FC2ブログ

日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

感想が周回遅れギリギリだなと思いつつ書いていたら、
なんと、書きながら寝てしまっていました。あちゃー。

以下は今回の内容に触れた感想となります。ご注意を。
毎回、サブタイトルがそれに触れているのはご愛嬌で。


前回でミッチが仮面ライダー龍玄になり、
今回も彼について深く掘り下げられた回。

そして、みんなが待ち焦がれていた復活!

前回の感想でも触れた通り、戦意喪失している紘汰くんに代わり、
ここでチーム凱武に新たなるアーマードライダーが誕生したのは、
大きな事実ですね。紘汰くんや舞ちゃんが戸惑うのも当然ですが。

そして、これも前回の感想で追記して触れていたことですけれど、
やはり、あの謎の少女がミッチに問いかける場面がありましたね。
彼女はアーマードライダーとなった者全員が漏れなく出逢うはず。

中でも特に気になっていたのは、ミッチがどうやって出逢うのか。

森に足を踏み入れた紘汰くんや戒斗くんとはまた違いますからね。
今回のケースではどうなるのだろうと、そこが気になってました。
ミッチが森に行く理由もないし(せいぜいロックシードくらい)、
謎の少女がこちらの世界に来るのが濃厚かと(第1話のように)。
そう思って期待してもいましたけれど、これにはやられたなあと。

なるほど、夢の中で出逢うだなんて! 実にニクイ演出ですねー。
非常に緊迫したシビアな状況で、幻想的な場面になるとは秀逸で、
ロマンチックで良いなあ、これは良い手だなあと思ったのでした。

戦極ドライバーで変身した者の意識化に働きかけられるのならば、
直接出逢う必要もないということで、これは意識しておこうかと。
今後登場するアーマードライダーも、このケースがあるでしょう。
これは戦極ドライバーやロックシードに起因するというよりかは、
彼女の能力と見る方がしっくり来ると思いました。今後も要注目。

森があり、果実が実り、それを手にした者たちへの問いかけ……。
そして、あの異世界の名は『ヘルヘイムの森』!? なるほどね。
『ユグドラシル』と並び、ここにも北欧神話からのネーミングで、
『高く』伸びた木に実る果実を『司る』少女だとするならば……?

開始当初に書いたように、冗談抜きで『アダムとイヴ』にも……?
本当にそこまで踏み込むのではないかという気さえしてきますね。
『月刊ヒーローズ』で連載中の『双翼のギフト』も連想しました。

こちらについては後述します。まずは本編の流れに沿って感想を。



謎の少女の問いかけに答えるミッチ。純粋で強い想いが赤裸々に。
ダンスやチームのことだけではなく、こちらの面も要注目ですね。
夜の水面に光が照り返す演出。幻想的且つ神秘的で良かったです。

続いて『現実』の場面に。チーム鎧武の場面で、良い構成でした。
東西南北それぞれのステージ、現在の戦況と連合チームの構成も、
黒板とミッチの台詞で、わかりやすく纏められたのは良いですね。

チーム鎧武も、チームバロンに加われば戦わずに済むという案も。
チーム内の会話でこういうところに自然と触れられるのも良いし、
それに対するミッチの答えも、やはりそう甘くはないですからね。
視聴者も抱くであろうことをこうして触れられるのも、巧い構成。

チーム鎧武のメンバー全員が今まで通り自分らしく踊りたいなら、
飽く迄も『戦う』こと、そして『居場所を守る』ことが必要だと、
ここでも改めて強調されました。おさらいと駄目出しの場面です。

つくづく『ダンスチーム』という設定は、良かったと思いますね。
正直、個人的にはダンスに対する興味や関心は薄いのですけれど、
『子供の縄張り争い』を描く上で、実に適している設定だと痛感。
ストリートパフォーマーと街の縄張り争いとは、わかりやすいし、
私の世代だとヤンキー。東映さんの作品としても良い系譜(笑)。



続いて、チームバロンの場面へ。敗北した城乃内くんが登場です。
この場面も見事な演出でした。とても気に入っているところです。
戒斗くんの台詞に、そしてトランプを使った魅せ方が最高に巧い!
絵柄がちゃんとフルーツなのがニクイ。小道具さん、凄いですね。
特撮者なら『仮面ライダー剣』も連想したオイシイ場面でしたね。

