日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『東京喰種‐トーキョーグール‐』#104[瓦斯]  

白熱の展開で、ますます盛り上がるばかりです。

今の展開も燃えますね。毎週楽しみにしてます。

前回でも警告しましたが、懲りないバカが再訪。
お金を出さずに『無料』で読むなんて言語道断。
うちにはそんな情報や画像は一切ありませんよ。
毎週の本誌を購読して、知るだけですからねー。

相変わらず下らない検索語句で来る輩には辟易。
うちはそんな輩のアクセスなど要りませんから。
そういうクズは、アクセス拒否も考慮してます。
IPも全部残ってます。自分が損するだけよー。

作家さんや編集さんの利益に繋げてこそ、読者。
自分でお金を出して「買って」読め。基本だよ。

以下は今回の内容に触れた感想となりますので、
未読の方々は、くれぐれもご注意くださいませ。



ここが最前線。

境界線を越える戦い!

緊迫する戦線。

漫画界を喰らう衝撃!





               東京喰種
                トーキョーグール

石田スイ ishida sui

#104[瓦斯]



前回のサブタイトルは言葉遊美として秀逸で、捻ったものでしたけれど、
今回はそのまんまですね。読んで字の如く『ガス』とは、なるほどなあ。

もう読んで納得ですね。

今までにも『Rcゲート』や、
『Rc抑制液』は出てきたし、
その発展形として『抑制』の『液』ではない道具、
『抑制』する『気体』とは、唸らされましたねえ。

今までの描写、展開からしても充分すぎるほどフェアですからね。
読者なら思い浮かべて指摘して然るべき点でした。やられた……。

「CRcガス」

即ち「Control Rc gas」です。



ナキも案外しぶといです。流石は上位レート。

彼がこのしぶとさですから、鯱やドナートは、
当然それ以上ですね。実に恐ろしいですねえ。

ここでナキの魅せ場が来るとは。しかも熱い台詞だなんてね。
自ら盾になったこの行動はアッキーラにとっては勿論のこと、
ツッキーにとっても意外だったようで、巧い魅せ場でしたね。

そして、彼の根底にあるものが、ここで見えた気がしますね。

『孤独』で泣くより、痛くて泣く方が何倍もマシという言葉。

彼のヤモリに対する慕情と依存も相当なものでしたけれども、
なるほどね。『孤独』というのは彼の重要なファクターかも。
『コクリア』に囚われた日々だったから、尚更でしょうしね。

ともあれ、捨て身で仲間を守る姿は、敵ながら天晴れですね。

ヤモリを慕っている割りには、情に脆いのが味だと思います。
こんな側面が見えると、また彼に対する見方も違ってきます。
当然ながら、彼も13区の〝喰種〟だとはっきりしましたね。

そこから『赫子』を封じられても、尚も反撃してくるとはね。
アッキーラに負けるどころか、逆に噛み付くとは、やるなあ。

そこに亜門さんの渾身の一撃が決まりますが、同じ『甲赫』。
アッキーラが言うように、ここで『鱗赫』があればねえ……。

と言う訳で、勝負はある意味引き分け、お預けといった展開。

月山の一言も味わい深かったですね。カネキくんへのそれも。

〔CCG〕としては、〝美食家〟に遭遇したのが収穫であり、
素顔まで暴けたら良かったですね。こちらも今後に期待です。
「アオギリの樹」の構成員と月山が同行しているという事実、
これも〔CCG〕にとって大きな収穫もであり、脅威ですね。

冒頭から月山の言葉が続きましたけれど、これは頷けますね。
同じ懸念をしている読者も少なくないはず。脆さが不安……。

余談ですが、山積みになった白骨からは『月風魔伝』を連想。
ファミコン世代じゃない人は置いてけぼりのネタですけれど。



一方、月山が気にかけるカネキくんは……。

最早、自我を失った暴走状態で、「暴れる赫子」と言える状態ですね。
篠原さんが不利かなと前回の感想でも書いたのですが、奮闘してます。

磯山さんの台詞は『赫者』のおさらいといったところです。ニヤリと。

伊庭さんが「尾赫使い」のベテランだとわかったのも大きな収穫です。

そして捜査官殺し「オニヤマダ」についても言及され、なるほどなと。

本誌だけ通読してコミックスは未読、という方にはオニヤマダは初で、
ここで知る訳ですね。と言う訳で、オニヤマダとアラタの姿が登場!!
コミックス第8巻の内容は本誌には無く、加筆された部分ですからね。

