日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
名作『石影妖怪漫画譚』完結から約半年、
待ちに待った河合孝典先生の新作が掲載!


と言う訳で、本誌を購読しない訳にはいきませんね。
どちらにせよ、定期購読しているので好都合ですが、
この朗報に喜ばないはずもなく、思わず狂喜でした。

無論、犬良さんギンジさんと共に、言うまでもなくアンケートの方も全力プッシュです。

本誌発売前のヤンジャン告知ページでの紹介文、
そこからの予想と概ね一致と言ったところです。

さて、これより先はその内容に触れた感想です。
未読なら、以下はご覧にならずに回れ右ですね。
まずは『ミラクルジャンプ』を購読しましょう。



『石影妖漫画譚』の新鋭・河合孝典が放つ最新作!

湯 け む り ♨ フ ァ ン タ ジ ー 読 切 !




それは、忘れもしない『週刊ヤングジャンプ』27号(通巻No.1635)!

その145ページを眼にした瞬間! 我々は舞い上がったのです。

混浴目当てで
泊まった旅館、
実は…?


この一文から思い浮かんだのは、やはり「人間じゃなかった」という線です。

結論から言えば、予想は「半分アタリで半分はハズレ」と言ったところです。

女将さんを始め、この旅館のみなさんは妖怪なのだろうなと予想してました。
妖怪ではなく、宇宙人! 俗に言うエイリアンだった訳です。なるほどねえ。

と言う訳で、『石影妖漫画譚』の河合先生読者なら問題なく楽しめるはずで、
勿論、初めての方にもわかりやすい読切です。誰に対しても推奨の一作です。



物語は、とにかく「混浴の温泉に入りたい!!」と燃え上がっている青年、
助野 平(すけの たいら)くん(21歳 大学生)の奮闘に始まります。

ネット上では評判の旅館で、女将さんもアイドル並みの美女だと噂の旅館、
その名も、隠れ旅館『湯摩の里』! ここまでの道程がまた凄まじく永い!

駅からバスで2時間、更にそこから徒歩3時間。そこから更に2時間……。
彼の実家である彩玉県の奥地から10時間も掛かるという、正に秘境の地。

そこで逢った女将さん、橘いおりさんは確かに絶世の美人さんに違いなし。

ここまでは問題なかったですが、ひょんなことからこの旅館の秘密を……?

コミカルな要素も満載で、その上でバトルと真摯なメッセージもあります。
コアな読者に堪らない『石影妖漫画譚』ネタもあったりして、ニヤリです。

と言う訳で、笑いあり、涙ありで大いに楽しめる力作です。是非ご一読を。



個人的には、『混浴風呂』と書いて『ロマンス』とする平くんには笑って、
大いに楽しませてもらいました。スケベ野郎だけれど情に厚い彼は好印象。
広瀬香美さんに訴えられそうなくらい勘違いロマンス野郎の彼なのですが、
やっぱり譲れないところでは熱く立ち向かってくれました。格好良いです。

余談ですが、1ページ目の彼は、明らかにジョジョのアレですよね(笑)。

本作の重要なポイントである『擬態(ミミックフォーム)』と、
『擬態解除(ミミックリリース)』は良い味付けだと思います。

この設定とあの面子だけでも、充分に連載できると思いますし。

本当、読切の一回きりにしておくなんて、勿体ない名作ですね。

本作の教訓は、聞き間違いと言い間違いには注意ってことでね。

オチも実に秀逸ですし、ここから連載への期待も更に膨らむし、
彼らのこれからを想像するだけでも、ワクワクしてきますねー。

少しでも気になった方は本誌を購読! そしてアンケート投函!

我々は、今後も河合孝典先生の新作を期待して待ち続けてます!
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/1543-119d9c0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。