日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『極黒のブリュンヒルデ』第76話 特別な少女  

一難去ってまた一難。途切れることのない緊張感も本作の魅力です。
本作は鎮死剤の問題があり、常に死へのカウントダウンが途切れず、
その恐怖が付き纏い続けるので尚更です。と言う訳で、その問題が。

以下は今回の内容に触れた感想となってます。未読の方はご注意を。



『週刊ヤングジャンプ』で大絶賛連載中!

コミックス第6巻、発売中!!

アニメ化企画、進行中!!




極黒のブリュンヒルデ

第76話 特別な少女


本作は所謂扉ページが存在せず、1ページの1コマ目から本編です。
毎回がその構成で、本誌購読者には言うまでもないことですけれど、
今回の1コマ目で改めて感じました。コミックス化が楽しみですね。
1冊ノンストップでシームレスな構成になるので(章題は例外か)、
賛否両論あるかとは思いますけれど、私的には慣れたのでアリかな。

まずは、所長と、囚われた小鳥ちゃんの場面から。

読者の誰もが漲る緊張感と共に一週間待った場面。
しかしながら、ここはひとまずお預けのようです。

続いて、我らが良太くんの場面に。

小五郎さんにシリンダーの件を質問した時、
小五郎さんのコマで、瞳が印象的でしたね。
この一拍があるのが非常に重要な点ですね。

そう言えば、このシリンダーの問題がありましたね。
ヘクセンヤクトと通話して、もう一回話を話をする、
ということは予想していましたけれど、なるほどね。
確かに交渉のネタがないことには、難しいですしね。

我ながら自分の頭の悪さに呆れます。再読しなきゃ。

ヘクセンヤクトの女の子と無事に通話ができました。
そして交渉も見事成立。これぞ良太くんの出番です。
魔女との直接の戦闘は、彼では到底無理ですからね。
寧ろ、その前後、そして少女たちのフォローこそが、
彼の魅せ場ですし、ヒーローであり、王子様っぽい。

返す返すも、魔女が全員女性で、このメンバーとは、
青春の純愛ストーリーとしても良い組み合わせです。



かくして、良太くんはヘクセンヤクトと受け渡しを。

と思いきや、結局女の子たちも同行することに……。

初菜ちゃんの台詞じゃないですが、少し意外でした。
尤も、続くカズミちゃんの台詞通りでもありますし、
やっぱり、みんなの力を合わせるのがベストかもね。

私的には佳奈ちゃんの「しゃーない」も意外でした。
「仕方ないわ」かと思えば、案外砕けた口調ですね。

この時の彼らの決断が吉と出るか、凶と出るか……。

ともあれ、佳奈ちゃん以外は同行して、四人で出発。

次の場面も含めて、小五郎さんは頼りになりますね。
サポート要因として実に頼もしく、好感度もアップ。
勿論、胡散臭くミステリアスな彼も好きですけれど、
和服も含めて、人間らしい彼もまた良い味だなあと。

ここで新たな登場人物であるミヤコさんが登場です。
なるほど納得。和服がよく似合う美人さんですねー。
佳奈ちゃんが家政婦さんと一緒で、ほっとしました。



そして、いざ約束の場所へ――!

廃工場と見聞きするだけで、特撮者としてツボです。
さて、そんな待ち合わせ場所。やっぱり、ここかと、
読者なら誰もが気付いて思い返したところでしょう。
以前にシルエットだけで登場したヘクセンヤクトが、
集まっていた場所こそ、良太くんが立ったこの場所。

まずは一人で先に乗り込んだのは正解だったかなと。

でも「何かあったら頼む」とは言え、何かあっても、
イニシャライザーがいるのが、ネックなんですよね。
それでも、頭数がこれだけ揃っているのは大きいし、
ヘクセンヤクトとは、まだ話し合える余地もあるし、
ヴィンガルフからの離反者なので、希望もあるかと。
天文学部チームの彼女たちを理解してもらえたなら、
寧ろ、心強い仲間になるし、ってのは都合良すぎか。
でも、少なくとも、所長よりはまだ人間味があるし、
お互いに最善とは言えなくても、共闘する展開には、
今後も期待して着目したいところです。都合良すぎ?

そして、遂に語られる驚愕の真実……!!

前回の所長の台詞があったとは言え、驚愕です……。
これは、流石に「嘘だろ?」と言いたくもなります。
あまりに荒唐無稽すぎて思考が消し飛ばされる感覚。

「疑いようのない証拠がいくつも発見された」から、
今回のこの展開が続いたら、どうしたら良いのかと。

『東京喰種』で例えると、「ドラシル」は『赫子』で、
素体は〝喰種〟か、もしくは[アラタ]の関係性かと。

……って、それとは次元がまるで違う脅威ですけれど。
何しろ、地球上の全生命体が一気に滅ぶのですからね。

前回で『仮面ライダーカブト』も例に挙げたのですが、
アレの全世界同時進行版だと思うと、絶句します……。

正に所長が言った「リセットできる仕組み」であるし、
その「スイッチ」というのも、わかってしまいました。

でも信じたくない、信じられない自分がいるのも本音。

ここで疑問が二つ芽生えました。順に列挙してみます。

■ヴィンガルフは「グラーネ」を何故、鷹取小鳥に埋め込んだのか

最低でもヴァルキュリアレベルの力を持つことを想定しておきながら、
出来損ないの素体に埋め込んでしまったのは何故かと、単純な疑問が。

それこそ一点の誇張もなく地球上の全生命体に関わる重大なことなら、
事前に細胞レベルまで徹底して素体を調べ上げるはずじゃないかなと。

こんなミスをヴィンガルフがしたとは思えないので、ひっかかります。
城ウォッチャーさんを始め、残念な悪の秘密組織要素を差し引いても。

だとすれば、これは意図的なものだと考える方が自然じゃないかなと。

素体が誰であれ、どちらにせよ「時限爆弾」に変わりはないのですが、
彼女を選んだ理由が知りたいです。ここが非常に気になっております。

これがまだ本当に「時限爆弾」で済むなら、まだ何とかなりましたし、
『仮面ライダーカブト』の「赤い靴」で例えることもできるのですが、
孵卵した「その瞬間」に、一発でアウトなんだもん。無理だわな……。

