日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の作家バトル(?)も一区切りで、
今回からまた新たなる展開に突入です。

以下は、今回の内容に触れた感想です。
未読の方は、ご覧になりませんように。



一瞬、センターカラーかと錯覚したじゃないの。

そっちは広告ページのお姉さんで、隣で滑りそうな人が扉ページ。

と言う訳で、新たなる登場人物が扉ページとはね。これは期待大。

冒頭から打ち合わせの場面で、実に新鮮です。
主人公が漫画家なので、本来なら当然ですが、
寧ろこういった場面「以外」の展開の方こそ、
本作で大きく描かれていましたので、尚の事。

何か、あべこべな感じもしますけれど(笑)。

打ち合わせで、鷲尾ちゃんからの提案がありました。
この時の鷲尾ちゃんの恥じらいの表情が良いですね。

そして、高志が絶句(笑)。

そこから怒涛の反論! 正に主人公の面目躍如です。



それにしても、こういった送り手側の内情を描くこと、
メタな構成って、本作ならではだと思うのですけれど、
このタイミングでこの展開というのが気になるな……。

こういった作劇は『編集王』があまりにも有名ですが、
今だと『重版出来!』を連想する若い子が多いのかな。

ここでお約束ネタを外さないマドカマチコ先生、最高。
窓釜チコ先生も、本作に欠かせないスパイスでしたが、

「半年くらいダンス対決」って。

担当の小松さんを始めとして、今回で一気に登場人物が増えました。
そして、彼がひょんなことから出逢うことになったビッグネームも。

御生極ザネリ先生、登場!

美人さんです。前髪もポイント高いです。
口元の黒子が、ナンノを彷彿とさせます!

ここで、小松さんにスイッチが入ってしまいました……。

名刺交換の為に、「駆けつけ三杯」を宣言した小松さん!

エスパー伊東さんかよ。



ここで小松さんとザネリ先生が邂逅!

となると、この二人がコンビを組むまでの展開、
その後、ザネリ先生がヤングジャンク参入とか、
更に色々な展開が考えられますね。楽しみです。

そして、高志&鷲尾ちゃんコンビと激突も……?



今回で『W』と『Y』に関わる名前はなかったですね。
『ザネリ』と言えば『銀河鉄道の夜』が浮かびますが、
『みうきわざねり』には『瓜実』が含まれていたりと、
アナグラムしてみると、『瓜実、極み』が出来たりも。
『W』でも『X』でも『Y』でもなく『Z』なら……?
と、ただならぬことも、過ぎってしまいましたが……。

余談ですが、今回の会場の店名って、実在してますね。
意識されたのか、偶然なのか。ともあれ、続きに期待。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/1527-8f27eda7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。