FC2ブログ

日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

巴亮介『ミュージアム』Vol.19/擬装  

最近、本作のタイトルや先生のお名前と共に、
ネタばれなどという検索語句で来る輩が多く、
辟易しています。そういう輩は来なくて良し。

『東京喰種‐トーキョーグール‐』についても同様のピンチケが多く、
感想記事で何度か警告して、アクセスを減らそう減らそうとしてきました。
一定の効果があって落ち着いてきたので、こちらでも警告しておきますね。

読みたいなら、本誌やコミックスをちゃんと「買って」読め。
作家さんや編集さん、書店さんの利益に繋げてこそ『読者』。




閑話休題。

毎週毎週楽しみで仕方がない作品の一つです。
本作をきっかけにヤンマガ熱も再燃してます。

『革命戦士犬童貞男』は勿論のこと、本作『ミュージアム』など、
ヤンマガはたまにとんでもなくツボな作品があるから侮れません。

木多康昭先生も『喧嘩稼業』で本誌復帰されたし、
和久井健先生の『セキセイインコ』も新連載開始!

『フリンジマン』も何気にツボで、面白いですし、
ヤンジャン中心の私ですが、これは要注目かなと。

ところで、『ストロベリーナイト-見えない雨-』は?
告知を待っているのですが、いつ連載再開してくれるのでしょうか。

さて、流石にそろそろ周回遅れになるので、今のうちに感想を……。

以下は今回の内容に触れた感想となります。未読の方は、ご注意を。


『週刊ヤングマガジン』で大絶賛連載中!

連続殺人犯〝6月の蛙男〟の〝私刑〟は終わらない。もう誰にも止められない!

殺人犯を追う刑事・沢村久志に浮上する共通点。新たなる悲劇が連鎖する……。


コミックス第2巻、1月6日発売決定!!



The serial killer is laughing in the rain.
 [museum]
ミュージアム

 PRESENTED BY
巴 亮介
 RYOSUKE TOMOE


Vol.19/擬装



ヤンマガ熱再燃とは言え、前置きが長すぎましたねー。
以後、注意します。個別記事で分けた方が良いのかな。

今回のサブタイトルが、また良いですね。
本編読了後に、なるほどなあと再び感嘆。
『偽装』ではなく、『擬装』なのがまた。



前回の感想で触れたことは読者の誰もに過ぎったことでしょう。
結果的には『ハズレ』で、「まさか」で済んで良かったですね。

そして「沢村に対して言えば、『アタリ』であった」展開です。
より厳密には「と思い込ませる」という一文が続く展開でした。
これこそ正に今回のサブタイトルですね。とことん狂ってます。

〝6月の蛙男〟が言うように、本当に精巧に作られていますね。
加えて、部屋に飛び散った血と髪の毛、室内の暗さも重要です。
沢村に思い込ませる点で、これらの総ての要素が大きいですね。

今回の展開、内容は勿論のこと、コマ割りや作劇が秀逸ですね。
沢村がようやく部屋を出て、そして次の『部屋』に辿り着いて、
そこで、再び別の『扉』に手を掛けたところで、過去の回想が。

その後に……。

これは圧巻でしたね。思わず震え上がって、絶句しました……。

そこから、今度は〝6月の蛙男〟の視点で描かれましたが……。
ここで、遥さんと将太くんが無事であるとわかったのが救いで、
勿論、殺人鬼が眼の前にいるのですから、安心はできませんが、
それでも最悪の結果になっていなかったのは良かったです……。

そして、やはりここでも、彼の〝判決〟が……。

遥さんにも「有罪」を下す殺人鬼。なるほどね。

異性との関係性という点では、被害者の小泉勤も連想しますし、
上原あけ美もそうでしたね。遂に6人目が捕まりましたね……。

コミックス第1巻の感想記事を思い返して、コミックスも再読。

巴亮介『ミュージアム』Vol.1(講談社 ヤンマガKC)参照)



・・・これは
裁判員(きみたち)
素材とした




6つで
ひとつの
作品
・・・・・・



・・・・・・・
ようやく
完成するよ



またひとつ
僕の
ミュージアムに
作品が並ぶ




『6つ』とは言うまでもなく『6人の裁判員』であり、
『6つでひとつの作品』が完成するのもわかりますが、
沢村もターゲットなのは、間違いないと思われますし、
だからこそ今回の擬装で更に精神を追い詰めた訳だし、
そもそも「僕には君が必要なんだ」と宣言してますし、
霧島が『表現者』なら、沢村が『観客』ということか。

沢村をすぐには殺さず、じわじわと苦しめていますが、
当然、遥さんは、6人目として殺すつもりでしょうね。



今までのテンポ感もさることながら、今のテンポ感も、
正反対であり、それぞれに魅力で、毎週唸らされます。
今の重い空気感とマッチしてますし、凄まじい緊張感。

途中から、毎週が最終回間近のようなインパクトです。
週刊連載で、こんな読後感が続く作品も珍しいですね。

いつものことで情けないですが、先が読めないですね。
関端さんの到着に期待、と毎週同じこと書くのもねえ。

ここでの救いは、上述の通り、妻子が生きていること、
そして将太くんの方は拘束されていない点でしょうか。

将太くんがここから脱出して関端さんか沢村まで……。
というのは甘すぎるでしょうが、一応は考慮してます。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/1815-7249b092
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top