日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『天間荘の三姉妹 スカイハイ』#3 アジ少女  

月曜から木曜まで、お昼にはJFNのラジオ番組『face』を聴いています。
この番組はパーソナリティーが日替わりで、特に吉木由美さん担当の水曜日が大好きです。

そして、上記の毎週の楽しみと同じく、本作掲載の本誌の発売も水曜です。
つまり、月に二回はそれが両方重なる訳です。なんという私に嬉しい曜日。

ヤンジャンは週刊、こちらは隔週というのが、私的に良いバランスかなと。
今後リニューアルされるミラクルジャンプは月刊化なので、それも含めて。

さて、感想に入ります。

以下は今回の内容に触れた感想ですので、本誌未読の方はご注意ください。

鬼才・グランドジャンプ初登場!

“魂”を癒す!

髙橋ツトム先生の新たなる魂の物語!!


話題沸騰! 新連載第3回!!

『ヒトヒトリフタリ』第8巻、絶賛発売中!

presented by Tsutomu Takahashi
髙橋ツトム

天間荘の三姉妹 スカイハイ

#3 アジ少女



前回が『クラゲ男』で、
今回が『アジ少女』で、
なるほど、冒頭から思わずニヤリとさせられました。
のぞみ姉さんの目論見通り、良い組み合わせかもね。

今回の一件で、今まで気にしていたことのいくつかは判明しましたし、
たまえちゃんが最初に相手するお客さんとのドラマとしても最高です。

恵子ママの台詞にもあったこと、それが私的に一番ヒヤヒヤでしたが、
川上くんが実際にそれを口にした時すら、たまえちゃんの反応は……?

「半分死んでる」と言われて、そう来るとはニヤリ。天然ちゃんとは。

思えば、この場合は、彼のこの言い方で良かったのかもしれませんね。

「脳死状態だ」と告げられるより、こちらの方が比喩に聞こえますし。

いつかは知るのであろうその事実、知らなくてはならない現実ですが、
案外、たまえちゃんなら、それでも前向きに受け入れるのかもなあと。

そう思わせてくれるくらい、今回の彼女のひたむきさに感動しました。
猪突猛進という言葉が当てはまる元気っ子ぶりで、明るくて良いです。

そんなたまえちゃんの宣言と行動、そしてのぞみ姉さんとのふれあい。

そこから川上くんは確実に変わりました。彼自身が変化した瞬間です。
それは成長と言って良いでしょう。シンプル且つ直球の作劇が好印象。
天間荘の彼女たちが誠心誠意尽くして、宿泊客をもてなし癒すように、
髙橋ツトム先生も、奇を衒うのではなくて、誠実な作劇で大好きです。

世知辛い今の世の中、せめて天空と地上の間にあるこの場所だけでも、
この宿だけでも、訪れた魂が心を落ち着かせられたらと、改めて痛感。

川上くんが最後にお願いしたこと、それに応えるたまえちゃんが良し。

川上くんの成長だけでなく、たまえちゃんも成長して嬉しい限りです。



第一回目に続いて、魚堂のハンサム兄ちゃんとかなえ姉さんの場面も。
こちらも嬉しかったですし、今後この二人の物語にも期待しています。

そして第一回目と言えば、あの爺さんが阿武隈さんだった訳ですねえ。
台詞からして昨日や今日に来た人でないのはわかっていましたけれど、
天間家の人なのか、近所の爺さんなのか、気になっていました(笑)。

前回の感想でも書いた疑問、宿泊客と客室のことも判明したのは収穫。
なるほど、この一ヶ月、川上くん以外の予約を受け付けてないとはね。
作劇においても非常に気になっていたところなので、なるほどなって。

ヒトヒトリの魂が後にしてから、次の宿泊客を受け入れるのであれば、
暫くは、順番の通りに、ヒトリずつの作劇が続くのかもしれませんね。

『スカイハイ』では怨みの門に複数人が同じ時間に来たこともあるし、
今後は家族や兄弟などで、そういう宿泊のケースもあるのでしょうね。



天間荘から去る前の川上くんの表情、三姉妹との会話が嬉しいですね。

そして、いつもながら、のぞみ姉さんのモノローグが素晴らしいです。

新連載開始からこの三回で完璧ですね。感動で心があたたまりました。



旅の疲れを
癒されたなら
大切な人生を
もう一度
生きてください

天間荘一同
心より
応援申し上げます



そして



あなたの のぞみ
 かなえ
  たまえ…

関連記事
コメント

『Over Soul』

こんなもんとよぎった瞬間 夢は力をなくす

もう一度生まれよう この場所で

bV

そのとき何故だか、変な風に線が繋がって

いつかとは違って聴こえて、感じた

bV

そして命の重さを知らしむ方なればこそ、
大切な、もう一度、という言葉が強く深く沁みて

……なんだかもう、見届けない理由がなくなってしまいましたとさ

ALORC #O5sb3PEA | URL
2013/09/24 23:57 | edit

でーっ

>ALORCさん
相変わらず更新も、その他も遅くて申し訳ないです。
にも関わらず、コメントありがとうございます。

……特に『極黒』の感想が毎回遅いのは何とかせんとね。いや、本当にね。

ALORCさんの魂、いらっしゃいませ!

と言う訳で、こっちの感想にいらっしゃったとは嬉しいですね。
『ヒトヒトリフタリ』連載時にご一緒してくださったので尚更。

『スカイハイ』シリーズの読者にとっても、
『ヒトヒトリフタリ』の読者にとっても、
勿論初めての方にも、実に良い作品だと思っています。

うちは天間荘ほど上等なおもてなしはできないボロいブログですが、
本作の読者様はいつでも大歓迎です。でーっ!

先生の今までにない新たなる挑戦となる意欲作、ご一緒に楽しめたら幸いです。

如月 #ksMIDlhw | URL
2013/09/25 08:03 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/1657-cb80f02b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。