「例えば、こういう有様が嫌いなんだ」

手から落として、散らばったトランプ。

「弱い奴ばかりが幅を利かせて、誰が強いのかはっきりしない」
「最悪だ。見苦しくて虫唾が走る」

「弱い奴は着えろ。……とまでは言わない」
「収まるべき場所に収まっていれば、それでいい」

「だが、枠に収まらず食み出した奴は、ただの弱者じゃない」
「今はまだ弱いってだけだ。こいつらにはまだ先がある」

「チーム鎧武。ああ、確かに見所のある連中だよ」

「だからこそ、俺と戦う羽目になる」


いつもながら、戒斗くんの台詞は強烈で、とても印象深いですね。
力への執着。何より勝つこと。媚びずに、群れずに強く在ること。
彼の一貫した想いが、ここでも強く伝わります。良い対比ですね。

そして、この場面と、その次の場面の城乃内くんがまた重要です。

戒斗くんの言葉に憤りを抱え……。ここで『策士』の出番ですね。



初瀬ちゃんを上手いこと唆しました。この辺りは、流石ですねえ。
そして、次の台詞こそ重要。彼らも当然そう思うよね。来たぞー。

「やっぱ俺たち、まずは戒斗の奴と対等に張り合えるだけの算段を付けないと、ヤバイよね♪」

同じ力さえあれば、自分もアーマードライダーに変身できればと、
この二人もずっと忸怩たる想いだった訳で、いよいよ来ましたね。

いよいよかと視聴者の誰もが思った瞬間、二人のすぐ後ろに……!

邪悪な笑みを浮かべるシド。

タイミング良すぎ。これ以上ないタイミングで最高の流れですね。

波岡さん最高。堪りません。

ある時はデモンナイト。ある時はライオン丸Gの獅子丸ちゃんで、
その正体は、胡散臭さ全開の怪しい錠前ディーラー。今回も最高。
特撮者には説明不要、「安心と信頼の波さん」。波さん最高です。

この振り返り方、その前後の表情。そして、あの笑みが最高です。
もう何度繰り返して視直したことか(笑)。波さん最高に良いわ。
飄々としつつ、時折見せるあのいやらしい表情(誉め言葉です)、
やっぱり波さん良いわあ、と毎週ニヤニヤしながら堪能してます。
本作としては違う意味で安心できない役柄なのがまた良し(笑)。

真面目な話、「虎視眈々とオイシイところを狙う」のは同じでも、
この二人の『子供』より、更に上手なのが『大人』のシドですね。
こちらもまた良い対比であり、だからこそ、この場面は重要です。

「自分の思い通りに事を進めてやる」とほくそ笑んでいる彼らが、
それこそがシドの「狙い通り」という皮肉な構図
が、浮き彫りに。

既にシドの掌で「踊らされている」ことに気付いてもいない現実。

敢えて軽めに描かれたのも良かったし、より皮肉に見えますしね。



続いて、舞ちゃんの場面です。ひたむきな姿勢が実に愛らしくて、
彼女の今後にも期待しております。友美ちゃんも良い配役ですね。

ヒロインらしく、彼女もまた『巻き込まれる』一人ですけれども、
それに対して自分で何とかしなくてはと強く想うところが素敵で、
ありそうでなかったヒロイン像になってきていると感じています。
この点も含めて、ダンスチームという設定は良かったと思います。

ミッチ、チームバロン連合チームの面々が描かれた後で、彼女が。
ここで舞ちゃんと紘汰くんの場面が来るという構成も好きですね。

ミッチがアーマードライダーになったことで、紘汰くんも懸念を。
ここで二人は彼について話を……。一連の流れが良い味わいです。
どこで戦極ドライバーを手に入れたのかという当然の疑問も触れ、
こちらはニヤリと、あるいは人によってはもどかしいところかと。
紘汰くんはシドから戦極ドライバーを直接受け取ってない事実が、
彼だけは森で手に入れたという事実が、ここで響いてきています。
言うまでもなく、本来なら、裕也くんが受け取るはずでしたしね。

