日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『リーサルウェポン淳一』の次にこのサブタイトルってのが、もう。

誰がうまいこと言えと。

と、毎回思いますねー。

よくもまあ、ここまでガツンと来るサブタイトルを毎回毎回思い付くよなあと。
サブタイトルに纏わる雑感だけで、感想記事が沢山できそうなくらいツボです。

以下は今回の内容に触れた感想となります。
本誌未読の方は、ご覧になりませんように。

興味があるという方は、今からでも遅くないので読んでみると良いと思います。
漫画の秋、マチコ先生の秋に、既刊コミックスを読んでおくのもまた一興かと。




早速、リーサルウェポン淳一オンステージです。

タバスコ一気飲みエスパー伊東氏ゲームの頃に、
一体読者の誰がこの進化を予想できたでしょう。

冒頭の掴みはオッケーすぎる最高の流れで次に。



我らが高志サイド、完全に沈んでいる高志……。
ここだけ見ると『リング』の貞子っぽかったり。

鷲尾ちゃんも困ってしまって下手に出ましたが、
これは珍しいことでもあり、新鮮に感じました。
鷲尾ちゃんが時折見せる可愛らしさが好きです。

と思っていたら、やっぱりスイッチ入りました。
来た。やっぱり鷲尾ちゃんはこの勢いだよねー。

そして、次の愛美ちゃんとの場面ではまた動揺。
折り紙の出来栄えが素晴らしすぎるのがもうね。



今回のサブタイトルにある『アマノイワト作戦』決行です。

この展開、FLYING KIDSの丸山さんを思い返しますね。
ギター持ってスタジオに入ったまま、ずっと出てこないというエピソードを。

それにしても祐木くんたちがそっちのコスプレかいな。しかも表情がもうね。
高志の妄想の鷲尾ちゃんがベストですけれど、笑いとしてはやっぱりこっち。

鷲尾ちゃんはクリスマスですらない! だがそれがいい。
魔女ってまたマッチしてるなあ。鷲尾ちゃん可愛いねー。

愛美ちゃんは、反則でしょう。

いや、寧ろ販促と言うべきか。

可愛いにも程があるだろうと。

そもそも、この季節に作中ではクリスマスってのが、ネタとして最大のポイントだと思います。
こういうズレも本作の味わいの一つで、海水浴ネタの時もそうだったような記憶がありますね。

本誌の中でとことん異彩を放ち、我が道を行く本作が良いのですよ。このマイペースが最高よ。



なんて思っていたら……!?

ここでこの展開かよ。

初期で切り抜けた初歩中の初歩みたいなネタが、今になってやって来るとは。
正に過去が現在に襲い掛かってくるザネリ先生と高志の展開に通じることで、
これにはやられたなあと。言うまでもなく、本作の根幹に響く秘密ですから。

あまりにも今更過ぎて忘れている読者もいるであろうネタとは、上手いなあ。

『Zの女』登場以来、ヒヤヒヤものでしたが、ここで更に追い討ちとは……。
最悪、ザネリ先生とのバトルの前にコンビが強制的に解消という危機も……。

何とか上手く誤魔化せたら良いですが、そうはならない感じがしますからね。
高志が孤独から抜け出し、仲間の大切さを再認識した矢先に遭遇とはね……。
しかも見つかった場所と格好がコレだもんな。つくづく作劇がお見事ですね。

■BGM&Inspired by...

CHIHIRO『泣いていいよ』

恋人同士ではなくとも、高志と愛美ちゃんにもぴったりの歌詞じゃないかと思います。
高志と愛美ちゃんは二人で一人だもんね。これだけは崩れないでほしいところですね。
今までと変わらず、いえ、今まで以上に本作を応援していきたい想いで高まってます。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/1653-35bd43c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。