日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
早くもコミックス第1巻が発売で嬉しいです。早速購入して帰宅しました。
同時発売で同じく特撮ヒーロー臭全開の『ワールドトリガー』も購入です。

今回は『最弱のヒーロー』ということで、良いチョイスです。
若い世代なら『仮面ライダー電王』を連想するだろうなあと。

ここで『アイアンキング』を挙げない訳にはいかないですね。
※言うまでもないですが、『アイアンマン』とは全く別です。

どれだけ『弱い』かと言うと、本当に冗談抜きで弱いのです。

■水をエネルギー源としているが、その消耗が激しいため、活動可能時間が極端に短い。

※なんと、たったの一分間。ウルトラマンの僅か1/3の猶予しかない。

※しかも、その活動時間を報せる仕組みが、ウルトラマンのそれよりも遥かにえげつない。
エネルギーの消費具合は、胸と首筋と額に輝くカラータイマー状の発光器官で表示される。

「それが一つずつ消えていく」様子で確認できる。実に生々しい。

活動開始から、より厳密に列挙すると、下記の通り。
30秒で胸のアイアンスターが、
50秒で首筋のキングスターが、
60秒を過ぎると額のアイアントップが点灯し始める。

アイアントップが消灯した時(全エネルギー消耗)、強制的に霧島五郎の姿に戻ってしまう。

■必殺技が極めて少なく、敵を倒すまでに至らない。
※途中まで、必殺技は跳び蹴りのみ(アイアンキック)。仮面ライダーと違って、実によく避けられる。
中盤以降、やっとビーム光線が多様されることにはなるが(アイアンフラッシュ)、これも(以下略)。

■敵に負け続ける。
※なんと、第16話までに、ただの一つも白星なし。全敗
(流石に、それ以降は勝ち続ける)。

作品をご存知の方には言わずもがなですが、
ある意味で、それもそのはずだと言えます。

霧島五郎/アイアンキングは『アイアンキング』の主人公ではないのですから。
主人公は静弦太郎。なんと、生身で、鞭だけで巨大なロボットさえも倒す猛者。

と言う訳で、特撮者としては、そういう面からも要注目の存在でした。
どれだけ『最弱』なのかと。しかと見届けて判断しようではないかと。

さて、以下は今回の展開と上記の件に触れた感想となります。
未読の方は、ご覧になりませんように、ご注意くださいませ。



「弱さを知っている人間だけが、本当に強くなれるんだ」(『仮面ライダーカブト』天道総司)

「痛さは強さー!」(『非公認戦隊アキバレンジャー』赤木信夫)



荻野純『γ‐ガンマ‐』

第5話「最弱のヒーロー ディスチャージ 前編」


『最弱』ということでしたけれど
「まあ、そんなもんだよねえ」と、
率直な印象としては、そんな感じ。
驚きも何もなく、予想通りでした。

『THE PENISMAN』の方が、その辺りの作劇や魅せ方は巧いかな、という印象です。

その名の通り能力ですが、それがあまりにも微弱なだけです。
寧ろ、弱いからこそ成長や可能性に期待できると言えますし。

『超人』として見ると、確かに論外の弱さと能力ですけれど、
少なくとも、彼には『正義感』と『向上心』が人一倍あるし、
寧ろ、それこそが『ヒーロー』に成り得る最大の要素ですし、
私的には何ら問題ないです。好感しか抱かないヒーローです。

それよりも、前回のヒキから登場してきた彼の方が気になりましたね。
怪人も、クリーチャー然としたアリゲーターと別のタイプを送り出し、
いよいよ物語全体を貫く軸の一つが見えてきたかなと。良い展開です。
今回は『前編』と銘打たれていますし、重要なのは寧ろ後編でしょう。

「こんな借り物の力じゃいけない。自分自身の力でなければいけない」

彼がそう気付くことがポイントだと思います。ディスチャージに期待!

と言う訳で、簡単ですけれど、今回はこの辺で。
長文記事ばかりなのも、どうかと思いますしね。

コミックスも発売されましたし、読み返して何か書けたら書きますね。

…って、『γ Rising』が載ってない?

本編終了後のおまけコーナー、好きだったのになあ。
ああ、これは後編終了後に載るってことなのですね。

※以下、7/18追記。
読者様から、コメント欄で指摘して頂きました。
おまけコーナーは前回で最終回だったとのこと。
今更ではありますが、こちらでお詫びと訂正を。
うっかり失念していました。お恥ずかしい……。
関連記事
コメント

γ Risingは先月、最終回と書いてありましたよ

可愛毬也 #- | URL
2013/07/14 03:31 | edit

Re: タイトルなし

>可愛毬也さん
はじめまして。
ご指摘のコメントをくださって、ありがとうございます。
お返事が遅くなってしまい、すみません。
今更ではありますが、指摘して頂いたことも含めて、
本文に追記する形で訂正しておきました。

ありがとうございました。

如月 #ksMIDlhw | URL
2013/07/18 02:20 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/1537-b3604359
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。