日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『BLEACH』554.Desperate Lights  

いよいよ反逆開始といったところです。
そうなると敵も黙っているはずもなく、
と言う訳で、怒涛の展開で良いですね。

以下は今回の内容に言及した感想です。
未読の方は、ご覧になりませんように。



何かもうバンビちゃん祭りでしたねえ。
厳密にはバンビちゃん&ワンちゃんか。

前回の感想で触れた通り、当然の如く『完聖体』で、
反撃開始の流れから、再び滅却師のターンでしたね。

途中で久々に平子の出番があったのはニヤリでした。
台詞まで鏡文字どころか上下左右反転とはニクいね。
久々の『逆撫』に思わずニヤリで、燃えましたねー。

冒頭で触れたように、今回は正にバンビちゃん祭り。
バンビちゃんの台詞が、正に総てを物語ってますね。

元々あたしたちの
力じゃないものが
手元から無くなった
くらいで
動転しすぎなのよ

どいつも
こいつも



滅却師(クインシー)
完聖体(フォルシュテンディッヒ)

使えなかったの
よね

これ

卍解持ってる間は
卍解がジャマしてさ

感謝
してるわ

この力を

使えるように(・・・・・・)
してくれて(・・・・・)


死神たちが「満を持して卍解を取り戻した」展開なら、
滅却師も「満を持して真の能力を解放できる」展開で、
お約束の流れで、これにて良いバランスだと思います。
五分五分ではないでしょうし、まだ不明瞭ですけれど、
燃える戦いになるのは間違いないでしょうから、期待!

恒例で続けた『星十字騎士団』のAからZの一覧表も、
ここで一斉に『滅却師完聖体』が発現となったら……。
また一からレイアウト面を見直して書き直す展開かと。
こういう手間暇は大好きですから、大歓迎です(笑)。

現時点では、キルゲしかお目にかかっていませんから、
キルゲの変貌から姿を推測するしかないのですけれど、
あのジョジョのスタンドみたいな瞳は気に入ってます。

と言う訳で、書き直す前の一覧を載せておきましょう。

:ユーハバッハ 星章化:残火の太刀(山本元柳斎重國)
:石田雨竜(“A”の後継者)
B:ユーグラム・ハッシュヴァルト
C:???
D:アスキン・ナックルヴァール
E:バンビエッタ・バスターバイン 星章化:黒縄天譴明王(狛村左陣)
F:エス・ノト “F”恐怖(The Fear) 星章化:千本桜景厳(朽木白哉)
G:リルトット・ランパード
H:Bazz-B(バズビー)
I:蒼都(ツァン・トゥ) “I”鋼鉄(The Iron) 星章化:大紅蓮氷輪丸 (日番谷冬獅郎)
:キルゲ・オピー “J”監獄(The Jail) 滅却師完聖体:『神の正義(ピスキエル)』 死亡
K:BG9(ベー・ケー・ノイン) 星章化:雀蜂雷公鞭(砕蜂)
L:???
M:???
N:???
:ドリスコール・ベルチ “O”大量虐殺(The Overkill)
星章化:黄煌厳霊離宮(雀部長次郎忠息) 死亡
P:ミニーニャ・マカロン
:ベレニケ・ガブリエリ “Q”異議(The Question) 死亡
:ジェローム・ギズバット “R”咆哮(The Roar) 死亡
S:マスク・ド・マスキュリン
T:キャンデース・キャチップ
U:ナナナ・ナジャークープ
V:???
W:???
X:???
:ロイド・ロイド(兄のLoydと、弟のRoyd) “Y”貴方自身(The Yourself) 死亡
Z:ジゼル・ジュエル

?:シャズ・ドミノ

ふと思ったのですが、死亡した死神の卍解はどうなるのでしょう。
雀部副隊長を倒したドリスコール・ベルチも既に死亡しましたし、
他方では、山じいの卍解はユーハバッハが手に入れましたが……。

こういう展開になると「最初から卍解を奪わずに完聖体で倒せば良い」などと、
全く面白味のない批判をする輩が出てくるでしょうけれど、それはナンセンス。

しっかりと説明され、描写もあって、その上でお互いがこういう展開ですから、
作劇としてはフェアですし、『仮面ライダー』で例えると実にしっくりきます。

言うなれば『仮面ライダー555』の村上社長の仮面ライダーデルタであって、
劇場版『仮面ライダーウィザード』の仮面ライダーソーサラーみたいなもので。

敵に能力を奪われて窮地に貶められる→奪い返して反撃開始→敵の本領発揮はお約束です。

敵の卍解(変身ベルト)を奪い、奪い返されて怪人態(完聖体)だと思ったら、
至極当然の流れです。何らおかしくはないし、その形態を見せない方が不自然。

ついでに書くと、「力を奪われたら、俺が奪い返す!」というのは、
正に『仮面ライダーアギト』のクライマックスで燃えた展開ですね。

……という例えと擁護が適切なのかどうかはわかりませんが(笑)、
私的にはとてもしっくりきているし、気に入っているということで。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/1727-8f600222
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。