日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ビーストホイラー』#final episode Dreamin,Man  

前回の感想を書いた矢先に……。

正直、もう二週はあると思って、
それなりの覚悟はしてましたが、
この一回で纏められるとは……。

以下は、今回の内容に触れた感想文となります。
未読の方は、ご覧になりませんようにご注意を。



No Good Bye.



BEASTWHEELER
ビーストホイラー

#final episode Dreamin,Man







最初から短期集中連載と謳われていましたが、
やはりプロットも短期用だったのだなと実感。

長期連載になるなら、スフィンクスに続くマシンが次々と登場したでしょうが、
短期連載ということで、スフィンクスと灰道のみに絞ったのは正解だったかと。
そして、爆弾の時限装置を解除がクライマックスで、良かったと思いましたね。

『memento mori』

この言葉は、灰道が言う通り、有名な言葉ですね。

言うまでもなく、BUCK-TICKやGargoyleの楽曲も瞬時に浮かびました。

『灰道』の名前の由来って『ハイド』でしょうか。

ハルっちの警察通いはまあ仕方ないとは言えども、
それでも、彼も新たなる一歩を踏み出しましたし、
わこちゃんとの最後の会話も、最高の締めでした。

わこちゃんの誘いに照れながらも、次の道を語った上で断った場面、
当のわこちゃん本人も頬を赤らめる場面が、微笑ましくて好きです。

最後のページも良かったです。

湿っぽくならずに、二人の夢や希望が見える終わり方で、
わこちゃんらしく、そしてハルっちらしいなと思います。

また梅澤春人先生の作品が読める時を楽しみにしてます。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/1420-2b24e391
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。