FC2ブログ

日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

本作の為に定期購読の手続き完了、
この日を楽しみに待っていました。

今朝起きた時から胸を高鳴らせて、
本誌を見つけた瞬間にときめきが。

思わず心の中でガッツポースです。

そして、読了して堪らない想いが。

期待して待って良かったなと痛感。



これで狂喜せずにいられるかと。これで盛り上がるなという方が土台無理な話です。

『ヒトヒトリフタリ』の最高の最終回から間を空けず、すぐに新作が読めるなんて!

ますます『グランドジャンプ』を購読する喜びが倍増しました。これからが楽しみ!

更に、来月には『ヒトヒトリフタリ』のコミックス第8巻も発売されるのですから!

と思っていたら、先生の最新の日記で『ヒトヒトリフタリ』の真のフィニッシュが。

なんというタイミングでしょう。そんな時にこの記事を書けることも嬉しいですね。

無論、ハガキも購入済みで、アンケートも準備万端。天間荘で熱い夏を過ごします。

夏の髙橋ツトム先生祭り・新章開幕です。



これより先は魂の感想。本作の今回の内容に触れた感想となってます。ご注意くださいませ。
本誌未読の方は以下をご覧にならないでください。書店にお行きなさい。購読してください。



鬼才・グランドジャンプ初登場!

歴史的名作『ヒトヒトリフタリ』に続く、新連載開始!

髙橋ツトム先生の新たなる挑戦、新たなる魂の物語が始まる!!

本誌表紙&巻頭カラー!! 超巨弾52ページ!!




presented by Tsutomu Takahashi
髙橋ツトム

天間荘の三姉妹 スカイハイ

#1
天空と地上の間で…




もう朝から、本編以前から、本誌表紙からときめきっぱなしでした。

そして、見開きのカラー扉ページも堪りません。嬉しくて仕方ない!

本誌公式サイトの公式予告で拝見した通りで、こちらにもイズコが。
物語の導入部に相応しく、実にニクイ案内役で、思わずニヤリです。
最初から三姉妹揃った宿じゃないとは。なるほど、唸らされました。
しかも、彼女だけ腹違いの子供というのは、作劇において重要です。
作中の通り、のぞみ姉さんは彼女との対面に朝から緊張してますし、
かなえ姉さんも口数は少なく静かでも、この事実に戸惑いはあるし、
勿論、たまえちゃんにとっても。まだ幼さが残る少女に運命の瞬間。

それにしても、『イズコ』に続いて三姉妹の名前にはやられました。

筋肉少女帯のあの名曲そのまんまで、どちらも好きな私を直撃です。

今後、新たに『桃子』という女の子の登場まで考えてしまったりも。

更に『のぞみ』姉さんが「ノンちゃん」と呼ばれることもポイント。



のぞみ姉さんが28歳で、たまえちゃんが17歳とは結構な歳の差、
のぞみ姉さんの父親は19年前、たまえちゃんの母親は12年前に、
それぞれが『別れ』を経験してきました。そして今、『出逢い』が。

たまえちゃんの父親、思わず久保晴彦が過ぎってしまったりも……。
我ながらヒヤリとしたところです。今後リンクもあるのかもなあと。

無論、彼女たちの年齢や経緯も含めて、違うと承知しておりますが。

『ヒトヒトリフタリ』の第1話で清蔵が登場したような仕掛けとか、
作劇に影響しない遊び心的な登場の仕方はあるかもなと思ったりも。

『天間』に対して『小川』という名字の対比とリンクも流石ですね。
織姫や彦星を連想したり、スピリチュアルなイメージを喚起したり、
この名前だけでも色々と想像を膨らませて愉しめるくらいですから。

天間荘が存在する『場所』については予想していた通りですけれど、
イズコが「旅館ごと」移したというのは唸らされたところでしたね。

イズコが『怨みの門』に佇むのに対し、『癒しの旅館』があるとは、
この対比が斬新であり、『ヒトヒトリフタリ』とも違う味わいです。

今までに書いてきたように、本作は髙橋ツトム先生の新たなる挑戦。
私はそう思っています。『スカイハイではないスカイハイ』だなと。

メインタイトルが『天間荘の三姉妹』であるのもその表れでしょう。



生前のたまえちゃんの境遇、それでもめげずに頑張って生きた生命、
それがこんな形で現世から離れることになるとは、やりきれません。

のぞみ姉さんと恵子さんの間には、意見の相違がありましたけれど、
どちらの言い分もわかるし、いずれにしても彼女は救われてほしい。

私は、たまえちゃんも、天間家も救われて「癒されて」ほしいです。

先生の最近の日記で出てきたギターも、本作を読んでなるほどなと。
また、弾いていた楽曲が『禁じられた遊び』というのも皮肉ですね。



巡り逢い、魂で結ばれた〝三姉妹〟の魂の物語に、期待しています。

よっしゃぁ~いく――

で――――――っ



関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/1619-59127d14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top