日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5話分くらい遅れを取っていた訳です……。
感想を書ける今のうちに巻き返しましょう。

以下は今回の内容に触れた感想となります。
番組をご覧になっていない方は、ご注意を。


前回のインベス捕獲作戦から発展した展開でしたね。
なるほど、つくづくミッチはアイディアマンですね。

今まで他のチームが全く協力してくれなかった訳で、
尚且つ、あの施設で「見てしまった」訳ですからね。

ロックシードという口実で乗らせるというのは巧い。
結果的に総動員(騒動IN)できる作戦にするとは。

それが、結果的に別の意味で騒動になる訳です……。



冒頭から掴みが良かったですね。

アバンタイトルで、サンタさん姿の紘汰くんが登場。
アルバイト先で女性の悲鳴! 駆けつけて変身です。
佐野くんの素面のアクション、文句なく格好良いし、
オープニングの直後、バク転で敵を蹴って変身完了!
そして、無双セイバーナギナタモードで、一撃必殺!
この流れ、このテンポ感が最高に格好良かったです。

そして、ミッチが思いついた名案から、
他チームのアーマードライダーに……。

まずは戒斗くんと話し、訝しがられながらも承諾を。
次の場面でニヤリですね。トナカイコンビも可愛い。

戒斗くん、初瀬くん&城乃内くんが揃ったところで、
シドの元へ。ここでもミッチが活躍してくれますね。
シドにロックビークル2台を要求。なるほど、納得。
ロックシードを報酬代わりに交渉するのも良いねー。

これにて作戦決行ですが、舞ちゃんに怒られました。
確かに、チームに黙って話を進められた訳ですしね。
彼女の言う通り、チームトップで有利な状況なのに、
わざわざ敵がロックシードを集めやすくするなんて、
というのもご尤もな指摘。本作の重要な道具ですし。
正にパワーバランスの激変、逆転に繋がる鍵ですし。

裕也くんが行方不明のままなのも気になります……。
当初は、仮面ライダーになって再登場なのだろうと、
そう思っていましたが、この様子だと危ないか……。
ともあれ、後に影響する人物なのは間違いないかと。

話は脱線しますが、その後に笑顔を見せた舞ちゃん、
みんな鼓舞するところが堪らなく可愛らしいですね。
今回のヒロインが友美ちゃんで本当に良かったなと。

チーム鎧武の場面、裕也くんについての言及の後に、
プロフェッサー凌馬とシドの場面。共に重要ですね。

「シド。君は貴虎の足を引っ張るつもりかい?」

「何のことかなあ?」

「とぼけなくていい。ロックビークルの件さ」
「部外者が妄りにヘルヘイムに出入りすれば、調査隊の秘密が危うくなるじゃないか」

何もかも、貴虎の独断で決まっちまう今の状況が疑問でねぇ」
「多少トラブルでも経験して、他のメンバーの意見に耳を傾けるようになってもらった方が、
プロジェクト的にもいいことだと思うぜ」

「物は言いようだね」
「だが、君の言うことも、一理あるかもしれない」

「そうさ。誰がヘルヘイムの森に選ばれるのか、まだ決まった訳じゃないんだ



以前から明らかで、あからさまでしたが、
やはりシドには蟠りがあったようですね。
この辺り、波岡さんのお芝居の巧さから、
ありありと感じられてきたことですしね。

『安心と信頼の波さん』が堪らないです。
獅子丸ちゃんとまるで逆方向の胡散臭さ。
作劇としては彼が出ると安心できません。
それが良い。気に入った人物の一人です。
邪悪な笑みが出る度、ニヤリです(笑)。

貴虎兄さんに対しても飄々とした態度で、
それなりに受け流している感じでしたが、
この調子だと、サガラもそうでしょうね。
以前のあの場面からも明らかですからね。

この三人は、仲良しって感じでもないし、
この部分が後々に大きく響くだろうなと、
それも楽しみであり、怖くもありますね。

そもそも目指すゴールは同じでしょうが、
まさか、その前提自体が違っているとか?
プロフェッサーも含めたこの四人の中で、
利用したり、陥れたりもあるかもですね。

シドの最後の一言も非常に気になります。

あの言葉は、アーマードライダーに対してのものか、
それとも、プロジェクトのユグドラシル側のものか。

前者であれば、勝利者、各種ツールとの適合の意味?
「新型の開発」という言葉と繋がるように思えます。

後者であれば、プロジェクトの成功、それとも……?

「ヘルヘイムの森に選ばれる」という今回の発言は、
頭に留めて、熟慮する必要があります。要注意です。



再び、紘汰くんとミッチの場面に。

紘汰くんの推測、流石実戦で痛感しただけあります。
仮面ライダー斬月の異質な強さについて話しました。
ミッチと違い、実際に思い知った紘汰くんならでは。
ビートライダーズは全く相手にならないような……。
貴虎兄さんとピエールさん戦う時が楽しみだったり。

続いて、今度はミッチの台詞が映える番。

お馴染みの呉島家での兄弟トーク。ミッチ、巧いね。
心配しているようで、誘導尋問にもなっていますし、
顔色一つ変えず、知らんふりする貴虎兄さんも良し。
真実が露呈する時、二人のこの関係性が崩れる時が、
そろそろ来るのではないかと。こちらも要注目です。



かくして作戦決行の時。

全員集合(不参加を装って現場に潜む紘汰くんも)、
これにてゲームの始まり。……かと思ったら来たー!

