FC2ブログ

日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

巴亮介『ミュージアム』  

『週刊ヤングマガジン』で連載中です。

無論、新連載開始から毎週読んでいます。
思わず惹き込まれる設定と作風で大当り。
正に私的ド琴線直撃の作品で堪りません。

『革命戦士犬童貞男』と言い、今回の新連載『ミュージアム』と言い、
ヤンマガはたまにとんでもなくツボな連載が始まるので侮れないなと。

筒井哲也先生のファン、『予告犯』の読者なら間違いなくハマるはず。

絵柄については率直に「ヤンマガらしさ」臭を抱いて妙なフィット感。



本作は『超戦慄猟奇サスペンスホラー』と銘打たれています。
蛙のマスクを被る〝6月の蛙男〟が次々と事件を起こします。
無慈悲な〝私刑〟という名の裁きで、一般人を襲い続けます。

『ドッグフードの刑』とか『母の痛みを知りましょうの刑』、
その〝私刑〟はごくパーソナルな類で、日常に埋もれてます。

誰もが思い当たることであるし、だからこそリアルであるし、
現代の病理を抉る点から、筒井哲也先生と通じる魅力を痛感。

〝6月の蛙男〟の連続殺人事件に対し、警視庁が追ってます。

本編の主人公である警視庁捜査一課巡査部長の沢村久志には、
離婚した妻と、子供がいて、今でも夢に出ては魘されてます。

以下、今までの内容に関する感想です。未読の方はご注意を。
本誌を未読の方々は、これより先をご覧になりませんように。








今回で、沢村と連続殺人事件の被害者の接点が浮かび上がってきました。
沢村の妻も当時の裁判員であること。即ち、彼女もまた襲われる懸念が。

今までは〝6月の蛙男〟と沢村のそれぞれの視点で描かれてきた物語も、
ここで、交差する要素が出ましたね。これはもう俄然期待が高まります。

読んでいて気になっていること、本作における重要なポイントとしては、
〝6月の蛙男〟が被害者たちの『罪状』をどのようにして知り得たかと。

ここが非常に気になるところです。知らなければ裁きようがないですし。
そう思って読んでいましたが、上述の通り、裁判員は重要なポイントか。

〝6月の蛙男〟の犯行が極めて残酷なのも、その理由があるでしょうね。
愉しんでいる節も見られますが、ただの猟奇殺人には終始しないはずで、
個人に対してか社会に対してか、根強い怨恨があるのは間違いないかと。
ターゲットの選定から〝私刑〟の方法まで、規則性があるはずですから。

〝6月の蛙男〟の呼称自体がミスリードである可能性も考慮しています。
作品名を挙げるとネタばれになりますので、ここでは書きませんけれど、
某ミステリ作品もそうでしたし。叙述トリックとしても沢山ありますし。
流石に、被害者の方はバラバラにされても性別の誤認はないでしょうが、
性別のトリックは本作で今後あるかもなと。色々な面から期待してます。

〝6月の蛙男〟が沢村の奥さん、あるいは子供というのは安直ですので、
読者と沢村が驚愕するとんでもない大どんでん返しが来ると思ってます。

早い段階で沢村との接点も浮かび上がってきたし、ますます要注目です。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/1613-d0e32826
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top