日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
漫画読みの人種なら、サブタイトルから藤子不二雄先生を連想しない方がおかしいですが、
『まんが道』と言えば、私的には筋肉少女帯のメンバーによるユニットの方も連想したり。

あと、『進め!』からFLYING KIDSの楽曲も連想したり。

なるほど、今回は若月ちゃんフィーチャーですか。
と言う訳で、以下は今回の内容に触れた感想です。
その為、これより先は記事をニ分割しております。
未読の方は、以下をご覧になりませんように……。



主人公がエロ漫画家(の作画担当と、ネタを考える中学生の女の子)である本作、
今まで『エロ』や下ネタの方で展開する作劇が多かったですが(多くても良し)、
『漫画家』というところから編集者やアシスタントさんネタも描けるのが利点で、
なるほど、今回は若月ちゃんの投稿と持ち込みというお話とは良い構成でしたね。
本来ならこちらが王道なのでしょうが、本作では寧ろ新鮮に感じられます(笑)。

今回の若月ちゃんの活き活きとした表情が、とても可愛いですが、
中でも、ネームを持ち込んで挨拶した時のコマが気に入ってます。

『白雪姫と7人の囚人』じゃないですが、「デコちゃん」だなと。

冒頭からのシーンで、編集部の方々と、新人さんの名前がすぐに気になったのは、
やはり本作ならではかな。勿論、同じように後半の女性陣も気になっております。

どちらの場面も名前が出てくるのは若月ちゃん当人だけだし、尚更気になります。
特に後者なら友達同士で、名前で呼びそうなものなので、意図的な構成かなあと。

これだけ人数がいれば、『W』と『Y』が一人はいそうなものだろうなと予想を。
『わらびちゃん』も、再登場するのかコミックス表紙になるのか否かは別にして、
やや強引な解釈かもしれませんが、高志と大きな一件があった一人だと思うので、
今後も『W』と『Y』が出てくるかと。結果的に高志の創作に繋がる出逢いだし。
『綿貫さん』の再登場も気になるし、伊吹さんの下の名前も何なのだろうかなと。

珍しく下ネタなしの真剣且つ熱い展開でしたが、いやー本作だと新鮮です(笑)。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/1443-dd555628
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。