FC2ブログ

日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

『WxY ダブリューエックスワイ』第3巻  

待望のコミックス第3巻が発売されました。
無論、本誌も購読して毎週愛読してますが、
こうしてコミックスで一気に味わえるのも、
また違う読後感や愉しさがあるのですよね。

表紙はもう見たまんま&公式で公開されて、
そのまんまなので、記事をニ分割する前に、
こちらに書いてしまいますけれど、来たね♪

待ってましたよ、鷲尾ちゃん!

よっしゃいくぞぉ~!

『WxY ダブリューエックスワイ』なら鷲尾ちゃん推し!




あースッキリした。

と言う訳で、以下はコミックス第3巻の内容に触れます。
本誌連載時とは決定的に異なる点があるので、ご注意を。

知りたくないという方、自分で買って確かめたい方々は、
是非ともそうしてください。本作に清き一票を(切実)。

懸念される方は、これより先をご覧になりませんように。





まずは何よりも表紙の超絶キレ可愛い鷲尾ちゃんです。

この表情と右手のポーズが実に素敵ですね。
大人の女性でありながら愛らしくもあって、
待ちに待った鷲尾ちゃん表紙に大満足です。

そして、カバーを捲ると……!!

これはコミックス購読者のみの毎回の特典!

それにしても、まさかこうなるとはね……。

ある意味、今まででこれが一番キテますね。

鷲尾ちゃん推しとしては、これはもう……。

ゲフンゲフン。

閑話休題。

そしてカバー裏と言えば、裏の方もお約束。
ここで、あの先生のアレが良いねー(笑)。



そして、本誌連載時と決定的に異なる点ですが、
目次を眼にした時点で、思わず声が出ましたね。

例のあのエピソード二本立てが『特別編』として『巻末』に収録されております。
本誌掲載時では『第26話』と『第27話』として発表された例の『アレ』です。

その為、本誌掲載時とは話数がズレる形になりましたが、
それも一部であり、今後に影響はないので問題ないです。

そちらの本編の前のページで、先生からそちらに纏わるコメントが丸々1ページありますので、
読者なら、そちらも必読であり、ただでさえ濃厚な本作が、ますます色濃くなった巻だなあと。

帯の奥浩哉先生からのコメントは、もう全く同感です。
最初からハートを鷲尾掴み、じゃなくて鷲掴みでした。

この巻では、愛美ちゃんとは勿論(色々な意味でね)、
鷲尾ちゃんとも関係性が変わった巻でもあり(同上)、
ターニングポイントでありバーニングポイントと言え、
尚且つ、上記の回で若月ちゃんも大活躍(?)ですし、
それぞれの魅力と、高志との絡みが最高に楽しめます。

コメディで、短い話数でワンエピソードが終わるので、
本作からでも初めての人が取っ付き易いのは強みかと。

勿論、最初から読んだ方が深く理解できて良いですが。

長期連載のストーリー作品ですと、記事を書く時など、
どうしてもその辺りが気になりますが、本作は無問題。

と言う訳で、コミックス第4巻も濃厚なのは保障済み。
本誌とコミックスと、今後も両方楽しんで愛読します。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/1409-bd9831b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top