「ねえ、紘汰。あたしもミッチもね、本気でダンスを続けてるの」

「だから、自分たちの居場所を守る為に、戦う覚悟だってできてる」

「自分の為に、自分の都合で戦ってるの」

「それが、紘汰との一番の違い」


改めて強調され、舞ちゃんの口から触れられた場面で印象的です。
この二人の場面の会話が、今回の魅せ場に最高の形で活きる感動!
つくづく丁寧で素晴らしい脚本だなと。毎回ときめいております。
そう、本作の構成については、『丁寧』という印象が強いですね。
一つ一つのこと、一人一人の想いが丁寧に描かれていて好きです。

そこに舞ちゃんの元に着信が。チャッキーからの報せに驚愕……。



チームバロンからの挑戦。いよいよ、仮面ライダーの出番ですね。

ミッチと対峙する戒斗くん。そして、城乃内くんと初瀬くんの姿。
この場面の城乃内くん、何気にポーズがウラタロスのまんまです。
仕草も眼鏡もそのまんま。狙ってやったのでしょう。ナイスです。


紘汰くんが不在の中、二人のアーマードライダーが向き合います。
お互いの台詞が印象的で、それぞれに彼らしい言葉だと思います。

ここで仮面ライダーバロンがロックシードを二つ取り出し、開錠。

インベスを召喚して、しかも完全に実体化! これは驚きました。

「インベスが、完全に実体化してる!」

「勉強不足だな。これも戦極ドライバーの能力だ」

なるほど、アーマードライダーの開錠なら実体化させられるとは。

私も勉強不足でした。

ネタばれはするのもされるのも大嫌いで、なるべく予備知識なく、
本放送を味わいたいスタンスですから、これで良いのです。正解。
特に今年は、雑誌も敢えて読まないで(発売日には買いますが)、
後から読むくらいでちょうど良いかなと思っているくらいですし。
新着情報の鮮度は気にしてません。本放送の感動が最重要なので。

三対一だと流石に分が悪く、当然ながら劣勢を強いられるミッチ。

勝つ為に容赦しない戒斗くんの姿勢が改めて伝わってくる場面で、
チーム同士のインベスゲーム以外でも、インベスが活かせるのは、
なるほどなあと。ロックシードの使い方に、更に幅が拡がります。
ロックシードが『召喚』の道具であると、改めて実感できました。
そして、あの結界から改めて『縄張り』と『境界線』も痛感です。

「今更のこのこやって来たか、葛葉紘汰」
「力に背を向けたお前に用はない」
「腰抜けは腰抜けらしく、そこで指を銜えて見ているがいい!」

仮面ライダーバロンに向かって、突進していく紘汰くんでしたが、
見えない壁に弾かれてしまいました。なるほど、結界ですか……。
これは今までのインベスゲームからしても、理に適っていますし、
インベスゲームの時に対して、内と外の反転と言える構造ですね。
正に当事者と部外者(戦う資格のない者)との『境界線』であり、
隔離したバトルフィールドでもあり、特撮者にはお馴染みですね。
本作らしく換言するなら、『リング』と言ったところでしょうか。
これはなるほどなと。本当に見ていることしかできない状況です。

「逃げろミッチ! お前一人じゃ無理だ!」

「負けられない。紘汰さんが、舞さんが、見てる!」

「なんで逃げないんだよ……。勝ち目ねえぞ!」

「きっと、紘汰が見てるからだよ」

「俺が!?」

「ミッチは、紘汰に憧れて、励まされて、だから強くなろうとしているんだよ」

「そんなミッチが紘汰の前で、弱音吐ける訳ないじゃない!」

「俺が……あいつを……強くした」


三対一の苦境の中で、ただ打ちのめされ続けるミッチ。
そして、それを見ていることしかできないチーム鎧武。



「ベルトだ」
「舞! ベルトをくれ!」

「紘汰! それは……!」

「違うんだ、舞! 今度こそ俺の為だ」

「紘汰……」

「俺は俺自身の為に戦う。その為の力が欲しい!」



「……わかった!」

「駄目だ紘汰さん! あなたにはもう、戦う理由なんてない!」

「あのベルトは俺しか使えない。俺にしかできないことをやり遂げる為の力!」

「俺はそいつを引き受ける!」


そんな彼には吹っ切れた清々しい笑顔。
そこには、もう迷いなどありませんね。

「そいつがきっと、大人がよく言う『責任』ってやつだろ!」

「紘汰! ミッチをお願い!」

投げられた戦極ドライバーとロックシード!

「ああ!」

「変身!」

『オレンジ』

ロックシード開錠!

