日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
周回遅れの感想を書き終えるまで、次号を封印中です。

以下は今回の内容に触れた感想となります。ご注意を。
本誌未読の方は、是非とも本誌購読してアンケートを。

横田高志、じゃなくてマドカマチコ先生に清き一票を!

無論、今後も私はアンケートと感想を継続しますよー。

広げろ! マドカマチコ先生の魅力!!

『週刊ヤングジャンプ』で大絶賛連載中!!

最新コミックス第5巻大絶賛発売中!!

コミックス既刊第1~4巻売れ行き絶好調!!




『WxY ダブリューエックスワイ』に
かかる火の粉は

私が払う!




それでは、今回の感想を。以下はご注意ください。


高志が立ち直れない中、鷲尾ちゃんの出番が続いています。
鷲尾ちゃん大活躍編です。鷲尾ちゃん推しとして燃えます!

扉ページの鷲尾ちゃんが最高です。カッコ可愛いってのは、
今の彼女の為にある言葉ですね。この決意が良いんだよね。

鷲尾ちゃん最高!!

毎度ながら、サブタイトルと担当さんのアオリ文が最高で、
『媚薬』じゃなくて『鼻薬』なのも、なるほどなとニヤリ。

熱心に決死のドブ板マーケティングを続ける鷲尾ちゃんに、
改めて胸を打たれます。今の鷲尾ちゃんは本当に素敵です。

一冊の雑誌や漫画本ができるまで、それが読者に届くまで、
これだけの情熱と苦労があるのは忘れてはならないですね。
『編集王』や『重版出来!』でも描かれてきたことですが、
私も一人の漫画ファンとして、決して忘れてはならないし、
行きつけの書店での実際の会話を思い返し、共感しました。



今回は鷲尾ちゃんのお話でもあり、みんなのお話でもあり、
そして、ここで小松さんの出番が再び来るとはニクイです。

鷲尾ちゃんの熱は、確実に小松さんの心を揺らしています。
それもそのはず。小松さん自身がそんな熱血編集者ですし。
彼にとっては、鷲尾ちゃんは自身の過去を見ているようで、
ある意味、小松さんのお話でもあるのですよね。なるほど。
小松さんが少しずつ感化されていく描写も気に入ってます。

ザネリブレイクでイケイケゴーゴーヒロミ・ゴーになって、
喰種になって覚醒してみたリーサルウェポン淳一でしたが、
あのいけすかない淳一が(彼も同じ苦境に泣く人ですが)、
こうして、以前の小松さんの表情を見せるのは嬉しいです。

エレベーターの中の一件がとても印象深くて、大好きです。

小松さんの言葉に対して、拗ねるでもなく、怒るでもなく、
相手の言葉をちゃんと受け止めた上で、毅然とした態度で、
堂々と自分の言葉を伝える鷲尾ちゃんが最高。素晴らしい!

心の底から感動しました。思わず涙目になりました。

薬を受け取ってお礼を言う鷲尾ちゃんが最高に可愛いです。
そして、その後の小松さんの優しい顔も堪らなく好きです。

心あたたまる良いお話でした。漫画ファンとしても印象的。

小松さんも、鷲尾ちゃんと同じように汗をかいて足を使い、
必死になって作品を届けようとした熱血編集者でしたから、
この二人のこういった場面が見られて、本当に嬉しいです。

アドバイスと薬を受け取り、鷲尾ちゃんの更なる快進撃が!

……と思ったら、ああ!!



流石に疲労の限界だったか……。これは無理もないですね。
高志サイドの頼みの綱は彼女で、唯一と言って良い存在で、
一身に背負って戦ってきて、今まで頑張ってきた訳ですし。
ショッキングな展開で、鷲尾ちゃんが心配でならないです。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/1780-7397b75e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。