FC2ブログ

日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

前回の第16回目の掲載が実に久々のことで、
目次にもアンケートハガキにも記載がなくて、
本当に代原枠滑り込み感が強かったのですが、
今回は第16回目からそこまでブランクなく、
目次にもアンケートハガキにも記載ありです!

今回の掲載時、実に前回のツイートから百日。
フォビドゥン澁川先生の公式ツイートで告知!

実に嬉しいじゃないですか! 感激でしたね。

これを書いている現在、既に次号も出ており、
周回遅れですので、書いても大丈夫でしょう。

上記の件に加えて、今回で特に感激したのは、
最終ページの巻末文に、次号掲載と明言あり!

次号、ナント載るげに♥

この一文にどれだけときめいたことか!!

フォビドゥン澁川先生を渇望する我々ヤンジャン読者にとって、最高の一文!

『月イチ連載という名の特別読切』とも言い切れない掲載ペースになったり、
不定期になってきた本作で「次回の掲載が公式アナウンスされている」感動!

いーじゃん! いーじゃん! すげーじゃん!

いいじゃない。代原だもの。バーリトゥード(なんでもあり)だもの!!

以前からずっと切望しているコミックス化も夢ではないと思っております。
無論、今回はアンケートハガキの選択肢にも記載されているので、即推し。
来年はフォビドゥン澁川先生の時代になるのではないかと期待してますよ。

と言う訳で、次号掲載の告知が何よりも嬉しかったですね。
ということは、いかに普段がやきもきかって話ですけれど。
そのくせ、本誌次号予告には載ってないのが何だかなあと。

今回ほど晴れやかな気持ちで書けたことはないかも(笑)。

ちなみに、今までの感想記事は以下の通りです。

三度目の正直(2012.11.10)、

四度目の復活(2012.12.06)、

五度目の覚醒(2013.01.04)、

六度目の幻聴(2013.02.15)

七度目の僥倖(2013.02.24)

八度目の直撃(2013.03.19)、

九度目の究極(2013.03.31)、

十度目の重症(2013.04.28)、

2桁台NEXT DIMENSION突入。

11回目のパープルイノベーション(2013.05.25)

12回目の掲載で4コマ変化としきぶったー(2013.06.23)

13回目の掲載にして、週跨ぎの快挙再び(2013.06.30)

14回目の掲載にして、遂に記録更新で「三週連続掲載」!(2013.07.07)

15回目の掲載! コンティニューは続く!(2013.09.05)

16回目の掲載! 放置プレイから遂に復活!(2013.12.01)

以下は今回の内容(本誌・新年2号掲載分)に触れた感想となります。

繰り返しになりますが、次号(発売中の新年3号)も掲載されてます!

さあ、巻き起こせ、パープル旋風! フォビドゥンレボリューション!

合言葉は「代原枠あるところにフォビドゥン澁川先生あり!」であり、
「ヤンジャンあるところにフォビドゥン澁川先生あり!」にしたいね。

げにだょ!!




1コマ目から最高。

なんだこいつ(笑)。



本作に欠かせないと言っておきながら欠かしても楽しめてしまった私ですが、
冒頭からバッチリ青木夏海ちゃん(29歳・独身)登場で、やっぱりニヤリ。
やっぱりしっくりきますね。彼女の隣の柱文がまた素晴らしくて吹きました。
と言う訳で、今回は王道の展開かなと。本作の王道って何だ、って話ですが。

3、4、5コマ目と、露天商やストリートパフォーマーが続けて出てきます。
当然ながら見逃せないニヤリポイントが。早速1ページ目からやってくれる。

泣きっ面に
メガネ

   パ

 全米が
    半泣!!

半泣かよ。号泣じゃないのかよ。



流石の掴みで、1ページ目からやられました。

1ページ目の柱文に続いて、次も凄すぎます。

毎度ながら、担当さんのセンスに脱帽(笑)。

「パっと咲かせる代原花火!」って、「花火」ってのがまた含みがあってもう。
花火は咲いた後が怖いじゃないですか。読者に向けてそれってのが流石ですね。

加えて、極太の柱文もリンパ。『盗作』のルビが『オマージュ』って確信犯よ。

本編以外にも冒頭からこうして楽しく、ツッコミどころ「しかない」のが最高。



式部自らが「省ページ」って。

おーい! ますます自虐ネタに拍車が掛かっているじゃない!
ページ数すらネタにしてみせるフォビドゥン澁川先生が最高。
一冊丸々本作、つまりコミックス(あるいは本誌そのもの)
それでジャックしてくれることがあって良いと期待してます。

今回は式部と夏海ちゃんの二人のやり取りで、
式部の顔芸レベルの豊かな表情の変化も流石。
初期を思い返すテイストで、ニヤリとします。

ああ、言うなれば、これが王道なんだよなと。
無論、王道だという認識の破壊も大歓迎です。
今までの全部が変化球だとも言えるし(笑)。

オチも私的に堪らなくツボ。ツッコミも良し。
そして式部のこの満面の笑みがもうね(笑)。

次号、ナント載るげに♥

と言う訳で、既にゲットしている次号の方も、
なるべく早く感想に着手したいところですね。

今年も来年もずっ友だょ!!
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/1798-aa6bcf58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top