日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いよいよ一話完結に留まらない拡がりを魅せ始め、
現在だけでなく、過去とも密接に関わる展開です。

毎月楽しみにしています。来春のお祭りも期待大。

以下は今回の内容に言及した感想となっています。
本誌未読の方は、以下にご注意くださいませ……。



『ジャンプSQ.』で大絶賛連載中!

最新コミックス第2巻発売中!

2014年春、VOMIC化決定!!



この街は哀しみが溢れている。

この街を影から操る者がいる。

それでも、

この街には、ヒーローがいる。



荻野純『γ‐ガンマ‐』


第10話「この街のヒーロー ホーネットマン 前編」






ブルートレインが再びフィーチャーされる回で、思わずときめきました。
また、変身前の彼自身についても掘り下げられたのは大きな収穫でした。

正に「満を持して」と言いたくなるホーネットマンの登場もありますし、
今までの美味しいところを総括しつつ、次の拡がりも魅せた秀逸な回で、
ますます今後に期待が高まりますね。同時に、再読もしなくちゃなあと。

ブルートレインであるショウ、そしてマイとヒロトの三人の回でもあり、
ミスリードでないのなら、ホーネットマンはヒロトであるのでしょうね。

ヒーローVSヒーローというのは特撮ヒーローのお約束の一つでもあり、
本作のバトル描写も格好良いので、単純に燃えたところではありますね。

正直、絵柄については力強さよりシャープな印象の方が際立ってますし、
美少女は勿論、男性についても、そちらの印象が強いところですけれど、
疾走感などの描写は巧いと思いますし、今後もその辺りに期待してます。

ショウがホーネットマンの正体を知り、そこでどう立ち向かっていくか、
それが今後の焦点でしょうけれど、今までの作劇を思い返したりします。
本誌連載は勿論のこと、やっぱりコミックスで定期的に再読したいなと。
自分の場合、記憶から抜けている箇所や設定もあるでしょうし、尚の事。

自分は本誌もコミックスも抑えていますけれど、それぞれに味があって、
本誌で毎月追いかける読み味より、コミックスでの読後感が大きいかも。
月刊誌ということもあるかと。これがヤンジャンだったらまた違うはず。
ともあれ、本誌もコミックスも楽しみであるのは、今後も変わりません。

当然ながら、今回の一件も榊たちが関与しているでしょうし、要注目で、
いつ、どこで、それらが交わり、あるいは一つの線になるのか、期待大!

周回遅れ寸前ですので、今回は簡単な感想にしました。もう明後日だね。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/1818-34925d6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。