日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もうフルスロットルで我らがマドカマチコ先生のリミッター解除!
ノーコントロール、ノーブレーキという暴走ぶりが堪らないです。

以下は今回の内容に触れた感想です。
未読の方はご覧になりませんように。

もう、これは本当に買って読むべき。






もう、なんというサブタイトルかと。いいぞ。

『東京喰種-トーキョーグール-』ネタに加えて、Lまで引っ張ってくるとは。

散々書いてきたことですが、
マドカマチコ先生はこの手のメタなネタになると俄然パワーを発揮されますね。いいぞ。

ここ二週、あからさまなネタ全開で(ネタどころか作劇自体そのまんまですが)、
今回はさりげなくネタを活かしているのも良いですね。

デスクで憤る小松さんの台詞が亜門さんですね。いいぞ。

それにしても、こんなマジキチが実際にいたら、
ヤングジャンク編集部の皆さんでなくとも、ドン引きだわな。
趣味思考は共通するのに友達にはなりたくないタイプという感じ。

ザネリ先生もまた相変わらずキテます。素晴らしい。
全裸でネームって、全裸でトイレに行くダチョウ倶楽部の上島氏かと
(幼少時、お風呂の前のこととして身に付いた習慣とのこと)。

個人的にはバッサリ切った今の髪形の方が可愛いかなと。

ここで小松さんに条件を提示しました。
このキャラこそ、和田愛美ちゃんそのものですね。

「ひとつめ」ということで、その後が気になります。

一方、当の高志は高志でまずい状況に。

精神的にかなり堪えていて、鷲尾ちゃんとのコンビネーションにも懸念が……。



「ヒーローは遅れてやってくるもの」は特撮者としても心の底から同意。

この言葉こそ、小松さんではなく、最後には我らが横田高志のことであってほしいです。

『Zの女』登場から、激動と緊迫(と一部で大爆笑)の展開が続く中、
高志を信じて応援したいですね。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/1639-3755c223
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。