FC2ブログ

日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

『不能犯』第9話 課長の椅子  

新年早々、お祭りが控えてます。嬉しくて堪らないです。
新刊の表紙に期待していたら、どちらも期待以上で最高!

神崎先生の描きおろしスペシャルポストカードも楽しみ!
それも、ただのポストカードではなく、大胆な仕掛けが!

正にスペシャルフェアらしい夢のコラボレーションです!

以下は今回の内容に言及した感想です。ご注意ください。
本誌未読の方は『グランドジャンプ』購読を推奨します。

私は今年も宇相吹正の瞳に釘付けです。猛プッシュだー!



2014年1月9日 コミックス同時発売!

『不能犯』第1巻発売!!
『ウロボロス -警察ヲ裁クハ我ニアリ-』第17巻発売!!


不能犯×ウロボロス

集英社×新潮社!
グランドジャンプ×@バンチ!
2誌合同 神崎裕也先生スペシャルフェア決定!!





集英社『グランドジャンプ』で大絶賛月イチ連載中!
驚愕のサイコサスペンス! 今、最も恐るべき真実。


その赤き瞳は総てを飲み込み、視界の総てに狂喜する。
依頼人と赤き瞳が交わった時、世界が狂気へと染まる。



原作:宮月 新
作画:神崎裕也


 能  impossibility defence


課長の椅子




前回は初の前後編で、濃密な展開を堪能できました。

それからまた一話完結のスタイルで、いつもの魅力。

コミックス第1巻発売直前のタイミングでもあるし、
新規読者の方にとっても良い構成だと思いましたね。

初めての方が、この第9話から読み始めても大丈夫。
問題なく楽しめますし
、そのままコミックスを推奨。



本誌扉ページが毎度ながら堪らなく格好良いですね。
これこれ! これなんですよ! この宇相吹の横顔!

そして、隣のカラーページ! コミックスの告知が!
こちらでもスペシャルフェアの告知があり、万々歳!
このページ自体がもう最高。迷わず永久保存ですね。

コミックスについては、また単独記事を立ち上げて、
そちらで個別の感想を書こうかと考えておりますが、
こちらの告知ページも、新刊の表紙も、素晴らしい!

もう何度視てもときめいてしまう! この格好良さ!

ここではこの辺にして、今回の感想に入りましょう。



今回の表紙、隣の告知ページの両方に言えることですけれど、
宇相吹って瞳や視線は勿論のこと、指先も魅力的なんですよ。
「指先さえも表情芝居」って言いたくなるくらい堪らないし、
神崎先生の構図、ポージングなども、とにかく毎回ツボです。

これだよ! これなんだよ! と、毎回先生にやられてます。
もうやられっぱなしでメロメロなのよ。神崎先生、最高です。

どうしてここまで私のツボやド琴線狙い撃ちの直撃なのかと。
とことん外さないもんなあ。ツボが合致しすぎで嬉しい限り。

さて、本編の感想へ。

上述の通り、今回も一話完結で、初めての方にも最適な作劇。
これで本作の特性、迫り来る魅力、人間の闇まで味わえます。
宇相吹正という『不能犯』の魅力も存分に堪能できますしね。

加えて、今回はサブタイトルにもあるように、会社員のお話。
本誌メイン読者層にとっても、取っ付きやすい題材でしょう。
私は出世と無縁の立場と仕事ですが(笑)、しっくり来ます。

最初の数ページで状況や立場について、すぐに飲み込めるし、
変に説明説明しすぎてなく、自然に理解できるのも魅力です。
宮月先生の原作、神崎先生の作画の為せる技(罠?)ですね。

いつも愛読している人なら、この時点で『依頼人』について、
また『被害者』について、あれこれ考えが駆け巡るところで、
それも毎回の楽しみですね。こちらの仕掛けも魅力ですしね。

今回は、課長昇進が決まったも同然で、社内でも話題の男性、
成瀬係長のお話です。周りが笑顔の中、彼は内心苦痛で……。

出世に対する喜びはあれども、プレッシャーと責任に悩む彼。

そんな彼が、バーで一人呑んでいると、その隣に男の姿……。

そう、彼こそが宇相吹正。彼こそが『不能犯』

「決して誰も証明できない殺人を繰り返す」男。



成瀬さんと出逢ったこの時点で、宇相吹のロックオンは完了。
いえ、正しくないですね。「既に攻撃は完了」と言うべきね。

この場面、ページを捲った瞬間にこれだもんなあ。最高だわ。

この宇相吹の横顔! これなんだよ! この視線と表情だよ!

ここで宇相吹が仕掛けた(と成瀬さんに思い込ませた)のが、
ヤドクガエルの毒というのが、また違う意味でニヤリでした。

神崎先生も私も『ジョジョ』好きなので、引力だなと(笑)。

猫ネタから蛙ネタに続く辺り、堪りませんねー。望外のツボ。

瓶を差し出して見せた時の横顔と表情も堪らなく良いですが、
その後、背後にピッタリ付いて『囁く』表情も最高でしたし、
見下して『嘲笑』した時の表情、構図も堪らなくツボでした。

先生、僅か数コマでどんだけ私のド琴線直撃連発かと(笑)。

終始一貫して人を小馬鹿にして涼しい表情であるのが最高で、
人間に対してとことんドライなのが宇相吹の魅力なんですよ。

ダークヒーロー、否、アンチヒーローの魅力も強い人ですし、
この現代に、宇相吹が影で活躍するというのが痛快なのです。

突如仕掛けられた罠(と思い込ませた宇相吹の手口)により、
倒れた成瀬さんも、一週間の入院で無事に退院できましたが、
その様子も宇相吹に総て見られているというのが、またねえ。

この場面では、反対に『見上げる』視線なのがニクイですね。

とことん宇相吹の瞳や表情を魅力的に描かれる先生には脱帽。

そして、いついかなる時でも全く動揺せず、表情一つ崩さず、
常に眼が死んでます。これでこそ宇相吹。これが最高なのよ。



無事に退院できたのは良いものの、そこから彼の人生は激変。
課長への昇進もなくなり、戸塚さんが課長になることに……。

落胆する成瀬さん。

そこにのうのうと、いけしゃあしゃあと登場するのが宇相吹。
これですよ、これ。これぞ宇相吹。毎回、このとどめに期待。

「心理的リアクタンス」

なるほど、宇相吹が突きつけて、抉り出して暴き出す本音が、
ここで露になる展開は、正に本作ならではのカタルシスです。

自分は「現在志向バイアス」の人ですが(笑)、共感したり。

そして、戸塚さんに対する怨み。新たなる悲劇の連鎖が……!

オチに一捻りあったりするのも本作の魅力で、今回もお見事。

今回の『依頼人』が判明した時、この世界は反転するのです。



『課長の椅子』に対して、今回のオチの『イス』も秀逸です。
いつもながら、宇相吹のラストの台詞がまた良いのですよね。



いよいよコミックス発売で、『ウロボロス』とのダブル刊行!
神崎先生スペシャルフェア開催ですし、早く新刊を買いたい!

今回の巻末で嬉しいおしらせもありましたし、今年は期待大!

次 回 予 告

 能  impossibility defence


第10話は『グランドジャンプ』5号に巻中カラーで登場!!

またしてもカラーで登場です!

バンザイ! バンザイ! バンザーイ!

もう宇相吹のヒトミニコイシテルだわ♪
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/1819-98d6c1cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top