日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ヒトヒトリフタリ』Life81 別れ  

この極限を越えた展開で、センターカラー!
もう嬉しくて嬉しくて仕方がなかったです。

以下は今回の内容に触れた感想となります。
未読の方は以下をご覧になりませんように。



ヒトは―――救い、 救われる。



今を生きる総てのヒトへ。日本国民、必読。
奇才・髙橋ツトム先生の本気がここにある!

presented by Tsutomu Takahashi
髙橋ツトム

ヒトヒトリフタリ

Life81 別れ



ここでセンターカラーというのが堪らなく嬉しかったです。

以前のセンターカラーも扉ページがリヨンで、とても気に入っている一枚でした。
今回のリヨンのイラストは、私的に今までの中で一番好きな一枚かもしれません。
それくらい好きな一枚で、とにかく一目で心を掴まれたような感覚がありました。

臆面もなく言ってしまえば、リヨンと通じ合えたような感覚さえ抱いております。

連載開始から今まで愛読してきて良かったです。堪らなく愛らしく、最高の表情。
水色と緑のバックにピンクのシャツというのも良いですね。リヨンが映えますね。
このポーズとウィンクもまた最高ですし、私の心を洗ってくれる美しい表情です。

そして、公式アナウンスされたコミックス第7巻の表紙も素晴らしいです。
当然ながら咲和子ちゃんです。優しく支えるリヨンの手と表情も最高です。



さて、本編の感想へ……。

フクシマの頃から覚悟していたとは言えど、私にとっては、やはりショックでした。
同時に、自分は本当にリヨンが大好きで、このフタリが大好きなのだと改めて痛感。
陳腐な言葉ですが、失ってその大切さをより強く感じるとは、正にこのことでした。

正直、号泣してしまいました。

暫く、感想にも着手できず、心の整理もできませんでした。

しかし、これだけは言えます。

心から、荘一郎に、そして大好きなリヨンに感謝してます。


いよいよ、泣いても笑っても、あと二回です。
最後の最後の最後まで、フタリを見つめます。
私にとって、本当に大切な作品になりました。



だけど
それが守護霊の
お仕事です

守るヒトの
ために
全てを
捧げる



だから



ヒトヒトリは

フタリで
できてるんです



リヨンのことは決して忘れません。

私の中で、リヨンは生き続けます。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/1571-684171af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。