この次元、今まで清涼院流水師の『コズミック・ボム』だけでしょう。
『カーニバル』シリーズの読者ならわかるでしょうけれど、それ以来。
正に本作こそ『人類最後の事件』です。ここに来てとんでもない展開!

所長やヘクセンヤクトにとってはまだ行動して対処できる話であれど、
良太くんたちにとっては「素体は結局殺されるしかない」現実が……。

■ヴィンガルフは何故こんな危険極まりない仕掛けを施し、見過ごしているのか

ワールドワイドどころじゃない人類一発アウト装置を仕掛けておいて、
その割りには、彼らの危機感が然程感じられないのが解せないなあと。
というか、態度も対応も、ぬるすぎるだろうと。もっと慌てなさいよ。

そもそも、こんな想像もできない脅威を一人の少女に埋め込んだこと、
その行為そのものがどうかと。勿論「どうかしてる」組織なんですが。

寧ろ、『リセット』を望んでいる節さえも、などと一瞬思いましたが、
それをやってしまったら自分たちもアウトですからね。解せないなあ。

『ジョジョの奇妙な冒険』で言うと『チャリオッツ・レクイエム』と、
『メイド・イン・ヘブン』を足して何かと掛けたような超展開ですね。



それでも、小鳥ちゃんを救うこと、仲間の鎮死剤を確保することこそ、
彼らの悲願であり、本作の根幹を貫くことですね。諦めてはいません。

後者については所長や他の人物から手に入れられる可能性はあります。

問題は前者ですね。あれこれこねくり回してみましたが、絶望的です。

ハーネスト「だけ」を取り外せたら良いのですが、それは無理ですし、
思いついたのは、取り外して、絶命する寸前に初菜ちゃんが【再生】。
これくらいかなあ。初菜ちゃんの登場と、今までの出番と、新事実で、
ここに行き着くのじゃないかあとも。これもまた甘ちゃんすぎるかな?

これって要するに、異物だけ取り除いて隔離できれば、という話です。

まるで今回の『週刊少年ジャンプ』のハンサムエロ商人みたいですが。

それはさておき、ヘクセンヤクトとも所長とも違う救出の方法こそが、
良太くんが選ぶ『第三の道』こそが、彼女を救えると信じたいですね。

「グラーネ」が孵卵したらアウトです。ということは裏を返せば……。

『孵卵』さえさせなければ、彼女も生存できます(「グラーネ」も)。

まるで『仮面ライダー剣』の最終回みたいな方法が思い浮かびますが、
「結論を永遠に先送り」できれば、彼女も地球も無事でいられますね。

……などと書いて、ここでまた残酷なことを思い浮かんでしまいます。

『孵卵』を抑えても、結局は鎮死剤が切れたら溶けて死んでしまうし、
人間として当たり前の一生さえ過ごせないとは……。残酷すぎる……。

ともあれ、まずは「孵卵させない」ことが、次なる展開ではないかと。

その展開ならヘクセンヤクトも所長も、付随して小五郎さんの出番も、
天文学部チームの今後の展開も……。淡くても、希望は捨てませんよ。

ふと思いましたが、「死を鎮める薬」があるのならば、その逆も……?

それこそ「死に至る薬」や「死に加速させる薬」も開発できたとして、
それを彼女に寄生する脅威の生命体「のみ」に使えるとするなら……!

小五郎さーん! この際、所長でも良いから。そういう薬を是非とも。

ああ、またしても、例によってダラダラと長くなってしまいましたね。
もうちょっと簡潔に纏まらないものかと、我ながら思うばかりですが、
私の文章力が最低なのを差し引いても、考えが纏まらないんだものな。

やっぱり現時点では『仮面ライダー剣』方式しかない気がするな……。

それとも、敢えて言えば「死」を前提として、乗り越える展開ならば、
違った作劇も続くだろうけれど、常に「死」が付き纏うのが本作……。

「結論は先送りにしたいけれど死へのカウントダウンも止まず」って、
もうドSの極致でしょう。岡本先生の真骨頂、ここにあり。脅威です。

流石にダラダラと長すぎましたね。今回はこの辺で、また次回へ……。

BGM&Inspired by...

Gargoyle
『Thanatos』
『DOGMA』
『死に至る傷』

Battle Gargoyle
『世界は終わる』

CHIHIRO
『永遠』feat. Tarantula from スポンテニア

PIERROT
『利己的な遺伝子』
『「天と地」と「0と1」と』
『FINALE』
『CREATIVE MASTER』
『クリア・スカイ』
『MAD SKY -鋼鉄の救世主-』
『CREATURE』
『壊れていくこの世界で』

『SUPER STRING THEORY』
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/1702-c2db4d29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。