ただ、ここで一つ引っ掛かったのが、以前から触れている『骸拾い』

どうも温厚且つ穏やかに潜んで生きてきたお父さんと、
好戦的な『赫者』とは結び付きにくい印象があります。

これも抗えない〝喰種〟としての血ということか……。

[キリシマ]ではなく[アラタ]なのも引っ掛かって、
どうもミスリードと後出しの感が残る設定だと感じて、
今までに何度も言及してきた点ですが、これで終わり。

こうして明言された以上、納得する他ないですからね。

私的には、本作で唯一と言って良い違和感ですけれど、
今回語られた篠原さんの過去が、どこかで描かれたら、
なんてふと夢想したりもしました。篠原さんも大好き。

逆に言えば、トーカちゃんとアヤトくんには優しくて、
良い父親で在り続けた訳ですから、実に切ないですね。
家庭の外と中で、これだけギャップがあったとは……。
そう思うと、違和感が本作の根幹を貫く悲哀に繋がり、
実に味わい深いですね。また再読して浸りたいですね。
地面に頭を擦り付けて石田先生にお詫びします(笑)。

余談ですが、「骸拾いのアラタ」は単純に格好良くて、
『銃夢』のガリィを連想したりもして。良いデザイン!
顔面のそれぞれの装甲の合間が笑みにも見えて秀逸で、
この辺りは仮面ライダー王蛇を連想したりもしますね。

そして、続く磯山さんの言及にまたも、なるほどなと。

有馬さんが『派手』で『豪華絢爛』だとするならば、
篠原さんは『地味』な『しぶとさ』の『いぶし銀』!

どちらも好きですけれど、ますます篠原さんが好きになります。

ヒキの一撃と、あの一言も、私的にとても印象深いところです。

そして、初期から触れてきたように「敵と力の源は同根」であること、
『赫子』と『クインケ』について言わずもがなですが、ここでも……!



かつての敵(クインケ)」を
()って



「新たな敵」を
打ち砕く




この一言には唸らされましたね。
強敵を常に乗り越え続けた彼と、
弱肉強食と食物連鎖の悲哀……。

正に通奏低音である要素を痛感。



纏めようと思っていたら『東京喰種週報』でしっかりと纏められていましたが、
それぞれの戦局も、ここで明暗がはっきり、あるいはお預けで一区切りですね。

カネキ(半赫者)×篠原幸紀特等
磯山重司上等/車谷東吾一等

シロ/クロ×鈴屋什造二等

月山/ナキ×亜門鋼太朗上等/真戸暁二等

万丈×エト



目下最大の焦点はカネキくんと篠原さん、万丈さんとエトでしょう。
そして、「逃げた医者」を頼って逃げ惑うクロナの姿が何とも……。

決着がついて重傷という意味では万丈さんとシロクロ姉妹が心配で、
こちらを何とかするのが急務ですね。緊迫した状況は依然続きます。

逆に言えば、什造とエトの動向も気になるところ。どこに向かうか。

あの調子だと、エトも什造の過去を知っているかもしれませんねえ。
この二人が出逢うのも私的には楽しみであり、怖くもあります……。

エトもシロクロ姉妹のように嘉納教授の手術を受けた存在だったら、
などとまた根拠の無い憶測が浮かんでしまったり。いつもの愉しみ。

■BGM&Inspired by...

CHIHIRO
『Change Myself』

Gargoyle
『NO GAS』
『懊悩の獄』
『ALGOLAGNIA』
『人間の条件』

ROUAGE
『エゴノカタマリカタマリノエゴ』

Laputa
『泥〜IN BOG…IN WORST〜』
『硝子の肖像』
『舌』
『針の筵』
『ALKALOID』
『ケミカルリアクション』
『裂かれて二枚』

DEAD END
『Embryo Burning』
『Sacrifice Of The Vision』

BUCK-TICK
『MONSTER』
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/1762-e26c7dde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。