「だぁっ!」

オレンジロックシード装填完了!

『ロック・オン!』

変身待機音。葛葉紘汰の戦線復帰を高らかに告げるかのような法螺貝の音。

決断の時。カッティングブレードを作動! 今こそ、ヒーローの変身の時!

『ソイヤ!』

『オレンジアームズ! 花道オンステージ!』

遂に紘汰くんの変身! 今度は他の誰の為でもなく、自分自身の為に!
もう誰も仮面ライダー鎧武を止められない! 待ってたよ、紘汰くん!

怒涛の勢いで突進! 駆け抜けて、そして『境界線』を拳でぶち破る!

これぞ、正しく「仮面ライダーは境界線を越えられるヒーロー」です!
田崎竜太監督が10年前に仰ったお言葉を改めて強く感じております!

木っ端微塵に砕ける結界。そして眩い煌きの中に仮面ライダー鎧武が!

正しく仮面ライダー鎧武の花道オンステージ! 心から燃える名場面!

「ここからは俺のステージだ!」


仮面ライダー鎧武オレンジアームズ、出陣!!

チーム鎧武、ダブルライダー出陣!!

「やはりな。弱さの枠には収まらない奴」

この台詞も非常に印象深いですし、紘汰くんをある程度認めている証。
しかし、台詞は当然ここで終わりません。辛辣な言葉はまだ続きます。

「だが、貴様らはこのベルトを持て余している」
「力を示し、弱者を支配する、強さを求める意志がない!」

「違う! 強さは力の証明なんかじゃない!」


激しくぶつかる仮面ライダー鎧武と仮面ライダーバロンの一騎打ちが!

「強い奴の背中を見せていれば、心砕けた奴だって、もう一度立ち上がることができる!」

この言葉とは、ミッチを強くした紘汰くんのことだけには留まらずに、
彼の勇姿を瞳に焼き付けた紘汰くん自身も正にそうで、良い台詞です。
同じチームの仲間であることが痛感できる名台詞であり、大好きです。

「誰かを励まし、勇気を与える力! それが本当の強さだ!」

ここで突進してきた仮面ライダーバロンに対して、拳一つで受け止め、
そして倒してみせるなんて! 最高に格好良いです! これは燃える!



「紘汰さん! これ使ってください!」

『イチゴ』

『ロック・オン!』

『ソイヤ!』

『イチゴアームズ! シュシュっとスパーク!』

仮面ライダー鎧武イチゴアームズ、出陣!!

個人的にイチゴは好きな果物で、番組開始当初から出ていましたので、
とても期待していたところです。ここでアームズチェンジは感激です。

変身を途中で邪魔する仮面ライダーバロンさん。彼らしいなと(笑)。
特撮のお約束を破る展開。村上社長と三原くんを思い返したりもして。


仮面ライダー鎧武のベースカラーに対し、あの赤々とした煌きが最高!
仮面ライダーバロンのベースカラーともまた違うメタリックレッドで、
宇宙刑事シャリバンや仮面ライダーカブトに憧れた者としては、灼熱!

装着直前の展開も、今までとは違う分割でアシンメトリーなのもツボ!

メインカラーに対して、先端の色が良いアクセントなのは相変わらず。
こちらも、それぞれのフルーツでとても気に入っているところですね。

まるで水を得た魚のように、と言うより赤き血が熱く燃え滾るように、
一度は戦意喪失した紘汰くんが見違えるように大活躍! 堪りません!
しかも、チーム鎧武はこれにてダブルライダー結成ですし! 燃える!

「さあ! 行くぜミッチ!」

「はい!」

「シュシュっと!」で『忍風戦隊ハリケンジャー』連想してニヤっと。
これもまた特撮者なら当然のポイント。つくづくオイシイ構成ですね。

「決めるぞミッチ!」

『ロック・オン!』

『ブドウスカッシュ!』

『イチ・ジュウ・ヒャク・イチゴチャージ!』

クナイバースト!

ドラゴンショット!


