日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『GOKUSAI』最終回  

連載開始から今まで好きで読み続けてました。
そんな本作も、いよいよ最終回を迎えました。

以下は今回の内容に触れた感想となってます。
未読の方は、以下をご覧になりませんように。
まず本誌を購読して、ときめいてくださいね。



『週刊ヤングジャンプ』で大絶賛連載中!

極限すら超えたアートコミックの最前線!

少年は彩前線に到達し、時は流れる……。


いよいよクライマックス!

究極の極彩色をその瞳に焼き付けろ!




GOKUSAI






全話欠かさず感想を書けた訳ではなく、途中からの執筆でしたけれど、
それでも、こうして毎週感想を書き続けたのも楽しみの一つでしたね。

本作も、もう多くを語るまでもないでしょうね。
是非とも、本誌を購読して確認して頂けたらと。

私的には、最終回があれから100年後というのは少し驚きました。
そして、最終回の構成としては、これで良かったと思っております。
敢えてジョーやリロちゃんが登場しないのも、読んで納得でしたし。

アーティストなり作家なり、世の中には表現者が沢山存在しますが、
同じ時代の人間が同じ時代の彼らを評価して断言することについて、
自分は懐疑的なところがあると言いますか、それは違うだろうなと。

少なくとも「同じ時代に生きているうちには諦めていない」訳だし、
表現者が諦めるまで、その人生を完結する前だとナンセンスかなと。

これについては、GACKTさんも近いことを仰っていました。

正に、ジョーのアートは時代さえ超越してみせたのです。
時代や流行に左右されず、普遍的な強さがある証拠です。

表現する側と受け止める側について、じっくりと迫って描かれたこと、
肉感的に咀嚼して表現されたこと、心に対しても掘り下げられたこと、
それらには唸らされました。ありそうでなかった作品で楽しめました。

以下は余談ですが、もしもジョーがあの時に行動を起こさなかったら、
当然ですけれど、お母さんを延命させることもできなかったでしょう。
そして、死神校長の正体が判明するのも、もっと後になっていたはず。
『天心画塾』の展開が続いていたら……と全く気にならないと言えば、
正直、それは嘘になります。しかし、「たられば」なんかないのです。

ジョーが究極の〝アポトーシス・アート〟を完成させたことは事実で、
お母さんの命を救ったことは紛れもない真実ですし。それが総てかと。

当事者ではなく、全く時代も国も違う第三者の発言でそれに触れられ、
彼らについて敢えてこうして言及されたのは、良かったと思いました。

人間『空波丈』としての決着は前回できちんと描かれていますからね。

『仮面ライダーアギト』で言うところの第46話と、その後のように。
『戦士その絆』が『仮面ライダー』としての最終回だと思ってますし、
最終回は『人間・津上翔一』としての最終回であり決着だと思います。

それを少し思い返した構成でもありました。ゆえに私的には問題なし。

リロちゃんが主席で卒業したこと、「あの」と強調されていたことは、
非常に気になるところで興味津々です。他の彼らについてもまた然り。



猿渡先生は、『グランドジャンプ』で『ロックアップ』連載中ですし、
そちらも愛読していますので、淋しくならないのは助かったところで、
髙橋ツトム先生もこちらで新連載開始です。お楽しみは続くのですよ。
『グランドジャンプ』も購読していますし、私的には好都合なのです。



GOKUSAI
Last Art [空波丈の絵]




本作を最後まで描ききってくださった猿渡哲也先生に、感謝してます。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/1597-2ee45e7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。