日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『白雪姫と7人の囚人』第23話 死力-4-  

更に緊迫した状況、そして迫り来る危機の中で、新たなる出逢い……。
ますます盛り上がって燃える展開です。毎週楽しみで仕方ないですね。

以下は、今回の内容に言及した感想となりますので、
本誌を未読の方は、お読みになりませんように……。

コミックス第1巻も重版完了との朗報もありますし、
この機会にゲットして本誌に追い着くのも一興かと。



絆、それは傷よりも深い。

- 東 京 闘 争 戯 曲 -
白 雪 姫 と 7 人 の 囚 人
SNOW WHITE & SEVEN DWARFS

第23話 死力-4-




今回もまた見事な構成でした。

茜ちゃんと共にする藤丸くんとK・K。そして白雪ちゃん。
対して、狩人部隊に見つかってしまった尊くんと宗一くん。

そして、ベッドから抜け出した宗ニくん……。



相変わらず飄々とした口調と態度の茜ちゃんですが、
やるべきことはしっかりとやってのけるのが流石で、
フグに例える件も、わかりやすくて良いところです。
何よりも、当然ながら具体的な台詞がきちんとあり、
手術の場面も、しっかり描かれたのが良かったです。

「デコちゃん」には笑いましたが、腕は確かですね。

これで少しでもK・Kが良くなってほしいです……。

単純に戦力としても重要ですし、
彼がこちらに加入する展開とは、
本作そのものにおいても重要で、
今後の展開にも期待できますし。

そして、倒れたK・Kに対して、倒された宗一くん。

やっぱり、そうなるよね。尊くんらしいところです。
「実戦で練習」とは言え、敵の能力も驚異的でした。

視覚的に派手ではないものの、これは怖い能力です。

言うまでもなく、人間の身体の六割は水ですからね。
新生児だと八割、老人だと五割とも言われてますが、
『適合者』の彼らでも、同様に六割はそうでしょう。

狩人部隊の男性が、尊くんに赤銅隊長のことを……。

この台詞、思わずBUCK-TICKの楽曲が頭に浮かびましたが
(『見えないものを見ようとする誤解 すべて誤解だ』参照)、
彼が知りたがるその真実、尊くんと赤銅隊長の過去の関係、
それを知りたいのは尊くんも、そして我々読者も同じです。

ここで、尊くんの拳が!!

咄嗟に身構えて反撃した男、霧を集めて障壁にしました。
なるほど、炎と霧で水蒸気爆発のように相殺するとはね。
そこから相手の首を獲り、右手も掴んで挽回の可能性が!

尊くんの逆転劇は良いとして、当然宗一くんが心配です。

倒れたままで、自らと悔やむ宗一くんは絶体絶命の危機。

そこに、駆けつける姿が!!

最高に燃えたところでした。
この時を信じて待ってたよ!

宗ニくん、ここに参上!!



…なんでっ…

兄ちゃん
寝てていいぞって
言ったろ…!?

兄ちゃん…!!


宗ニくんの決死の想いと、涙、
そして兄弟のお互いへの想い、
そして二人の絆に燃えました。

最高に格好良い出番でしたね。

そして、彼らの哀しみも……。



兄ちゃん…
もういいよ…

これからは…
ぼくが兄ちゃんを
守らなきゃ……

ただただ強いヒーローも良いのですが、憂いや哀しみや葛藤を抱え、
悲哀を背負って戦うヒーローに惹かれる私には、もう堪らない展開。

お互いがお互いのことを想い、支え合ってきた今までの二人ですが、
ここで宗ニくんが決意して行動を起こし、振り切ったのは感動です。

ともすれば傷の舐め合いや共依存に陥りがちな関係の中、見事です。
二人の想いは同じですし、これで更にお互いが強くなることを期待。


……

宗ニ…

ね…ぼく
がんばっても…

平気だよ…

今回は戦いも絆も存分に堪能できて、その上でドラマに活きて最高。
この灼熱の熱さに、こちらも熱く燃えて愛読して応えたいと再認識。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/1402-cd44d9ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。