日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『週刊ヤングジャンプ』新年2号(2013年12月12日発売号)にて、
フォビドゥン澁川先生の『パープル式部』が掲載!
しかも、今回は本編最終ページで次号掲載を告知!

次号、ナント載るげに♥

どれだけ感激したか。感激の瞬間! 一瞬の永遠!

と言う訳で、今回は安心して次号を待つことができたのでした。
2号連続掲載で、目次ページとアンケートに記載されてますし、
無論、アンケートハガキでも2号続けてプッシュしております。

それでは今回の感想を。

以下は今回の内容に触れた感想です。未読の方はご注意を……。

ちなみに、今までの感想記事は以下の通りです。

三度目の正直(2012.11.10)、

四度目の復活(2012.12.06)、

五度目の覚醒(2013.01.04)、

六度目の幻聴(2013.02.15)

七度目の僥倖(2013.02.24)

八度目の直撃(2013.03.19)、

九度目の究極(2013.03.31)、

十度目の重症(2013.04.28)、

2桁台NEXT DIMENSION突入。

11回目のパープルイノベーション(2013.05.25)

12回目の掲載で4コマ変化としきぶったー(2013.06.23)

13回目の掲載にして、週跨ぎの快挙再び(2013.06.30)

14回目の掲載にして、遂に記録更新で「三週連続掲載」!(2013.07.07)

15回目の掲載! コンティニューは続く!(2013.09.05)

16回目の掲載! 放置プレイから遂に復活!(2013.12.01)

17回目の掲載! 今回は次号予告で掲載告知!(2013.12.20)

狙った隙間は逃さない!

フォビドゥン澁川先生のハンティングタイム! 目指せヤンジャンジャック!
新年号からめでたく2号連続掲載! フォビドゥン澁川先生の革命が始まる!


20回突破、コミックス化に向けて、来年も変わらずに愛読して応援します。

げにだょ!!


またしても1コマ目から最高。

鼻毛真拳のあの作品のまんまやん。
バーバパパも連想しましたけれど。

2コマ目の美容師さんもフォビドゥン澁川先生らしい絵柄の(※←これが大切!)美人さん。

そして、3コマ目はお馴染みの枠に彼女の名前(年齢と『独身』の表記は欠かせない)。

かと思えば、彼女が手にしているカタログの女性は、先生のいつもの絵柄っぽくないと来てる。

全くニクイなあ。細部まで抜かりなく、こういう小技まで素晴らしい!
1コマ目とのギャップも自ずと引き立つバーリトゥード感が最高です。

1ページ目の柱文は勿論、上下の一文まで抜かりなし。
これもお約束。最早職人芸と言って差し支えない領域。
いつもながら担当様のセンスには脱帽。素晴らしすぎ。

愛読者には説明不要である本作のキャッチコピーから、
またしても担当様が不意討ちで決めちゃってくれます。

本来のキャッチコピーは『恋に恋する平安GAG♥』です。

以前にも変換ネタはありましたけれど、
今回は『鯉に故意する』で来ましたか。

もうこの時点でツッコミどころ(笑)。

柱文も容赦ないです。

連載前から番外編!?

来たよ(笑)。こういうの大歓迎です。
私みたいな読者は前向き且つ都合良く、
週刊連載化への布石かと解釈するよー。

そして、枠下の先生のクレジットの前の一文、
これがまた。とことんやってくれるなあって。

隙間が戦場!!フォビドゥン澁川

愛読者にはお馴染みですが、これで終わらないですしね。
柳沢慎吾ちゃん風の制止コールと共に次のページへゴー!

ページを捲ったら、タイトルページで更に畳み掛けだし。

代原ROCK!!
フォビドゥン澁川



パープル式部 サロン de 式部.

『パープル式部 米国編』でワールドワイドになってから、
身近すぎる(短すぎる)こっちに来るのがまたツボ(笑)。

ここで全米が半泣必至の漫画史に残る名台詞が来るなんて!

ニルヴァーナとカートコバーンがここで来るとは脱帽です。

盲点も盲点。こんな使い方アリかよと(笑)。最高ですわ。

今回も安定した面白さで、式部の顔芸も存分に愉しめます。
5ページ目、7コマ目の式部なんてもうニヤリの構図です。
ずっと愛読してきた読者には堪らない横顔と言えるカット。

毎度のことながら、今回もオチの破壊力が素晴らしいです。
菩薩のような優しい式部の表情と、客のギャップが最高よ。
何度読み返しても、この二人の表情の差には大笑い(笑)。

と、今回も大満足ですが、ここで油断をしないのが愛読者。

最後の一文に目を向けるのも、毎回のお約束ポイントです。
特に前回は次号掲載告知ですから、いつにも増して気愛が。

次はいつ載るかって?風に聞いてくれ!!

まるで我々に対する当て付けか挑発(長髪)状のような文。

来月末くらいには掲載されるであろうと期待しております。
無論、週イチ連載も大歓迎です。寧ろ、それこそ切望です。
どんなペースであれ、ここまで続いた事実が嬉しいですし、
フォビドゥン澁川先生とヤンジャン編集部さんに感謝です。
こうして回を重ねられたら、コミックスの期待も高まるし、
コミックス化されたら布教や宣伝もしやすくなりますしね。

ヤンジャンに真のBeautiful Lifeが訪れるまで、
私はアンケートと感想を欠かさず継続したいと思ってます。

来年もずっ友だょ!!
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/1807-1662cc7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。