飛び道具コンビで見事インベス二体を撃破。チーム鎧武の見事な勝利。
これで三対一から一気に二体一という大逆転で、燃える展開で大満足。

と思いきや……! ここで、あの二人が登場。これはやられましたね。

毎回毎回よくもまあってくらい新要素の連発で、唸らされていますが、
今回も間髪入れず。しかも、大逆転した直後にこれですもんね。最高。

「二体一は流石にまずいっしょ、リーダー?」
「見損なってもらっちゃ困るねぇ」
「俺たちもそうそう捨てたもんじゃないんだよ!」


彼らもまた戦極ドライバーを! チーム鎧武が驚くのも無理はないし、
こちら側もダブルライダー、いえ、トリプルライダー集結の流れとは!

「『男子三日会わざれば活目せよ』ってなあ!」

「「変身!」」

『ドングリ』
『マツボックリ』

『カモン!』
『ソイヤ!』

『ドングリアームズ! ネバーギブアップ!』
『マツボックリアームズ! 一撃インザシャドウ!』

仮面ライダーグリドンドングリアームズ、出陣!!
仮面ライダー黒影マツボックリアームズ、出陣!!


購読している『東映ヒーローMAX』に載っていて驚きましたが、
それでも、本編でのこの登場はインパクト絶大ですね。凄い展開。
やっぱり雑誌は買ってすぐに読まない方が吉だと痛感した本年度。

この時のそれぞれのリアクションも、はっきりと差がありますね。
戒斗くんは実に落ち着いたもので、余裕すら窺えるのが流石です。

新たなるアーマードライダーについては、今後の展開を見ながら、
改めて書こうと思っています。……と思ったら、次回で更に登場。
いやはや、本当に落ち着かせない展開で堪りません。燃えますね。
まだ1クール目の半分程度なのにこの勢いですものね。凄いなあ。

一つ書いておくと、カッティングブレードを倒す動作が良いなと。
今までのみんなと違った勢いで、しかも、下から振り上げるとは!
上からマリコならぬ木の実で、下からドングリマツボックリ作動。

そして、ラストは高虎兄さんとシドの場面。遂に二人揃った場面!
本作のアイテムからも、前々からこの二人の場面が楽しみでした。
やはり貴虎兄さんから、データの収集と監視を任されていた訳で、
シド以外にも同じ役割の人物がいるのか、そこも気になってます。
貴虎兄さんの「お前に任せてある」という台詞はありますけれど、
どの程度任せているか、そして別のミッションもありそうだなと、
謎だらけのこの二人からは、色々と想像が膨らんで愉しめますね。

「テストに用意した戦極ドライバーは六機
「うち五機までがオーナーを決めている」
「短期間の仕込みにしちゃあ、いいペースだろう」

「ただのモルモットに過ぎない連中に、
時空間転移の手段など与えてどういうつもりだ」
「予期せぬ事態に至る危険がある」

「案外あんたよりも先に、あいつらの誰かが、
ヘルヘイムの森の謎を解いてくれるかもしれないぜ」

「馬鹿な。有り得んよ」

ベルト装着者の名簿。見るかい?」

「必要ない。連中の監視はお前に任せる」

「へいへい」

車から降りたシド。ここからは別行動となります。
そして、車が走り過ぎ去った後に、彼の笑み……。

「そうかあ。任されちゃってますか~俺」

「たられば」は無意味とわかっていても、気になるところですね。
名簿を貴虎兄さんが見ていれば、また展開は変わったのかなあと。

毎度のクセで反応したので書くと、車のナンバーは361ですね。

さて、ちょっと触れて後述しますと申し上げておいた点を以下に。

戦極ドライバーはユグドラシルコーポレーションが造ったもので、
ロックシードはヘルヘイムの森で実った果実であるという関係性。
前者は明らかに『造られた』道具であり、力の象徴でありますが、
後者がどの程度人為的に手が加えられたのかも気になっています。

劇中の描写であったように、木からもぎ取っただけ果実が変化し、
そのままロックシードになって、使用可能になっていますからね。
番組開始前は、てっきり『改造』なり手が加わっているものかと。

大前提としてヘルヘイムの森そのものがそうだと見るのが自然か。
だからこそ、ユグドラシルコーポレーションが立ち入る訳ですし、
以前の感想にも書いたように、ある意味で『実験場』でしょうし。

「ヘルヘイムの森の謎」を調査して解き明かすのが彼らの目的で、
それが何なのか。そして、その先に何が起こるのか、戦々恐々と。

周回遅れどころか、更に書きながら長々となってしまいましたね。
と言う訳で、今回はこの辺で。第6話の感想も着手したいですね。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/1752-235700fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top