日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『白雪姫と7人の囚人』第24話 死力-5-  

コミックス第2巻の発売予定も公式アナウンスがあり、
毎週の本誌連載と共に、こちらも楽しみで堪りません。

ますます盛り上がる一方ですし、今の熱い展開は最高。

それでは、これより先は今回の内容に触れた感想です。
本誌を未読の方々は、以下をご覧になりませんように。



重い想い。

擦れ違い、
支えあい、
結びつく。


- 東 京 闘 争 戯 曲 -
白 雪 姫 と 7 人 の 囚 人
SNOW WHITE & SEVEN DWARFS

第24話 死力-5-





前回の展開から、宗一くんの方の心情の吐露、新たなる決意が描かれ、
続けて読むと更に燃えます。こうして仲間が成長するのが良いですね。
まして二人は兄弟ですし、尚の事嬉しく印象に残る場面でもあります。

「半分こ」の場面は思わず笑いました。

そして、その次のコマの宗一くんも実に良かったです。
彼の口元が、その喜びを物語っているようで好きです。



宗一くんの言う通り、茜ちゃんの下に戻りにくくなったのは問題ですが、
的確に、確実に一つずつ攻略していく三人は実に心強く、頼もしいです。

一方、赤銅隊長と天城屋副隊長は――。

何とも屈辱的な場面ですね……。

忠誠心がある天城屋副隊長の方はまだしも、
赤銅隊長が屈服させられるのは堪えました。

ただ、この場面で重要な台詞がありました。

彼の鋭く強い眼差しを眼にした時の言葉が。

当然ですが、やはり赤銅隊長が都庁の側の人間になったのは理由があった訳で、
その眼差しで睨みつけたままでいる彼に、やはり正義の心を感じられましたね。

そして、反意を百を承知でありながら涼しい表情を浮かべる『飼い主』の余裕。

ここでも改めて、こいつの恐ろしさを感じました。
赤銅隊長を駒に、隊長として使っている理由とは、
まず一つは彼の強さが挙げられるでしょうけれど、
当然のことながら、それだけではないでしょうね。

両者の眼差しからしても、弱味を握られているか、
色々と憶測はできますが、今後にも要注目ですね。



尊くんたちの方は、見つかってしまってから依然厳しい戦況。
その上、時間が経って外が明るくなって、ますます苦境です。

夜の時点で宗一くんから言われていましたけれど、
今のうちに力を制御できるようにならないと……。
ここはずっと気になっているところの一つですね。

そして、尊くんの拳から3機を一撃で仕留め――

その前に機体が爆発!

K・K復活!!

これにて期待が爆発!

待ってましたよ! 瀕死からの見事な復活!

即ち、茜ちゃんの腕も証明済みということ。

この二点は逆転に繋がる要素で燃えますね。

実は完治できてないとか、副作用があるとか、それも考慮はしていますが、
まずは復活してくれたことを素直に喜びたいです。茜ちゃんグッジョブよ♪

早速、力を発揮してくれたK・K。正に貴重な戦力。
そして茜ちゃん。戦闘以外での貴重なサポート要員。

K・Kの魅せ場もまだまだありそうで期待大ですし、
ここを上手く切り抜けて、茜ちゃんと再会できれば、
また次なる一手も切り出せるでしょう。楽しみです。

燃える展開が続いていて、ますます燃える一方です。

関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/1422-684a0c5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。