日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『BLEACH』540.THE SWORD FIVE  

毎回のヤンジャン感想がまだ残っている中、
いやはや、もう月曜も過ぎましたか(遅)。

以下は、今回の内容に言及していますので、
未読の方は、ご覧になりませんように……。



己を見つめ、
己を識る時。

内なる自分と、
もう一つの影。

そこに真実が。

千年の因縁を越えて、
忌むべき呪いの中に、
彼が立ち向かう瞬間。



体の中に心はない。
心の中に体がある。



BLEACH

540 THE SWORD FIVE





冒頭の王悦がいつもの如く良い味出してますね。
そこに呼ばれて飛び出てじゃじゃじゃじゃーん♪

王悦の公認戦隊が参上という展開で、ニヤリと。

前半は完全に彼女たちに持っていかれましたね。

それぞれの見事な連携プレイ(?)に圧倒され、
歯から変形させたのも、やられましたねえ……。

さて、いよいよ斬月の打ち直しとなりましたね。

いやはや、長く読んできた読者ほど衝撃が強く、
その仕掛けと魅せ方には、やられましたね……。

今まで散々描かれてきた訳ですし、充分フェア。
これは、読者なら指摘して然るべきだった……!



確かに、『斬月のおっさん』と『ユーハバッハ』は酷似しています。



それにしても、主人公の内なる力の源だったとは……。
否、より厳密には、それになりすましていたとは……。

つまり、『死神』の力ではなく、
それは、『滅却師』の力であり、
となると、一護の『死神の力』とは……!
正に王悦の出番、そして主人公の正念場!

衝撃は大きかったですが、楽しみが増え、
個人的にも、この要素は堪らないですね。

自分の力とは、倒すべき敵の力と同根で、
自分の中にもその血が流れていたことは、
『仮面ライダー』を想起させてくれるし、
『異形』『境界線』などの要素が好きで、
生来の特撮者である自分にはもうね……。

それとはまた脱線しますけれど、ゲームだと『エルナード』も連想しました。
ちなみに、ご存知ない方に申し上げると、スーパーファミコンのソフトです。
ここでネタばれを書きたくはないので、興味がある方はプレイしてください。

と言う訳で、雨竜くんの展開も含め、ますますこの辺りが色濃くなってきて、
今後に期待が高まるばかりです。一護なら、この血に打ち克ってくれるはず。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/1491-ebeadb0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。