FC2ブログ

日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

『不能犯』第6話 親失格  

待ちに待った月イチ連載最新話、読めて嬉しいです!
今回も待った甲斐ありで、またもや斬新な作劇です。

今回のターゲットは、なんと……!?

おっと、これは記事をニ分割して以下の感想で……。
気になる方は、本誌を購読してみると良いでしょう。

以下は今回の内容に触れた感想です。ご注意を……。
未読の方は、これより先をご覧になりませんように。



『グランドジャンプ』で大絶賛連載中!
驚愕のサイコサスペンス、新連載第6話!




その赤き瞳は総てを飲み込み、視界の総てに狂喜する。
依頼人と赤き瞳が交わった時、世界が狂気へと染まる。



原作:宮月 新
作画:神崎裕也


 能  impossibility defence


親失格


冒頭から依頼人との会話、ページを捲るとターゲットと宇相吹。
この構成、コマ割りがお見事ですね。これは強烈な印象ですね。

所謂ヤンママのお姉ちゃんが依頼人で、まさかの依頼です……。

ターゲットは我が子。眼の前の赤ちゃんを殺せという依頼です。
すぐそばのベビーカーで無垢な瞳を見せる子を。我が子を……。

冒頭からインパクトが強烈です。完璧な掴みでやられましたね。

ところが、驚きはこれだけではなく、その後に立て続けに……。

連載第一回目から愛読している読者には、もう堪らないですね。

来た! ここで多田さんの再登場とは!

連載第三回目の感想にも書いたように、期待していたところで、
ここで一気に緊張感が高まります。しかも今までとは別種です。

多田さんが出てくると、瀧先生や唯ちゃんも気になってきます。

基本的に一話完結の作劇でありながら、この関係は大きいです。
物語の縦軸と横軸、そこに潜伏しながら、不意討ちする緊張感!

「警察はずっと宇相吹を尾行している」というのは重要な点で、
読者として、否が応でも緊張感と今後の展開が高まりますしね。

久々に飲食物のシーンが出て、この場面も読者はニヤリですね。
多田さんはビビりながらも頬張りましたが、オチに笑いました。

警察の捜査力でも宇相吹のベールを剥がせないのも重要ですね。
個人的にはそのままでも良いですし、暴かれてほしい気もあり、
連載開始当初から警察とのバトルも気になっています。要注目。
まさか……。本作にも龍崎イクオが出てくるなんてことは……。
後ろ姿とか、こっそり小さく描かれたりはあるかも(ねーよ)。


場面は変わって、依頼人の出番です。

この女にしてこの男あり、という感じですね。同情の余地なし。
子供の面倒も見ないような女性には、こういう男しか来ないし、
こういう男にすら捨てられる訳です。正に自業自得なのですね。
僅か1ページ強で依頼人のふしだらな人間性が伝わる場面です。
終盤にも言えることで、短く過不足なく纏めるのが実にお見事。



そして、宇相吹のショータイムです。

仕掛けとひっくり返し方と、その後の彼の解説まで完璧でした。

毎回『真の依頼人』や『真のターゲット』も秀逸なところです。
今回もそれが素晴らしく、ありそうでなかった作劇で良いです。

血塗れで倒れ、死の寸前で真実に気付いた彼女を見下す宇相吹。
彼の瞳、視線、表情が堪らなく好きですが、今回も最高ですね。

一つ気になったのですが、『我津間』はペンネームでしょうね。
「我妻先生」と呼ばれていますし、先に答えが出てますものね。


今回のクライマックスは、文字通り、正に読者には堪りません。

前回の感想でも触れたこと、依頼を受ける動機もそうだよねえ。
やっぱり報酬や利益なんてこと、つまりお金なんかではないと。
一番は好奇心じゃないかと書きましたが、人間に対する興味ね。
それも『愚かな人間』が「思い込み」によって「狂う」姿……。

赤ちゃんを助けた展開でも、単純に赤ちゃんに興味がないだけ。

やっぱり宇相吹はこうじゃないと。善意の欠片もないのが良し。
以前からずっと書いているように、とことんドライで同情なし。
これでこそ宇相吹だよな。うん。微塵もブレないのが最高です。
二重三重の衝撃がある読後感で、この作劇と作画に脱帽ですね。
神崎先生の作画は卓越した緊張感の表現が秀逸で、大好きです。
今回はそれに加えて、更に突き放す残酷さの表現も良いですね。
オチも完璧で、初めての人もわかりやすく楽しめる回でしたね。

多田さんの再登場も、読者を引き締める良いアクセントですし、
もう今から次回が楽しみで仕方がないです。コミックスも期待!
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/1675-22af4609
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top