』
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/1837-3a5f9b74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。