ピエールさん来たあああああ!!

しかも、満面の笑みで、格好良すぎる決めポーズで。

「ヒーローは遅れてやって来る」

「ヒーローは高い位置から登場」

正に、美味しいとこ取りですね。もう、大好きだわ。

ピエールさん大好きなので、これは嬉しい展開です!
彼らからしたら、たまったものじゃないですけれど。

しかし、何故彼らの計画を知ってここまで来たのか。

ミッチと同様、単純に疑問で、正直ニヤリで(笑)。
すぐに浮かんだのは、シドが教えたのだろうかなと。
いくらピエールさん好きでも、舞ちゃんは違うかと。
となると、もうあの人しかいないよなあ。やっぱり。

ぐっさん。

やっぱサガラかー(笑)。

いつものノリノリライディングな軽快トーク全開で、
警戒ゼロで情報ダダ漏れさせちゃう訳だよね(笑)。

ミッチの苦い表情と正反対のサガラスマイル(笑)。
全く空気読む気なしのサガラがツボな場面でしたね。

真面目な話、彼もユグドラシルの関係者である訳で、
その観点から言えば、これは当然の行為ですからね。
DJとしても、これは逃せないバトル内容ですしね。

しかし、ミッチが言う通り、ロックビークルが……。

と思いきや、ドラえもんより素早く取り出しました!

流石はピエールさん。こっちはシドからゲットかな?

ピエールさんならローズの方が似合うと思いますが、
サクラロックシードを既にゲットしているのは流石。

渋々ながら、これは認めざるを得ない流れだよねえ。
と言う訳で、これにてピエールさんも参戦決定です。

つまり、これにて、本当の意味で全員集合ですよね。
奇しくも揃った訳ですね。これもシドの読み通りか?

『テスト用に流布された6機の戦極ドライバー』
装着する『6人のアーマードライダー』が、ここに。

ところで、謎の少女との出逢いはどうだったのかと。
以前にも書いたことですが、ミッチまでは描写あり、
残る三人も、出逢っているはずだとは思うのですが。



いよいよ、ゲーム開始です。

ピエールさんの変身に始まり、怒涛の展開で燃える!
今回も違ったアングルからの凝った変身シーンです。
つくづく、吉田メタルさんが格好良すぎて最高です!

変身前のみんなのアクションが堪能できたのも良し。
それぞれの持ち味、個性が活きた立ち回りでしたね。
木の実コンビの素面のアクションも、ツボでしたね。

それはそうと、ゲームの企画をしたミッチが苦戦で、
次々と出し抜かれていく展開になっちゃうのは……。
言いだしっぺが邪魔されて、不利になるなんてなあ。

ここでも城乃内くんがずるいことしてくれますねえ。

しかし、ミッチもここで挫ける男ではありませんね。

ここでアームズチェンジ!

「だったら!」

『キウイ』

『ロック・オン!』

『ハイーッ!』

『撃・輪・セイヤッハッ!』

仮面ライダー龍玄キウイアームズ、出陣!!



戒斗くんのマンゴーに続いて、ミッチもキウイでアームズチェンジ!
当然ながら、ブドウアームズとは劇的な変化で、こちらも格好良い!

ガンアクションが中心だった中、斬撃スタイルになった訳でもあり、
それだけでも大きな違いですしね。今後も期待が高まる一方ですね。

今回のこの魅せ場に大満足です。同時に、もっと視たくなりますね。

次は、紘汰くんの出番です!

流石はチーム鎧武! 紘汰くんとミッチの相性バッチリで最高です。
攻撃のタイミング、二人揃った斬撃、このコンビネーションが最高!

ミッチからスイカロックシードを受け取り、アームズチェンジです!

いつもながら、「ミッチから受け取る」という流れが好きなところ。

仮面ライダー鎧武スイカアームズも活躍です。
そして、紘汰くんもサクラハリケーンで急行!

変身と言えば、最後の最後で……!

貴虎兄さんの変身!!

「変身」

『メロン』

『ロック・オン!』

『ソイヤ!』

『メロンアームズ! 天・下・御・免!』

仮面ライダー斬月メロンアームズ、出陣!!



以前からずっと視たかった貴虎兄さんの変身が遂に!

番組開始時の久保田くんのインタビュー記事からも、
バッチリ決めてくれると信頼しており、大満足です。

「ちゃんとわかってる」方の格好良い変身ポーズが!

若手のライダーとの差別化、発声、ポージングなど、
見事に工夫されているのがわかりますし、最高です。

それでいて、溜め、キレ、撓り、緩急(感泣)など、
「ちびっ子が真似したくなる」要素についても完璧!

頭上に投げてキャッチするまでの間と、その直後と、
この落差が堪らないですねー。装填までの素早さが。
完コピしたい人は、そこをもたつかないように注意。

期待していた通り、敢えて渋めに抑えた発声ですし、
役柄や立場に合わせた変身ポーズとして最高ですね。

ピエールさんはイレギュラーで(想定内でしたが)、
遂に『大人』が参入してくる流れで、更に白熱です。
厳密に言えば、子供がはしゃぎ過ぎた状況であって、
逆とも言えますけれど。貴虎兄さんに戦々恐々……。

さて、ここで一端外出です。劇場版を観てきまーす。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/1824-df31c579
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。