日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回も重要な展開で、大きな区切りでした。いよいよ過去から現在へ……。

以下は今回の内容に触れた感想です。未読の方はご覧になりませんように。





小松さんとザネリ先生がご対面です。

サブタイトルからして、もしやと思いましたけれど……。

やはり『東京喰種‐トーキョーグール‐』ネタか。

冒頭ではたい焼き。

続いてレストラン。

そのまんまの仮面。

目に液体ぶっかけ。



そしてヒキも完璧。


よくもまあってくらいにそのまんまな展開で、
ここまでするかってくらいイディオットです。

最高です。


更にアオリ文やルビも実に素晴らしいですね。

『才能』(ザネリ)

『編集』(こまつ)


更に、もう一回彼女が。これまたそのまんま。

『奇食家』(ザネリ)

マドカマチコ先生は自虐的なネタやメタなネタも秀逸だと感じていますが、
過去にも同作のネタが、更に一話丸々『テラフォーマーズ』構成もあって、

トレビアンです。

ヤンジャン本誌で『東京喰種‐トーキョーグール‐』と『ミエリーノ柏木』で、
同じ号で同じ言葉が、しかもページが続けてリンクしたことは記憶に新しいですが、
マドカマチコ先生のあからさまに狙ったネタの生かし方も本誌読者として悶絶です。

こういうニヤリと悶絶も、本誌定期購読者ならではの楽しみですね。堪りませんね。

今回は『東京喰種‐トーキョーグール‐』と岸辺露伴先生をブレンドしたような展開ですね。



さて、ネタはネタとして堪能しても、やはり特筆すべきはザネリ先生の行動と発言。
昔から自己中心的で強引な人間でしたが、これは流石に異常と言わざるを得ないし、
小松さんの指摘通り、「そのまんま」ってのはあまりにも幼稚な発想で呆れますね。
そこまであからさまにやってのけたいのかと。表現者としてどうかと思う発言です。

今までに登場してきた人々は、みんなそれぞれに抜けていたりズレていたりしても、
何だかんだ言っても愛嬌はありました。対して、彼女はとことん嫌な人間ですねえ。
嫌われてナンボのキャラクターであるのはわかりますが。関わりたくない人種だな。

流石に〝喰種〟や怪人が本作に出るはずもないですが、そういう展開とはなるほど。
変な感心をしてしまいました。しかしまあ、ここでまたワンクッションあるとはね。

高志とのバトル以前に、まず小松さんがザネリ先生とぶつかる展開で凄い展開です。
ぶつかるというより、ザネリ先生が誰に対しても引っ掻き回し役なんですけれどね。

まさか、打ち合わせに出向いてこうなるとは、どんな漫画編集者も予想しないわな。

ともあれ、彼女は本作における最強にして最狂のスパイスですね。それも超激辛の。

『Zの女』登場から、また一段と違った興白さで、毎週楽しみで仕方がないですね。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/1622-3a689c12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。