日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東映特撮YouTube Officialにて『時空戦士スピルバン』配信中!  

私の生涯を貫く永遠のヒーローである渡洋史さんの代表作であり、
東映さんにとっても我が国のヒーロー史にとっても歴史的な名作!

『時空戦士スピルバン』が配信中!

『宇宙刑事ギャバン』から始まり、
『宇宙刑事シャリバン』に繋がり、
『宇宙刑事シャイダー』まで続く、
昨今の復活と大活躍も記憶に新しい『宇宙刑事』シリーズ、
そして、その三部作に続くのが『巨獣特捜ジャスピオン』。

本作は、キャストの皆様、スタッフの皆様共に、
その集大成にして総決算とも言える大傑作です。

今視ても全く遜色なく、緻密にして大胆な作劇、
奥深くてハードなドラマ性、そしてカタルシス、
それでありながら老若男女問わず愛される作風。

正に、あの当時できることを限界まで突き詰めて、とことん貫いた名作でしょう。
事実、今の自分が再び視聴しても、ただただときめいて燃えるばかりの作劇です。

『宇宙刑事シャリバン』の主人公シャリバンである渡洋史さんが、スピルバンを。

『宇宙刑事シャイダー』の女宇宙刑事アニーである森永奈緒美さんが、ヘレンを。

多くの特撮作品で魔女やボスを演じてこられた曽我町子さんが、女王パンドラを。

あの水木一郎アニキが主題歌や挿入歌のみならず、本編でも更にスペシャルな役。

後に数々の作品で絶賛されることになる雨宮慶太監督がデザイナーとしてご活躍。

『宇宙刑事ギャバン』以来メインライターを務められた上原正三さんの総決算で、
本作が最後のメインライター作品となったのも実に感慨深く、納得の内容でした。

上原さんと長年タッグを組まれてきた吉川プロデューサーの集大成とも言えます。



本放送当時、渡さんに心から憧れて、何度シャリバン・スピルバンごっこしたか。
そして、その想いは今でも変わりありません。渡さんの勇姿を瞳に焼き付けます。

当時の自分は、その重厚且つヘヴィーな設定に、恐れながら視ていた記憶が強く、
ここで詳細には触れたくないので割愛しますが、主人公側の設定が堪えましたね。
なんて哀しく、痛々しいのだろうと。その出生からの歳月、そして現在まで……。

最愛のお父さん、お姉さんとの哀しすぎる悲劇。それに追い討ちを掛ける仕打ち。
いつかきっとスピルバンがみんなを救ってくれるんだ。私はそう信じ続けました。
中盤から、正にファンが待ち焦がれていた瞬間が訪れ、ここでカタルシス大爆発。

この年齢になって、再びこうして視聴して、当時とは違った印象も抱けましたね。
大五郎さんを中心に、コミカルで明るい作劇も思いの外多かったのだなあと実感。
きちんとそういった部分も配慮されており、改めてその細やかな心遣いに感謝も。

本作と並んで公式で同時配信中の『ビーファイターカブト』もそうですけれども、
オープニング映像と主題歌とのマッチングも素晴らしく、条件反射的に燃えます。
双方に言えることですが、イントロ頭のギターの泣き、あのフレーズが最高です。
あそこでグッと来て、そのままのテンションが落ちることなく燃える一方ですね。
太陽を背に、二人で並んで歩くスピルバンとダイアナ。そして、その二人が……!
そこには言葉など必要ない説得力です。ただ、そこにいるだけで格好良いのです。
本作ではBメロの歌詞も熱く、サビまで本作に欠かせないキーワードの連発です。
我らがアニキの熱唱、そしてエンディングも勿論アニキ。更に本作自体にも……。

また毎週共に過ごせること、あのポーズを練習できるのが堪らなく嬉しいですね。
まだご覧になったことがない方は、この機会に視聴されることを推奨したいです。
特撮ヒーローに一度でも憧れた方は勿論、そうでない方にも推奨できる名作です。

渡洋史さんの勇姿を心に刻み付けると共に、この歴史的名作を体感する日々です。

「結晶!!」
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/1518-e30d3412
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。