日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ヒトヒトリフタリ』Life75 バトン  

国民への『最後のメッセージ』を遺し、
遂に荘一郎の『決着の時』が来ました。

そこで、彼を待ち受けていたのは……?

以下は、今回の内容に言及した感想となりますので、
本誌を未読の方は、以下をご覧になりませんように。



一度は死の淵に落ちた男が、

一度は止まった男が、立つ。

この日本の未来を守る為に。



『止まった』その先に、残り『少ない』命の灯。

『一度止まって』生き返った男に迷いなどない。

男は『歩み』出す。

『正しい』道へと。




人一人二人。

人から人へ。

日本国民必読。
遂に決着の時!



ヒトヒトリフタリ

Life75 バトン




ここで大希くんの登場ですね。

その表情も、そして瞳も強く、
ようやく彼も戻ったのですね。

そして、日本の裏内閣(コアガバメント)についても荘一郎から明かされました。

真峰さんとは以前にも逢ってますが(高木刑事のファイルの件)、西田とも対面。

長い擦れ違い、ぶつかり合いの末に、遂にここまで来たかと思うと感慨深いです。




大希くんならそう言い出すだろうと思っていましたが、
やっぱり久保光司と刺し違えるつもりだったのか……。

そして、そんな展開にはならないとも思っていました。
飽く迄も、荘一郎が自分で決着をつけるはずですから。

荘一郎の決意に、そして大希くんに対する言葉に感泣。

正しく「子供は国の未来」というメッセージそのもの。

『息子を殺された春日荘一郎』と、
『父を殺された息子』のフタリが、
今、ここで『親子』になりました。



この場面があるのとないのとでは、大きく印象が異なります。
無論、この場面は絶対に必要であったと私は強く感じてます。

思えば連載初期に、大希くんが初めて登場した頃から今まで、
彼が抱いてきた疑念、そして敵意がようやく解消された訳で、
ここで、この『フタリの親子』はやっと呪縛から解き放たれ、
本当の意味でコアガバメントのスタートラインに立ったなと。

荘一郎の言葉通り、彼は息子に、子供に未来を託したのです。
この国の未来を守る為に、この国の子供に未来を託すヒトリ。

失ったものはあまりにも多くて、そして巨きく哀しいですが、
遂に、最終決戦に向けてそれぞれが動き始め、息を呑む展開。



西田と真峰さんとのやり取りも同様に、初登場時を思い返し、
酒グセの悪さと女好きという彼に、笑みが零れたりしました。
泣きすぎだろうとも思うのですが(笑)、気持ちはわかるな。
そして、真峰さんのそれぞれの表情が実に印象的でした……。



『最後の言葉』を遺した男が、
『最後の場所』へ、今、赴く!


やっぱり、自分としては、荘一郎の横顔はとても強く心に残りますね。
今までに何度となく眼にしてきて、そして、今回の最後のコマも……。

先に向かったリヨンとも無事に合流できると良いのですが、さて……。
関連記事
コメント

“倒れていった者の願いと あとから続く者の希望
 二つの想いを 二重螺旋に織り込んで
 明日へと続く道を掘る”

bV

何処かの誰かの未来の為に 命を惜しまぬ覚悟
他者との繋がりを求めて 命を惜しむ執着

いずれも人ヒトリでは成り立ち得ず
いずれも切り離し難き人間の一面

大切な者を喪い生きる理由を見失い
人と人との繋がりを呪って破壊する
そんな哀しみ虚ろも また分かち難く

“我は憎まず 我は恐れず 我は憎まず恐れず
 我恐れるは我が憎しみなり 我憎むは我が恐怖なり
 我は汝を憎まず恐れず”

止めて留めて抱き締め包み込むようにと
その最後最期を見届けるまで

ALORC #TYxE//as | URL
2013/06/05 13:40 | edit

>ALORCさん
いつもありがとうございます。
何だか、私が大好きなGargoyleの楽曲を連想しましたね。
『曼陀羅の民』
『Cogito,ergo sum』
『流転の世にて』
など(今もGargoyle聴いてます)。

ALORCさんがくださるコメントは(本作については)、
詩的な表現が多くて、流石だなあと。好きですね。
それオンリーだと返信に迷いますが(笑)、『極黒』の方ではまた違う感じですものね。
いつもいつも本当にありがとうございます。

>『二重螺旋』
これはやっぱりライフボールを彷彿とさせますよね。
以前の感想記事にも書きましたが、
BUCK-TICK『ヒロイン』のジャケットも連想しますね。
カップリング曲の『螺旋 虫』も含めて、巧いジャケットデザインだなと思います。
本作を読むと、こちらを連想することが結構多いです。

いよいよ最終決戦の時です。
宜しければ、最後までフタリで愛読できたらと思います。

如月 #ksMIDlhw | URL
2013/06/05 23:23 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/1473-c293e214
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。