FC2ブログ

日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

感想記事を書こうかどうか迷ったのが本音でもあります。
だって、毎回もう見たまんまだもんね。この作品ってば。

でも、迷ったということは書きたい意思があるからです。
だったら書けば良いじゃんって話よね。と言う訳で感想。

『夏の岡本倫先生祭り』で燃える方もいらっしゃるしね。

本題の前に一つ申し上げておきます。本誌アオリ文句ね。

千年に一度の、ゴージャス


降臨ッ!!


この一文は篠田麻里子様のことですからね。

くれぐれも、そこんとこ誤解しないように。






連載終了後の番外編までコミックスに収録されて(ちなみに、これは雑誌掲載から脅威のスピードかと)、
綺麗に完結した印象が強いので、正直またやるのかと思いました。勿論、想定していた範囲ですけれどね。

9月発売予定のヤンジャンの増刊(『KIG⊃R∩MI ‐キグルミ‐』の最終回はこちらに掲載)、
秋にはリニューアルして月刊化される『ミラクルジャンプ』など、
こちらに掲載される可能性もあるかと予想はしていましたけれど、
再びヤンジャン本誌に既刊ならぬ帰還です。ゆえに岡本先生祭り。



扉ページの昴お嬢様の表情と、一文が私的に最大のツッコミどころです。

熱 帯 夜 。

水 分 補 給 が 、

宇 宙 一 必 要 な 女 子 。



誰がうまいこと言えと。

本作を一度でも読んだことがある人には説明不要ですし、
今回初めて読んだという人にも意味は充分伝わりますし。

どこの紅音ほたるちゃんかと。

もうちょっと若い世代にわかるように言うと(ゴホン)、

どこの雪見紗弥ちゃんかと。

どこの雨音レイラちゃんかと。


確かに紅音ほたるちゃんは、天井にまで届くその勢いと量の多さから脱水症状にまで至り、
水分補給の為にポカリスエットの2リットルペットボトルが欠かせないほどでありますし、
そのジョバババでビデオカメラを20台以上破壊した伝説はあまりにも有名でありますが、

この一文には心底やられたなと。参りました。



遂に裏の神様が登場で、人が大勢いるところでも自制心を失う羽目に。

自制心を失った真の姿が公になって評判は一気に地に落ちて迫害され、
それでも二人は一緒だよ、という結末は予想されるところでしょうね。

いずれにしても、好きにしてくれってのが本音だったりしますけれど。

ヤンジャンはエロについて明確にページ数の規定があるとは言えども、
それにしてもヤンジャンでなくても良いのではないかと思うのも本音。

なんつーか、もう見たまんまで感想をどう書いても面白くならない感。

あ、ちなみに、上記のお三方とはお逢いしたことがあります以下自粛。

この文章を書いている最中に加藤鷹兄さん引退のニュースを知ったり。
本編より、寧ろそっちの方が絶妙なタイミングで最大の驚きでしたね。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/1612-053fe756
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top